上司の反応に日々やる気が失せてゆく(a)|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
Aを選んだあなた
 
歯をくいしばって意地でもがんばる

そう。もうひとふんばりしてみませんか。

上司が話を聞いてくれない、わかってくれないから、
やる気がでないというご相談ですが、アンバーさんは、
上司のことをわかっているでしょうか?

上司にも、抱えている仕事、段取り、心の余裕などがあって、
いきなり相談されても、とっさに反応できないこともあります。
上司なら、困っている部下の相談に、いつでもきちんと応えるべき!
というのは、親なら自分のことを全部わかってくれて当たり前
だと思う子供の甘えの心理と同じです。

上司が話を聞ける態勢かどうかを見極めて相談しましたか?
「○○の件でご相談したいのですが、ご都合のいい時に、
5〜10分お時間をいただけませんか?」などと話せば、その時間と、
聞く態勢をとってくれるのではないでしょうか?

また、「うまくできません」というのも、社会人の対応ではないかもしれませんね。
自分なりにやってみた方法、その問題点などを報告した上で、
「自分はこのように考えますが、ご意見をいただけませんか?」
というのが、本来の相談です。
アンバーさんは、少し、他力本願になっていませんか?

実は上司も、そんなところを気付いてほしいと望んでいるのかもしれませんよ。
秘書の仕事は、上司が本来の仕事に専念できるために、
その場に応じた適切な補佐マナー・気配り・言葉づかい・話し方など、
人に接する基本的なことが求められます。
あなたは、自分で臨機応変に考え、対応してゆくスキルを磨いてほしいと
期待されているのかもしれませんよ。

今こそ、今までの自分の殻を打ち破って
成長できるチャンスではないでしょうか?

 
Profile
心理カウンセラー林恭弘
心理カウンセラー林恭弘
プロフィール
企業の人事・教育コンサルタント会社を経て、幼児教育まで幅広く教育分野に携わる。その頃から各研修、ワークショップ等に参加しながら心理カウンセラー衛藤信之氏に師事。人間性中心心理学を学び、現在、日本メンタルヘルス協会講師をつとめる。「活力ある社会と、優しい家庭を創造する」をテーマに、企業、学校関係にて講演・研修などで活動。また日常生活に実践的ですぐに役立つ心理学を紹介しながら、各方面にて活躍中。
 
著書
ポチ・たまと読む心理学シリーズ『ほっとする人間関係』『落ち込みグセをなおす練習帳』『「わたしの生きる道」をみつける練習ノート』 (総合法令出版刊) 『ちょっとした一言で相手が動く夫婦の心理テクニック〜ここちいい関係になれる14のルール〜』『図解ビジネス心理学 「モチベーション」やる気を引き出す20のポイント』(総合法令出版刊)
図解ビジネス心理学 モチベーション
 
 
 
 
  心理カウンセラー丸山弥生
心理カウンセラー丸山弥生
プロフィール
企業の営業部に所属し、17年間「お客様との心通うコミュニケーション」を実践。その頃から各研修、ワークショップに参加しながら、心理カウンセラー衛藤信之に師事。人間性中心心理学を学び、現在、日本メンタルヘルス協会講師を務める。「ひとことから始まる温かい人間関係創りのサポート」をテ−マに、現在はカウンセリング活動の他、心理学ゼミナール講師、講演会・研修会講師として活動している。
 
 
 
 
 
心理カウンセラー吉田真知子
心理カウンセラー吉田真知子
プロフィール
フリーアナウンサーとして、日々数多くの人々と出逢い、社会の現状を分析・洞察する中で「人と人の心のつながり」の重要性を実感する。その頃、衛藤信之の心理学ゼミナールに出会い、師事。 人間性中心心理学を学び、現在は日本メンタルヘルス協会講師を務める。「より楽しく日々豊かに過ごせる人間関係創りのサポート」をテーマに、現在はカウンセリング活動の他、心理学ゼミナール講師、講演会・研修会講師として活動している。
 
 

日本メンタルヘルス協会HP(セミナーの情報などはこちらから)
 
一覧を見る
戻る トップページへ戻る