教えるって難しい|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
燃えよ!私のフロンティア・スピリッツ 未開拓の荒地に放り出されるも 頼りになるアネゴ肌!ナイスな強面LADY
 

まつりさん(36)

就職氷河期の20歳の頃、派遣とは何なのか?仕事の内容がどんなものか?全く分からないまま派遣デビュー。

フリーターとしてサービス業をしていた20歳の頃

ぼんやりと「オフィスワーク」なるものに憧れていました。

派遣とは何か?派遣先の仕事がどんなものかすらよく分かっていない世間知らずが

いきなり金融業界というシビアな世界に飛び込む事に。

当時はまだ現在ほど派遣という働き方もメジャーではなく「こんなものだろう」的に怒涛のハードワークをこなす。

世間知らずだけに特に疑問に思うこともなくそのまま激務をこなし
気付けば営業成績上位に食い込むようになるが当初憧れた「オフィスワーク」からは遠く離れてしまったことに気付くのに
あと数年を要するマヌケな一面を持つ。

そこでの8年の感覚が染み付き、どこの企業に行っても未開拓の荒地に放り出される フロンティアに任命される人材となる。

その後、結婚・転居・離婚・リストラと様々な人生の転機を迎えるが

派遣というワークスタイルを続けつつ持ち前のバイタリティーを活かして
いろいろな業種の経験を積む日々を過ごしています。



■出身
東京都

■持っているもの
ストレス耐性 向上心

■持っていないもの
繊細さ 綿密さ

■特徴
強面(こわもて)

■最近ハマっているもの
ゴルフ

■モットー
「手ぶらで帰らない」

過去の日記
2012年12月21日 
2012年12月18日
2012年12月14日
2012年12月11日
2012年12月07日
2012年12月04日
2012年11月30日
2012年11月27日
2012年11月22日
2012年11月20日
2012年11月16日
2012年11月13日
2012年11月09日
2012年11月06日
2012年11月02日
2012年10月30日
2012年10月26日
2012年10月23日
2012年10月19日
2012年10月16日
2012年10月12日
2012年10月09日
2012年10月05日
2012年10月02日
2012年09月28日
2012年09月25日
2012年09月21日
2012年09月18日
2012年09月14日
2012年09月11日
2012年09月07日
2012年09月04日
2012年08月31日
2012年08月28日
2012年08月24日
2012年08月21日
 
2012年11月20日(火)
教えるって難しい

こんにちは!まつりです。

いきなりですが、誰かに何かを伝えるって
本当に難しいですね。

仕事を教えるのも含めて。

さて、前回は滅茶苦茶な状態の職場においてbr> 「取りあえず片づける」
「客先で覚えてもらって話せるようなる」
の2つの的に照準を絞った、というお話しでした。

基本的にコミニュケーションが苦手
というか重要視していないというか。

そういう人ばかりが集まってしまった
チームのようでした。

そこでまた問題が出てきました。

まつりの顔と名前はだんだん覚えられて
話しかけてくれる方も増えてきました。

でも、窓口は私1人ではないんです。

席までやってきたら私がいなかった時
または電話に出ているなどで応対出来ない時は
他のメンバーに用事を頼むことになります。

それを他のメンバーは
完全に無視してしまうんです(笑)
(いや、笑えないですけど)

これには参りました。。

無視ですよ!出来ます?
いやー、やろうと思っても出来ないです
私には。

それで結局妙な印象を与えて帰してしまう。

廊下やエレベーターですれ違っても無視。

それどころかエレベーターなんて
譲らずにさっさと先に降りちゃう。

何も言わずに。客先なんですよ。
周りの人はみんなお客さんなんですよ。

おいおいマジか!と思いました、
はっきり言って。

しかし、私個人だけが良い印象を持って
もらったって仕方ないんです。

このチームに良い印象を持ってもらわないと
意味がないんです。

これは手強いけどどうにかしないと・・・

まずはチームの席のそばで、クライアントと
雑談をするようにしてみました。

「ああ、まつりがこのお客さんと喋ってる」
=「このお客さんはお喋りする人」ということを
意識に植え付けます(笑)

次に、お喋りの途中で、ちょっと
話を振ってみます。

これでリアクションがあればそれでOK。

返事がこなくても
「そうそう!
 こちらは○○さんで何を担当していて〜」
なんて言って紹介しちゃう。

要するに「間を取り持つ」ことにしたのです。

するとだんだん分かってきました。

基本的にはお喋りしたかったんだな
ただ照れとか遠慮とかでなんとかで
話し掛けられるのを待ってただけなんだな、と。

なーんだ、どうしても
最初は自分から行けないだけなんですね。

じゃあ徐々に慣れてもらいましょう、と、

次の段階は、仕事の用件を
「○○さん今いらっしゃるから
 聞いてきてもらっていいですか?」と頼んでみる。
少し喋ったことのある相手だと行きやすい様子。

うんうん、もう一息だ!

そのくらいのタイミングで、
飲みに行った時かなんかに
「印象が大事」の持論を展開すると
すんなり聞いてもらえた様子。

(最初の段階では聞く耳持たないだろうと
 確信していたんです)

・・・そんな風に、
「チームの印象を良くする作戦」
をジリジリと実行していきました。

仕事を教えるのって難しい、ということを
冒頭で言いましたが、基本的な意識を変えて
もらうのはもっともっと難しい!

自分の年齢が上がってくると
どうしても「教える」機会の方が増えてきますが
これはなかなかマスター出来ないですね。

ではまた!



【つづく】


派遣スタッフのリアルお仕事ブログ(完結編)は
コチラから