上司が手柄を横取りする(b)|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
Bを選んだあなた
上司(課長)と直接話し合う

いえいえ、それは効果がないでしょう。以前の質問(タバコ休憩からなかなか帰ってこない上司に、どう対処すればいいのか?)には、「直接当人に話し、改善を求めるほうがいい。それを飛び越して上の人に直訴してもうまくはいかない。」という回答をしました。それは間接的には業務に支障が出ることだとしても、直接的な業務に対する違反行為でもなく、倫理から外れていることでもないからです。タバコを吸うということは、個人の嗜好であり、30分もタバコ休憩から帰ってこないというのもこちらが知らない事情があったり、そのことでこちらが困っていることに当人が気づいていない可能性があるからです。

しかし今回のケースは確信犯的なところがあります。「部下の仕事の成果を、自分の成果にすり替えてしまう」ということは明らかに倫理から外れています。当人もそのことを承知しているはずです。承知しながらそれでも堂々とやっているということは、話し合う余地はないのかもしれません。そしてそのような上司の行いにじっと耐えていると、「やったって認められない」わけですから、職場全体のやる気が下がり、優秀な人から退職者が出ることになります。あなただけの問題ではなく、組織全体の問題になります。一刻も早く止めさせる必要があるのではないでしょうか。不正行為は組織の力でもって、しっかりと取り締まるべきです。

 
Profile
心理カウンセラー林恭弘
心理カウンセラー林恭弘
プロフィール
企業の人事・教育コンサルタント会社を経て、幼児教育まで幅広く教育分野に携わる。その頃から各研修、ワークショップ等に参加しながら心理カウンセラー衛藤信之氏に師事。人間性中心心理学を学び、現在、日本メンタルヘルス協会講師をつとめる。「活力ある社会と、優しい家庭を創造する」をテーマに、企業、学校関係にて講演・研修などで活動。また日常生活に実践的ですぐに役立つ心理学を紹介しながら、各方面にて活躍中。
 
著書
ポチ・たまと読む心理学シリーズ『ほっとする人間関係』『落ち込みグセをなおす練習帳』『「わたしの生きる道」をみつける練習ノート』 (総合法令出版刊) 『ちょっとした一言で相手が動く夫婦の心理テクニック〜ここちいい関係になれる14のルール〜』『図解ビジネス心理学 「モチベーション」やる気を引き出す20のポイント』(総合法令出版刊)
図解ビジネス心理学 モチベーション
 
 
 
 
  心理カウンセラー丸山弥生
心理カウンセラー丸山弥生
プロフィール
企業の営業部に所属し、17年間「お客様との心通うコミュニケーション」を実践。その頃から各研修、ワークショップに参加しながら、心理カウンセラー衛藤信之に師事。人間性中心心理学を学び、現在、日本メンタルヘルス協会講師を務める。「ひとことから始まる温かい人間関係創りのサポート」をテ−マに、現在はカウンセリング活動の他、心理学ゼミナール講師、講演会・研修会講師として活動している。
 
 
 
 
 
心理カウンセラー吉田真知子
心理カウンセラー吉田真知子
プロフィール
フリーアナウンサーとして、日々数多くの人々と出逢い、社会の現状を分析・洞察する中で「人と人の心のつながり」の重要性を実感する。その頃、衛藤信之の心理学ゼミナールに出会い、師事。 人間性中心心理学を学び、現在は日本メンタルヘルス協会講師を務める。「より楽しく日々豊かに過ごせる人間関係創りのサポート」をテーマに、現在はカウンセリング活動の他、心理学ゼミナール講師、講演会・研修会講師として活動している。
 
 

日本メンタルヘルス協会HP(セミナーの情報などはこちらから)
 
一覧を見る
戻る トップページへ戻る