彼氏と彼女の事情|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
渚のシンドバッドの歌真似が得意なアイツ、 実は昨夏、マンション買っちゃいました。きっと君も泣く!約15年のローン返済計画
 

魔女っ子ツノダさん(31)


生まれは四国・徳島県。
流行りの“うどん県”ではありませんがやはりうどんは主食!
でも私はベジタリアン。

ロクに故郷の事も知らないままに上京したのは18歳のとき。目的は大学への進学でした。

キャンパスライフを満喫する事を夢見ていたが・・
冷静に物事を見てしまう性格故か、あえなく馴染めずリア充生活脱落。
大学生活に疑問を抱いてアルバイトに精を出す毎日(苦笑)

中でも3年間勤めた個人経営のイタリア料理店は、キッチン&ホールを担当し続け高校生のお客さんからラブレターを何通貰ったことかって(エヘン)過去の栄光になっています(泣)
決して美人ではないが、仮面を気にいってくれる人が多かったようだ。
果たして素直に喜んでいいものでしょうか??

さて、新卒で入った会社は某大手証券会社。ですが、バリバリの上下関係、昭和気質の社風が合わずに約2年で退職(でも同期では長く続いた方!みたいな)。

しばし、スポット派遣でフード系やミーハーではなかったのですが、ジャニーズのイベントの手伝いビラ配りなどで生計を立てながら、以前から憧れていた大手マスコミ会社のOA事務長期派遣スタート!

でも、憧れとは裏腹な環境で半年で終了(トホホ・・)

それから御縁があってWEBメディアを扱っている会社で、3年ほど勤めて、現在は食品会社で営業サポートに従事しています。

「運命って不思議だね〜」って唄ってしまいそうなテンション。

若いときは「とにかく有名企業!大手以外ありえない!」みたいな、我侭な私の仕事観もだいぶ変わってきたと感じる今日この頃です。

− 昔と今で、仕事観って変わってきていませんか? −

私が今回、読者の皆さんに問うていきたいのはそういうこと。
なんとなく回数を重ねる毎に核心に迫れればなと考えています。

モットーは[気楽に。]
気楽過ぎると言われる事もありますが(笑)
只今、ローン早期返済を目指して気楽に頑張り中!
応援よろしくお願いします。



■住まい
せんべいが有名な埼玉県草加市

■出没スポット
草加市の行きつけのバー

■似ている芸能人
多部ちゃん

■特技
何でも指さしてしまう癖があります。
※親しい人にはよく注意されます。。
魔女だけに魔法をかけている、とか。。
同じ癖がある人は是非やめましょう(苦笑)

■趣味
民族系の衣装が好き。
高級ウィスキーをストックするのが趣味。

過去の日記
2012年07月31日
2012年07月27日
2012年07月24日
2012年07月20日
2012年07月17日
2012年07月13日
2012年07月10日
2012年07月06日
2012年07月03日
2012年06月29日
2012年06月26日
2012年06月22日
2012年06月19日
2012年06月15日
2012年06月12日
2012年06月08日
2012年06月05日
2012年06月01日
2012年05月29日
2012年05月25日
2012年05月22日
2012年05月18日
2012年05月15日
2012年05月11日
2012年05月08日
2012年04月24日
2012年04月20日
2012年04月17日
2012年04月13日
2012年04月10日
2012年04月06日
2012年04月03日
2012年03月30日
2012年03月27日
2012年03月23日
2012年03月19日
2012年03月16日
2012年03月13日
2012年03月09日
2012年03月06日
2012年03月02日
2012年02月28日
2012年02月24日
2012年02月21日
 
2012年07月03日(火)
彼氏と彼女の事情

「元気そうだな?」

何気ない会話と身の上話で始まった
以前勤めていた婚活サービス会社でのメンバー飲みの場。

編集長、十和子さん、シノダさん、そして私。

まぁ、編集長と二人っきりなのは気不味いかな?
とは思っていたが、シノダ氏まで再登場してくるとは・・・
やはり不覚でした。

唯一、紅一点の十和子さんが救いでしたが
何だかしばらく見ない間に
失礼かもしれないが、女の子らしくなっているのが
気になってしまった。

一緒に働いていた頃は
「服装?私、あんまり気にしてないかな?」
などと、カジュアル&ラフな格好が
多かったイメージですが・・・

本日は、お嬢様系雑誌に出てきそうな
ギンガムのワンピース&デニムのレギパンを合わせている・・・。
しかも素敵な巻き髪・・・。

元々スタイルが良いせいか
凄く、十和子さんは似合っているのだが
果たして何か心境の変化でもあったのか気になりました。

「十和子さん、何か雰囲気変わりました?」

軽い探りを入れた所
「分かるー?」
と彼女は照れを見せ始めました。

そこで編集長が口を挟んだのですが・・・

「ツノダ?
 この世の中は俺たちの想像できない事が
 たくさん転がっている」

「俺はな、一応制作の人間でな
。  こういう仕事をしているからな。
 世の中に少しでも“新しい世界”ってものを
 提供していきたいと考えているんだが云々・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

何だか不思議な空気になってしまった。

編集長も遠い目で明後日の方向を眺めている。

「あのう〜^_^;
 何かあったんですか?」

勇気を振り絞って問うてみたところ

「じ、実は・・・」

「十和子さんとシノダが
 お付き合いしている!!!」

ひぃぃ〜〜!?
・・・・悲鳴にも似た声が店内に響いた・・・・
 →※声の主は編集長である!

驚愕の事実に思わずシノダ氏の方向を見た所。。。

シノダ氏は、やはり余裕のキメ顔で
自分の喉元に親指を指してながら
何かの合図を送っていた!

〈〈---- 俺の所まで上ってこい ----〉〉

え?
はい?
どゆこと?? 苦笑

嗚呼、何だか私の頭の中では
「美女と野獣」
のテーマ曲が流れていました。。。

しかも告白をしたのは、十和子さんの方
一生懸命なシノダ氏に惚れ込んでしまったらしい。

そして映画の趣味も合ったのだろう。
彼女も映画が好きで、シノダ氏は映画に超詳しい。

編集長と同じように明後日の方向を
見だしてしまった私。

「し、しかも・・・この二人、
 いま一緒に住んでいる・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・!!? (゜o゜)

編集長が力の無い声で
重い一言を言い放った。

------------------------
 祇園精舎の鐘の声
 諸行無常の響きあり
 沙羅双樹の花の色
------------------------

そのとき、何故だか
「平家物語」のフレーズが脳裏を横切ったのです!

この世は無常だ〜っと
涙が頬に自然と滴り落ちたことは
今でも忘れもしません。

【次回へつづく】