お見舞いに行くかどうか迷っています(b)|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
Bを選んだあなた
 
誤解されたくないからお見舞いに行かない

そう、行きたくないならムリに行く必要は
ないのではないでしょうか。

職場の雰囲気は、会社によってぜんぜん違うものですが、
EMITOTさんのご相談の文面から、同じ職場で働く仲間・・・
というニュアンスが伝わってこないのです。
仲間だという意識があれば、男性、女性というのは、
さして気にならないものではないでしょうか。
それが、職場全体の雰囲気からくるものなのか、もしくは、あなたが勝手に、
男性・女性という枠にとらわれているのかはわかりませんが、
案外気にしているのはあなただけかもしれませんよ。

それに、いくら上司が仲を取り持ちたがっているとしても、
大人なのですから、うまくあしらったり、かわしたりすることだってできるハズ。
そんな他愛のないやりとりが、
人間関係の潤滑油の役割を果たしてくれたりするものです。
いつもいつも、相手の言葉を真正面から受ける必要はないのです。

良くも悪くも、あなたは真面目に考えすぎるところがあるのではないでしょうか?
そして、いつも自分はいい人でいなければいけないと、
どこかムリをしていませんか?

もう少し、肩の力を抜いて、柔軟になってみましょう。

例えば、他の男性社員に同行するのがイヤなら
何かお見舞いの品を託けるとか、気持ちを表す方法はいくらでもありますし、
一度『行かねばならない』というとらわれを外してみてはいかがでしょうか。

 
Profile
心理カウンセラー林恭弘
心理カウンセラー林恭弘
プロフィール
企業の人事・教育コンサルタント会社を経て、幼児教育まで幅広く教育分野に携わる。その頃から各研修、ワークショップ等に参加しながら心理カウンセラー衛藤信之氏に師事。人間性中心心理学を学び、現在、日本メンタルヘルス協会講師をつとめる。「活力ある社会と、優しい家庭を創造する」をテーマに、企業、学校関係にて講演・研修などで活動。また日常生活に実践的ですぐに役立つ心理学を紹介しながら、各方面にて活躍中。
 
著書
ポチ・たまと読む心理学シリーズ『ほっとする人間関係』『落ち込みグセをなおす練習帳』『「わたしの生きる道」をみつける練習ノート』 (総合法令出版刊) 『ちょっとした一言で相手が動く夫婦の心理テクニック〜ここちいい関係になれる14のルール〜』『図解ビジネス心理学 「モチベーション」やる気を引き出す20のポイント』(総合法令出版刊)
図解ビジネス心理学 モチベーション
 
 
 
 
  心理カウンセラー丸山弥生
心理カウンセラー丸山弥生
プロフィール
企業の営業部に所属し、17年間「お客様との心通うコミュニケーション」を実践。その頃から各研修、ワークショップに参加しながら、心理カウンセラー衛藤信之に師事。人間性中心心理学を学び、現在、日本メンタルヘルス協会講師を務める。「ひとことから始まる温かい人間関係創りのサポート」をテ−マに、現在はカウンセリング活動の他、心理学ゼミナール講師、講演会・研修会講師として活動している。
 
 
 
 
 
心理カウンセラー吉田真知子
心理カウンセラー吉田真知子
プロフィール
フリーアナウンサーとして、日々数多くの人々と出逢い、社会の現状を分析・洞察する中で「人と人の心のつながり」の重要性を実感する。その頃、衛藤信之の心理学ゼミナールに出会い、師事。 人間性中心心理学を学び、現在は日本メンタルヘルス協会講師を務める。「より楽しく日々豊かに過ごせる人間関係創りのサポート」をテーマに、現在はカウンセリング活動の他、心理学ゼミナール講師、講演会・研修会講師として活動している。
 
 

日本メンタルヘルス協会HP(セミナーの情報などはこちらから)
 
一覧を見る
戻る トップページへ戻る