WEBデザイナーの派遣情報が盛りだくさん! マイナビ派遣であなたにぴったりのお仕事を探そう!

WEBデザイナーの仕事とは

WEBデザイナーはサイトのレイアウトやデザインを考えることが主な仕事ですが、それ以外にも、顧客の要望を的確にヒアリングしたり、納期までのスケジュール管理など、制作全体を統括していく役割があります。

●POINT1
表現する仕事なので、仕事を通してビジュアルの表現力をアップさせることができます。
●POINT2
顧客の要望を聞きだすという、ヒアリング能力やコミュニケーション力が身につきます。
●POINT3
デザイン以外にもWEBに関するソフトウェアや映像など様々な分野について学べます。
●POINT4
作ったものがその後も目に見える形として残るので、今後のやりがいにつながります。

WEBデザイナーのお仕事をエリアから探す

北海道 東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

webデザイナーでの派遣のお仕事
webデザイナーとはwebページをデザインする人のことを指します。

見た目の美しさはもちろんのこと、ユーザーにとって使いやすい機能性も含めて、webページをデザインすることが重要な仕事です。近年ではwebページを持たない企業の方が少ないため、派遣の求人も多く出ています。

webデザイナーの仕事は大きく3つに分けることができます。

もっとも代表的なものが「webページのデザイン」です。
webページのデザインをする際は「Photoshop」、「IIllustrator」などのグラフィックソフトを使います。これらのソフトを使って、写真の加工や、アイコンの作成、全体の配色などを決めていきます。

次にグラフィックソフトで作成した画像データを
webページでキレイに表示させる「コーディング」という仕事があります。
この作業をする人のことを「コーダー」と呼ぶこともあります。
コーディングをおこなう際はHTMLとCSSを使います。

HTMLはwebページを作るときのベースとなり、
CSSはレイアウトや文字の大きさなど細かい設定を行う際に必要です。

そのため、webデザイナーを仕事としてやっていくのであれば、
派遣であってもこれらの言語を理解することが求められるでしょう。

他には、フラッシュに代表される動くオブジェクトを作ることもwebデザイナーの仕事です。具体的にはマウスを合わせると、動画や音声が流れるといったものです。
フラッシュの作成が得意な人のことをフラッシャーと呼びます。
グラフィックだけでなく、動作を作ることができるとさらに活躍の幅が広がるでしょう。

webデザイナーといっても、それぞれの得意分野があります。未経験から独学でスタートする人もおり、派遣のお仕事をしながら得意分野を作っていくことが大切でしょう。

大きな企業であればデザインだけを担当し、小さな企業であればお客様へのヒアリングやサイト設計までも担当することがあります。
これからますます需要が高まってくるwebデザイナーは派遣社員から正社員、独立まで進む人も多く、おすすめの職業の1つです。

おすすめ派遣求人情報

人気エリア

人気職種

人気条件

マイナビ派遣

マイナビ派遣は、WEBデザイナーの派遣ライフをサポートする人材派遣求人情報サイト!WEBデザイナーの人材派遣の求人・お仕事情報を毎日更新!職種、勤務地、駅・路線、時給、長期・短期などのさまざまなこだわり条件からあなたにぴったりの求人・お仕事情報や派遣会社情報を探すことができます。派遣の基礎知識や履歴書・職務経歴書の書き方、登録・面接のコツなど役立つ情報も充実!スカウトメールやエントリー自動入力、カンタン履歴書・職務経歴書の作成・印刷などで派遣のお仕事探しを全面サポート!