ずっと好きだった|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
渚のシンドバッドの歌真似が得意なアイツ、 実は昨夏、マンション買っちゃいました。きっと君も泣く!約15年のローン返済計画
 

魔女っ子ツノダさん(31)


生まれは四国・徳島県。
流行りの“うどん県”ではありませんがやはりうどんは主食!
でも私はベジタリアン。

ロクに故郷の事も知らないままに上京したのは18歳のとき。目的は大学への進学でした。

キャンパスライフを満喫する事を夢見ていたが・・
冷静に物事を見てしまう性格故か、あえなく馴染めずリア充生活脱落。
大学生活に疑問を抱いてアルバイトに精を出す毎日(苦笑)

中でも3年間勤めた個人経営のイタリア料理店は、キッチン&ホールを担当し続け高校生のお客さんからラブレターを何通貰ったことかって(エヘン)過去の栄光になっています(泣)
決して美人ではないが、仮面を気にいってくれる人が多かったようだ。
果たして素直に喜んでいいものでしょうか??

さて、新卒で入った会社は某大手証券会社。ですが、バリバリの上下関係、昭和気質の社風が合わずに約2年で退職(でも同期では長く続いた方!みたいな)。

しばし、スポット派遣でフード系やミーハーではなかったのですが、ジャニーズのイベントの手伝いビラ配りなどで生計を立てながら、以前から憧れていた大手マスコミ会社のOA事務長期派遣スタート!

でも、憧れとは裏腹な環境で半年で終了(トホホ・・)

それから御縁があってWEBメディアを扱っている会社で、3年ほど勤めて、現在は食品会社で営業サポートに従事しています。

「運命って不思議だね〜」って唄ってしまいそうなテンション。

若いときは「とにかく有名企業!大手以外ありえない!」みたいな、我侭な私の仕事観もだいぶ変わってきたと感じる今日この頃です。

− 昔と今で、仕事観って変わってきていませんか? −

私が今回、読者の皆さんに問うていきたいのはそういうこと。
なんとなく回数を重ねる毎に核心に迫れればなと考えています。

モットーは[気楽に。]
気楽過ぎると言われる事もありますが(笑)
只今、ローン早期返済を目指して気楽に頑張り中!
応援よろしくお願いします。



■住まい
せんべいが有名な埼玉県草加市

■出没スポット
草加市の行きつけのバー

■似ている芸能人
多部ちゃん

■特技
何でも指さしてしまう癖があります。
※親しい人にはよく注意されます。。
魔女だけに魔法をかけている、とか。。
同じ癖がある人は是非やめましょう(苦笑)

■趣味
民族系の衣装が好き。
高級ウィスキーをストックするのが趣味。

過去の日記
2012年07月31日
2012年07月27日
2012年07月24日
2012年07月20日
2012年07月17日
2012年07月13日
2012年07月10日
2012年07月06日
2012年07月03日
2012年06月29日
2012年06月26日
2012年06月22日
2012年06月19日
2012年06月15日
2012年06月12日
2012年06月08日
2012年06月05日
2012年06月01日
2012年05月29日
2012年05月25日
2012年05月22日
2012年05月18日
2012年05月15日
2012年05月11日
2012年05月08日
2012年04月24日
2012年04月20日
2012年04月17日
2012年04月13日
2012年04月10日
2012年04月06日
2012年04月03日
2012年03月30日
2012年03月27日
2012年03月23日
2012年03月19日
2012年03月16日
2012年03月13日
2012年03月09日
2012年03月06日
2012年03月02日
2012年02月28日
2012年02月24日
2012年02月21日
 
2012年05月29日(火)
ずっと好きだった

シノダさんが好きな女の子。

さて、仮名称で「麻里子」さんと本編では綴っていこう。

さらっと、カミングアウトした飲み会の明くる日
シノダさんは、約束をきちんと覚えていて1枚のDVDを持参してきた。

「麻里子さんのショート・ムービー!!」
照れくさそうにシノダ氏は頬に手を当てている。

我々、特捜隊は、健やかに業務が終わると予め予約しておいた
ミーティングスペースに向って持ち場についた。

もちろん上司の許可も得ている。っていうか
その御方も席に未だか未だかとソワソワしている。

やはり人間、異性の話になると盛り上がるのだ(苦笑)

「皆さん、おまたせしましたッ」

シノダ氏が登場した。

「学生の頃撮ったものを、テクノロジーの変化により
 現代風にちょっとアレンジを加えて、良い感じです、はい」

何処から用意したのか
真っ赤な蝶ネクタイを身に着けているシノダさん。

しかし、誰も突っ込まない・・・。
やはり本人は意外と乗り気だったのだろう。

「では、どうぞ!」

そして上映が始まった。

嗚呼、作品には美しい女性が映っている。

この人が麻里子さん・・・?

スクリーン越しには背がスラっと伸びた
モデル体型の女性が映っていた。

笑った顔の大きな眼が「へ」の字。
口の形も逆三角形になるのが特徴的だった。

(確かに、綺麗な人だ・・・!)

周りからは一斉に歓声が上がった。

もちろん、一体どういうノリなのかと、現在は思っているが(汗)

皆はシノダさんが・・・、
というより人が何回も告白し続け
ベタ惚れするような人ってどんな人か?
を、確認したかったようである。

嗚呼、人間って単純だわ。
綺麗過ぎる〜○×みたいな話かな。

ただし、私も同類であったことは否めない。

そして、現在思い返すと
ムービーとしての作品としての完成度も
かなり高いのではないかと思った。

いくつもの作品を繋ぎ合わせたのか
往々にして麻里子さんの髪型、メイク、衣装、背景など
変わってくものの彼女をより美しく魅せるために
絶妙のアングルをカメラワークは図っていた。

写真をやっていた自分としては何となく分かる。
気持ちが入っった描写を醸し出している。

カメラワークは、当然シノダ氏が行なっていたのだが
相手に対する愛情が感じられる・・・
そのような感覚を与えられて、
何だか観ている中で恥ずかしく、
そして歯がゆく切なくなってしまった。

作品のラストは、噂のキスシーンで締め括られた。

「シノダー良かったぞ!!」
「いかにお前が彼女の事を好きか分かったよー!!」
「シノダー!変態ー!?」

・・・・・・・・などなど。

色々な声が飛び交う中で、シノダさんは照れているんだろうな、
と思いきや 私には、達成感?脱力感?からか肩を落としているように見えた。

そして

何日か経ったある日、シノダさんに便りが届いたのです。

・・・ 麻里子さんが結婚する事になりました ・・・

相手は勤務先の外資系会社員。

またしても軽い宴席で、本人が口にした話であった。

もしかしたら、作品上映のときには既に彼は
この情報を得ていたのかもしれないなと私は思った。

「結婚するらしい」特に彼はそれ以上何も言わない。

誰もが絶句する中、私は何を思ったのだろう。
色々な鬱憤が溜まっていたのかもしれない、
いつもウジウジしているのは自分なのに。。。 何なのみたいな?

気が付いたら、シノダ氏の胸ぐらを掴んで大声で言い放っていた。

「こら!好きなのか?好きじゃないのか?どっちなんだ??」

「好きなんだろ?好きなんだろ!?」

「後悔したくないなら、言いたい事いうしかないだろーが!!
 男だろ!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

酒癖が、そんな悪くないと自負しているのですが・・・。
飲み屋の店内に響き渡る怒声、罵声
いや、全て私でした。。。
ごめんなさい。

えーと。
このブログ。
完全に主人公がシノダさんになってるかなあ(泣)

そう。
果たして、最後になるだろう

気持ちを入れ替えて頂けたのか?
麻里子への愛の告白へとシノダ氏は動き出したのでした。

【次回へつづく】