新人教育の傾向と対策|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
コールセンターのリーダーは元舞台役者。経験を活かして、目指せ!年収1,000万円!電話越しで困っている貴方を強力サポート。
 

迷子のマーチさん(29)


まもなく29歳。この度、派遣から正社員になりました!

高校1年生の新入生歓迎公演で演劇に出会い、お芝居の魅力に感銘を受ける。
演劇部として卒業までの3年間、主に役者として様々な賞を受賞し、舞台美術デザイン、舞台美術制作、脚本、演出も担当。

経験を生かし、舞台美術制作、劇場ホールを管理する会社へ正社員として入社。
舞台美術制作、設営を主に担当。
毎週、毎日のように、各地劇場へ派遣され、舞台美術設営と各種催事、伝統的芸能、演劇等の進行を行う。
職人なりの厳しい教え方で舞台美術制作の基礎と舞台進行を覚えるが、役者としての夢を捨てきれず、数年で退社。

演劇の本場である東京へ上京する。
役者として、舞台で活躍する傍ら、生計を立てるため、様々なアルバイト、派遣社員として働く。
転々と職を変える内、いつしかコールセンター業務が性に合う事に気付く。
様々なコールセンター業務を行い、オペレーターを経て、リーダー業務を担当。
電話対応の知識と運営方法を学ぶ。

母親の病気をきっかけに役者活動を休止。

現在、業務機器のオペレーターとして数年働き、事業整理、合理化をきっかけに派遣社員から正社員になる。

夢は年収1,000万円!目指せハッピーライフスタイルです。



■趣味
ネットサーフィン、読書(漫画含む)、映画ドラマ鑑賞、ゲーム等のインドア系。

■好きなもの
パソコン、携帯等の電子機器。文学的匂いの感じるモノ。

■好きな言葉
なせば成る。為さねば成らぬ何事も。成らぬは人の為さぬなりけり。

■口癖
なんでもいい

■凶暴なチワワを飼っています。
(毎日からかって遊んで噛まれます)
過去の日記
2012年07月31日
2012年07月27日
2012年07月24日
2012年07月20日
2012年07月17日
2012年07月13日
2012年07月10日
2012年07月06日
2012年07月03日
2012年06月29日
2012年06月26日
2012年06月22日
2012年06月19日
2012年06月15日
2012年06月12日
2012年06月08日
2012年06月05日
2012年06月01日
2012年05月29日
2012年05月25日
2012年05月22日
2012年05月18日
2012年05月15日
2012年05月11日
2012年05月08日
2012年04月24日
2012年04月20日
2012年04月17日
2012年04月13日
2012年04月10日
2012年04月06日
2012年04月03日
2012年03月30日
2012年03月27日
2012年03月23日
2012年03月19日
2012年03月16日
2012年03月13日
2012年03月09日
2012年03月06日
2012年03月02日
2012年02月28日
2012年02月24日
2012年02月21日
 
2012年05月11日(金)
新人教育の傾向と対策

近頃、私の勤めているコールセンターでは
新人を募集しています。

人事担当が随時面接を行なっているようで、
定期的に配属されるのですが、
傾向が変わってきたように感じます。

バンドや役者等の夢があるタイプ。

不景気の為にWワーカーしなければならないタイプ。

新しい業界にチャレンジ、
別のコールセンターへ移りたい等のその他タイプ。

等ですが、基本的に夜勤を募集しているので、
夢追い人が3割、Wワーカーが6割、その他1割といった比率になります。

以前は夢追い人が7〜8割で、学生等も在籍していた事もありますが、
最近は随分とWワーカーの比率が上がってきたように思います。

リーマン・ショック以降、徐々に比率が逆転し始め、
今では大半の在籍者がWワーカーの方となりました。

人事担当が採用基準を見直しただけなのかも知れませんが、
こんな所からも不況を感じます。

私は新人を教育する立場になりましたが、
タイプによってある程度の傾向と対策があります。

夢追い人は、やはり夢が一番ですので、
どこか上の空の方が多いです。
自分の働きが給料に見合っているかを教え込み、
やる気を出させるのに苦労します。
学生等もこのタイプですね。
夢追い人は教育に本当に骨が折れます。
怒鳴り、すかしながら何とか業務を教え、
やっと少し仕事が出来るようになったかと思った数カ月後に
突然出勤しなくなる事も多々あります。

Wワーカーは、別の仕事を行った後に出勤ですので、
疲れきっている方が多いです。

時給分は働こうという気概や、やる気はあるのですが、
その人の体力と折り合いを付けながら、
隙を見て教えていく事になります。
教えれば響く人が多いですが、
体力勝負の面が強く、断念される方も多いです。

様々な人を教育していくのに一番苦労するのは、精神面のケアです。

一生懸命教育しても辞めていってしまう方も多々いますので、
仕事を続ける上でのメリット、デメリットや精神的な負担との
折り合いを何とかコントロールしたいのですが、
いつも試行錯誤の連続です。

色々と趣向を凝らした方が辞めると、本当にがっくりきます。

コールセンターというのは元々の定着率が悪いのですが、
最近の定着率があまりにも悪く、タイプが偏っている為に
シフトが安定しません。

夢追い人は、突発的な休みで出勤が安定しませんが、
予定が合わせやすく、穴を埋めやすいです。

Wワーカーは、別の仕事の関係で固定シフトにしなければならず、
夢追い人の穴を埋められないのです。

何が問題かというと、Wワーカーばかりになると、
夢追い人が突然休んだ時に穴を埋める人がいなくなってしまう訳ですね。

そんな時にしわ寄せを受けるのは、もちろん私です。
今日はそんな愚痴でした。