職場でよく男性に手を触られます。何かの意図があってのこと?(a)|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
Aを選んだあなた
 
イヤなので、やめてほしいと意思表示をする

その行為が普通か普通でないかと聞かれたら、普通ではありません。ただ相手の意図がどうであれ、あなたがイヤだと感じなければ問題がないし、イヤだと思えばセクハラです。あなたのご相談は、普通かどうか?という内容で、イヤだとは書かれていなかったのですが、ここは、イヤだからやめてほしいと感じておられると仮定して話を進めましょう。

その2人は、意識してわざと触っているのでしょうから、何も言わないでいると、OKだと勝手に判断してどんどんエスカレートしてくる可能性があります。ですから早めに意思表示をすることです。

ただし、いきなり「やめて!」と言ったのでは、相手のプライドを傷つけるかも。サッと手を引っ込めて、「ごめんなさい。ビックリしちゃって」と言ってみるとか、冗談をたしなめるような感じで「コラッ」と、軽く叩いてみてはいかがでしょう?

それでたいていの人は、嫌がられていることに気付いてやめると思いますが、それでも触られるようなら、「悪気はないかもしれないけど、触られるのはイヤなんです」と、相手を非難せずに、自分の正直な気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?

もしも、相手に好意があるなら受け入れたいと思うのなら、そっと手を握り返してみるという方法もあるとは思いますが・・・。ただ、これは完全に私の私見ですが、たとえ気があったとしても、セクハラまがいのアプローチしかできない男なら、所詮たいした男ではないでしょう。

 
Profile
心理カウンセラー林恭弘
心理カウンセラー林恭弘
プロフィール
企業の人事・教育コンサルタント会社を経て、幼児教育まで幅広く教育分野に携わる。その頃から各研修、ワークショップ等に参加しながら心理カウンセラー衛藤信之氏に師事。人間性中心心理学を学び、現在、日本メンタルヘルス協会講師をつとめる。「活力ある社会と、優しい家庭を創造する」をテーマに、企業、学校関係にて講演・研修などで活動。また日常生活に実践的ですぐに役立つ心理学を紹介しながら、各方面にて活躍中。
 
著書
ポチ・たまと読む心理学シリーズ『ほっとする人間関係』『落ち込みグセをなおす練習帳』『「わたしの生きる道」をみつける練習ノート』 (総合法令出版刊) 『ちょっとした一言で相手が動く夫婦の心理テクニック〜ここちいい関係になれる14のルール〜』『図解ビジネス心理学 「モチベーション」やる気を引き出す20のポイント』(総合法令出版刊)
図解ビジネス心理学 モチベーション
 
 
 
 
  心理カウンセラー丸山弥生
心理カウンセラー丸山弥生
プロフィール
企業の営業部に所属し、17年間「お客様との心通うコミュニケーション」を実践。その頃から各研修、ワークショップに参加しながら、心理カウンセラー衛藤信之に師事。人間性中心心理学を学び、現在、日本メンタルヘルス協会講師を務める。「ひとことから始まる温かい人間関係創りのサポート」をテ−マに、現在はカウンセリング活動の他、心理学ゼミナール講師、講演会・研修会講師として活動している。
 
 
 
 
 
心理カウンセラー吉田真知子
心理カウンセラー吉田真知子
プロフィール
フリーアナウンサーとして、日々数多くの人々と出逢い、社会の現状を分析・洞察する中で「人と人の心のつながり」の重要性を実感する。その頃、衛藤信之の心理学ゼミナールに出会い、師事。 人間性中心心理学を学び、現在は日本メンタルヘルス協会講師を務める。「より楽しく日々豊かに過ごせる人間関係創りのサポート」をテーマに、現在はカウンセリング活動の他、心理学ゼミナール講師、講演会・研修会講師として活動している。
 
 

日本メンタルヘルス協会HP(セミナーの情報などはこちらから)
 
一覧を見る
戻る トップページへ戻る