ウェディング・ソング|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
渚のシンドバッドの歌真似が得意なアイツ、 実は昨夏、マンション買っちゃいました。きっと君も泣く!約15年のローン返済計画
 

魔女っ子ツノダさん(31)


生まれは四国・徳島県。
流行りの“うどん県”ではありませんがやはりうどんは主食!
でも私はベジタリアン。

ロクに故郷の事も知らないままに上京したのは18歳のとき。目的は大学への進学でした。

キャンパスライフを満喫する事を夢見ていたが・・
冷静に物事を見てしまう性格故か、あえなく馴染めずリア充生活脱落。
大学生活に疑問を抱いてアルバイトに精を出す毎日(苦笑)

中でも3年間勤めた個人経営のイタリア料理店は、キッチン&ホールを担当し続け高校生のお客さんからラブレターを何通貰ったことかって(エヘン)過去の栄光になっています(泣)
決して美人ではないが、仮面を気にいってくれる人が多かったようだ。
果たして素直に喜んでいいものでしょうか??

さて、新卒で入った会社は某大手証券会社。ですが、バリバリの上下関係、昭和気質の社風が合わずに約2年で退職(でも同期では長く続いた方!みたいな)。

しばし、スポット派遣でフード系やミーハーではなかったのですが、ジャニーズのイベントの手伝いビラ配りなどで生計を立てながら、以前から憧れていた大手マスコミ会社のOA事務長期派遣スタート!

でも、憧れとは裏腹な環境で半年で終了(トホホ・・)

それから御縁があってWEBメディアを扱っている会社で、3年ほど勤めて、現在は食品会社で営業サポートに従事しています。

「運命って不思議だね〜」って唄ってしまいそうなテンション。

若いときは「とにかく有名企業!大手以外ありえない!」みたいな、我侭な私の仕事観もだいぶ変わってきたと感じる今日この頃です。

− 昔と今で、仕事観って変わってきていませんか? −

私が今回、読者の皆さんに問うていきたいのはそういうこと。
なんとなく回数を重ねる毎に核心に迫れればなと考えています。

モットーは[気楽に。]
気楽過ぎると言われる事もありますが(笑)
只今、ローン早期返済を目指して気楽に頑張り中!
応援よろしくお願いします。



■住まい
せんべいが有名な埼玉県草加市

■出没スポット
草加市の行きつけのバー

■似ている芸能人
多部ちゃん

■特技
何でも指さしてしまう癖があります。
※親しい人にはよく注意されます。。
魔女だけに魔法をかけている、とか。。
同じ癖がある人は是非やめましょう(苦笑)

■趣味
民族系の衣装が好き。
高級ウィスキーをストックするのが趣味。

過去の日記
2012年07月31日
2012年07月27日
2012年07月24日
2012年07月20日
2012年07月17日
2012年07月13日
2012年07月10日
2012年07月06日
2012年07月03日
2012年06月29日
2012年06月26日
2012年06月22日
2012年06月19日
2012年06月15日
2012年06月12日
2012年06月08日
2012年06月05日
2012年06月01日
2012年05月29日
2012年05月25日
2012年05月22日
2012年05月18日
2012年05月15日
2012年05月11日
2012年05月08日
2012年04月24日
2012年04月20日
2012年04月17日
2012年04月13日
2012年04月10日
2012年04月06日
2012年04月03日
2012年03月30日
2012年03月27日
2012年03月23日
2012年03月19日
2012年03月16日
2012年03月13日
2012年03月09日
2012年03月06日
2012年03月02日
2012年02月28日
2012年02月24日
2012年02月21日
 
2012年06月05日(火)
ウェディング・ソング

『あぁ 君に贈る ことば探し眠れなかった』
『あぁ 思い出より あたらしい日々美しくあれ』

『誰も幸せしかいらないだろう、それだけを祈るだろう 』

・・・嗚呼、やっぱり結婚式って感動しますね。
ご祝儀は痛いけれどさ(苦笑)

何故だか麻里子さんの結婚式に
出席している私たちサイト編集課。

普段はラフな格好の編集長が
正装している姿に、時たま吹き出しそうになる。

さーてさて、一体何が起こったかというと・・・。

結論から申し上げると
私たちが運営しているマッチングサイトで
特設ページを作成しました。

ターゲットには、ピッタリだったのもあるし
双方にメリットがある形で提案できる品物が究極的には
こういったWEB上での企画しかなかった。

何よりシノダ氏の熱意が強かったのかもしれない。

麻里子さん(夫婦)への企画提案と了承。
言い出しっぺの部長への承諾など、
まあ折衝が色々面倒だったはず。

私が、同席した場もあったのだが
麻里子さん側に対しては、不特定多数に
顔を晒される不安の払拭とそのタイミング。

会社にとっては私用物にならない、
あくまで編集コンテンツの立ち位置として
認識など徹底して詰めていたみたいでした。

やるときゃ、やる男なんだな。これが。

ページタイトルは
「結婚までの道のり」

麻里子夫婦が出会ったキッカケ、
思い出の場所を写真の風景と共に

途中には麻里子さんの思い入れが
詰まっているであろう写真も挿入されていて
なかなか良い出来上がりに仕上がっていた。

きちんとページの最終項には、結婚式に掛かった費用も
赤裸々に記載をして、これから呼んで頂く読者にも
もちろん役に立てるように仕上げた。

披露宴でシノダ氏が出来上がったWEBページを紹介している。

会場の人から「すご〜い!」と歓声が上がる。
私たちも紹介される。
一斉に拍手が贈られる。

マイクを向けられた編集長が少し照れながら
「まだ結婚していない人、相手がいない人は
 ぜひサイトを活用してください」
と、言葉に出していたのを覚えている。

「・・・実は、麻里子さん夫婦にもう1つ贈り物があります・・・」

会場の騒ぎが治まるのを待っていたかのように
シノダさんの言葉がマイクを通して場内に響いた。

「僕は、大学の映画サークルで麻里子さんと知り合いました。
 とても明るく、いつも笑顔を周りに振り撒いて、
 彼女は作品の中のみならず、名実ともに僕らのヒロインでした・・・」

そう告げると、シノダ氏は係員に合図送り、会場が照明が下がった。
そして、壁面のスクリーンに映しだされたのは、
あの時、観させて頂いたシノダオリジナルの
麻里子さんのショートムービ-だった。

バックミュージックは、ユニコーンの「すばらしい日々」のようだった。

シノダさんのスクリーンを眺める後ろ姿も印象的だった。

上映後、シノダさんの元に学生時代の映画サークルの
仲間であろう10数名の人が集まってきた。

互いに笑い合い、叩き合い、なんだかとても仲が良さそうだった。

麻里子さんは顔をうずめて泣いている。でも笑っている。
嬉し泣きだったのだろう、シノダさん達の方向を見て
「ありがとう」と懸命に何かを告げているようだった。

            ∞ ∞ ∞

「シノダ?今日はみんなで飲みに行かないのか?」

結婚式が終わり、帰路に入ったコーヒーショップで課長が尋ねる。

「映画関係目指している奴もまだいて
 何だかんだ、あいつら忙しいみたいで
 全員揃わないので、また今度ですかね(苦笑)」
みたいな。

「んで、今日はシノダさん的にはどうでした?」
つづいて、私が質問してみる。

「ん〜まぁまぁかな。いや、皆さん有難うございます、ほんと。
 でも好きな人の結婚相手との出会いの軌跡を追うのは、
 少し難儀だったかな」

“ぁ。やば!”
と私は言葉を失ってしまった。

たしかにそういった事考えずに取材し続けていたっけな。

「でも、みんな喜んでくれて良かったよ」
シノダ氏は満足そうにシュガードーナツを頬張っている。

「はあ?麻・里・子・さ・ん・が〜だろーが!!」

突っ込みを入れた課長に対して
不覚だったのか、口に含んだドーナツを
辺りにぶちまけていた。。。

この後、皆でカラオケに行って酒に酔いながら
斉藤和義の「ウェディング・ソング」を唄って
シノダ氏と一緒に鼻水垂らしながら号泣していたのは、
私でした(苦笑)

いやいや。

あまりの低楽っぷりな光景に
いまでは、黒歴史となっていますがな(泣)

【次回へつづく】