上司に2人っきりの食事に誘われて困っています(b)|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
Bを選んだあなた
かわし続けて相手にしない

そうそう。相手にしないことがいちばんいいでしょう。

あなたは「主婦だから下心はないかもしれない」と思われているみたいですが、上司にそういう気持ちがなければ誘ったりはしません。もし仕事の話であれば職場ですむはずです。ですからその上司はあなたに恋愛感情をもっているのでしょう。そして計算しているわけではないでしょうが、上司という立場を使って、あなたの自分に対する対応を感じ取って、どこかで「誘えばイケル」と思い上がっているのでしょう。

さてそういう上司にどう対応するかですが、Aでも答えたとおりはっきりと断ることはベストの対応とは思えません。思いあがっている人間に冷や水を浴びせるようなことをすると、上司との人間関係はギクシャクして、あなたは働きづらくなってしまいます。

このような場合考えられる対応で、最もうまくいきそうなのは「相手にしない」ことです。しかしそれは無視することではありません。「お誘いいただいてありがとうございます。」という対応を表面ではしながらも、決して動じない態度をとり続けるということです。「仕事は全力でやり、終わると家庭にすぐ戻りたいのです」というように自分の気持ちをストレートに表現するといいでしょう。その際に夫のことを話すと効果的です。このような態度は結果的には断っていることになっても、相手を拒否したニュアンスにはならず、思い上がりをへし折ることにもなりません。あなたの「家庭がいちばん」という姿勢で、上司もやがてあなたを誘っても脈がないことを、さほどの抵抗なく知ることになるでしょう。

 
Profile
心理カウンセラー林恭弘
心理カウンセラー林恭弘
プロフィール
企業の人事・教育コンサルタント会社を経て、幼児教育まで幅広く教育分野に携わる。その頃から各研修、ワークショップ等に参加しながら心理カウンセラー衛藤信之氏に師事。人間性中心心理学を学び、現在、日本メンタルヘルス協会講師をつとめる。「活力ある社会と、優しい家庭を創造する」をテーマに、企業、学校関係にて講演・研修などで活動。また日常生活に実践的ですぐに役立つ心理学を紹介しながら、各方面にて活躍中。
 
著書
ポチ・たまと読む心理学シリーズ『ほっとする人間関係』『落ち込みグセをなおす練習帳』『「わたしの生きる道」をみつける練習ノート』 (総合法令出版刊) 『ちょっとした一言で相手が動く夫婦の心理テクニック〜ここちいい関係になれる14のルール〜』『図解ビジネス心理学 「モチベーション」やる気を引き出す20のポイント』(総合法令出版刊)
図解ビジネス心理学 モチベーション
 
 
 
 
  心理カウンセラー丸山弥生
心理カウンセラー丸山弥生
プロフィール
企業の営業部に所属し、17年間「お客様との心通うコミュニケーション」を実践。その頃から各研修、ワークショップに参加しながら、心理カウンセラー衛藤信之に師事。人間性中心心理学を学び、現在、日本メンタルヘルス協会講師を務める。「ひとことから始まる温かい人間関係創りのサポート」をテ−マに、現在はカウンセリング活動の他、心理学ゼミナール講師、講演会・研修会講師として活動している。
 
 
 
 
 
心理カウンセラー吉田真知子
心理カウンセラー吉田真知子
プロフィール
フリーアナウンサーとして、日々数多くの人々と出逢い、社会の現状を分析・洞察する中で「人と人の心のつながり」の重要性を実感する。その頃、衛藤信之の心理学ゼミナールに出会い、師事。 人間性中心心理学を学び、現在は日本メンタルヘルス協会講師を務める。「より楽しく日々豊かに過ごせる人間関係創りのサポート」をテーマに、現在はカウンセリング活動の他、心理学ゼミナール講師、講演会・研修会講師として活動している。
 
 

日本メンタルヘルス協会HP(セミナーの情報などはこちらから)
 
一覧を見る
戻る トップページへ戻る