私の頭の中の検索エンジン|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
燃えよ!私のフロンティア・スピリッツ 未開拓の荒地に放り出されるも 頼りになるアネゴ肌!ナイスな強面LADY
 

まつりさん(36)

就職氷河期の20歳の頃、派遣とは何なのか?仕事の内容がどんなものか?全く分からないまま派遣デビュー。

フリーターとしてサービス業をしていた20歳の頃

ぼんやりと「オフィスワーク」なるものに憧れていました。

派遣とは何か?派遣先の仕事がどんなものかすらよく分かっていない世間知らずが

いきなり金融業界というシビアな世界に飛び込む事に。

当時はまだ現在ほど派遣という働き方もメジャーではなく「こんなものだろう」的に怒涛のハードワークをこなす。

世間知らずだけに特に疑問に思うこともなくそのまま激務をこなし
気付けば営業成績上位に食い込むようになるが当初憧れた「オフィスワーク」からは遠く離れてしまったことに気付くのに
あと数年を要するマヌケな一面を持つ。

そこでの8年の感覚が染み付き、どこの企業に行っても未開拓の荒地に放り出される フロンティアに任命される人材となる。

その後、結婚・転居・離婚・リストラと様々な人生の転機を迎えるが

派遣というワークスタイルを続けつつ持ち前のバイタリティーを活かして
いろいろな業種の経験を積む日々を過ごしています。



■出身
東京都

■持っているもの
ストレス耐性 向上心

■持っていないもの
繊細さ 綿密さ

■特徴
強面(こわもて)

■最近ハマっているもの
ゴルフ

■モットー
「手ぶらで帰らない」

過去の日記
2012年12月21日 
2012年12月18日
2012年12月14日
2012年12月11日
2012年12月07日
2012年12月04日
2012年11月30日
2012年11月27日
2012年11月22日
2012年11月20日
2012年11月16日
2012年11月13日
2012年11月09日
2012年11月06日
2012年11月02日
2012年10月30日
2012年10月26日
2012年10月23日
2012年10月19日
2012年10月16日
2012年10月12日
2012年10月09日
2012年10月05日
2012年10月02日
2012年09月28日
2012年09月25日
2012年09月21日
2012年09月18日
2012年09月14日
2012年09月11日
2012年09月07日
2012年09月04日
2012年08月31日
2012年08月28日
2012年08月24日
2012年08月21日
 
2012年09月28日(金)
私の頭の中の検索エンジン

こんにちは!まつりです。

東京生まれの東京育ち、
方言に憧れています。

北の方でも南の方でも、
方言でしゃべっている人に会うと
いつもうらやましく思う私です。

「帰省」にも憧れました!

お正月やお盆になると、
帰省する友人たちはなんだか楽しそう
・・・私も帰省したーい!

そんな私ですが、京都に引っ越して
「帰省」は出来るようになりました。

でもアレ、やってみると大変ですよね。

混んでるし、
交通費だってかかるし・・・

でもお土産を買ったり
配ったりするのはやっぱり楽しい!

ああ、憧れはいつも・・・って話ではなくて
「方言」の壁について。

長年務めた金融会社の京都の部署で
働いた時も薄々感づいてはいたんです。

何か微妙に・・・伝わってない。

そして次の非営利団体での仕事で
苦情の電話を受けるようになって
ようやくはっきりしてきました。

聞き取れないんです。

特にお年寄りの話す方言は
本当に聞き取れない。

語尾が「〜やねん」とか
そういうことじゃなくて、

名詞が違ったら、もう手も足も出ないです。

ゴミの事を「ごもく」と言われた時も、

私の頭の中の検索エンジンは
(ごもく?
 五目?・・・五目並べ?五目ごはん?)

と必死で検索をかけました。
でもヒットしない・・・。

話しの流れで
見当が付くこともあるのですが、

前後の話も半分くらい
聞き取れないだけに、全く見当がつかない!

これには参りました。

だって、すごく怒っている相手に
「ごもくってなんですか?」
なんて聞いたらもっと怒らせちゃいます。

でも聞かないと話が進まないし・・・

更に、どうやら私の
「東京弁」が拍車をかけるようなんです。

最初、私が喋り出すと一瞬の間が開きます。

「話が通じない相手」
としてマークされた気配が、
受話器の向こうから漂ってきて・・・。

あまりにそういうことが続くので、
周りの人たちに聞いて回りました。

私個人の話し方に問題があるの?

みんなが言うには
「東京弁で喋られると、冷たく聞こえる」
のだそうです。なるほど。

人間味を感じないってことか?

ここでは以前意識した
「落ち着いた話し方」も逆効果なのか?

そこでちょっと
工夫をしてみることにしました。

方言はそう簡単に真似できない。
標準語のままで行く。

けれど、苦情を聞いた際に、
表現を大きくしてみる。

敬語なんてどうでもいい。
相槌を多くする。

「えーっ!そんなことが!?
 それは大変・・・うん、うん・
 ・・そしたらね、これこれこうしますからね・・・」

こうして話を聞いている内に、
だんだんと話が通じるようになってきました。

「左様でございますか」
「かしこまりました」なんて言うよりも
ずっと、相手の心に届くんですね。

それが何より大事なんですね。
勉強になりました。

そして、「うん」とか「〜ね」とか、
そんな言葉使いでいたら

確実に張り倒されそうな昔の職場との
ギャップにもすっかり慣れたころ、
また転職を考えるようになったのです。

ではまた!



【つづく】


派遣スタッフのリアルお仕事ブログ(完結編)は
コチラから