映画監督|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
渚のシンドバッドの歌真似が得意なアイツ、 実は昨夏、マンション買っちゃいました。きっと君も泣く!約15年のローン返済計画
 

魔女っ子ツノダさん(31)


生まれは四国・徳島県。
流行りの“うどん県”ではありませんがやはりうどんは主食!
でも私はベジタリアン。

ロクに故郷の事も知らないままに上京したのは18歳のとき。目的は大学への進学でした。

キャンパスライフを満喫する事を夢見ていたが・・
冷静に物事を見てしまう性格故か、あえなく馴染めずリア充生活脱落。
大学生活に疑問を抱いてアルバイトに精を出す毎日(苦笑)

中でも3年間勤めた個人経営のイタリア料理店は、キッチン&ホールを担当し続け高校生のお客さんからラブレターを何通貰ったことかって(エヘン)過去の栄光になっています(泣)
決して美人ではないが、仮面を気にいってくれる人が多かったようだ。
果たして素直に喜んでいいものでしょうか??

さて、新卒で入った会社は某大手証券会社。ですが、バリバリの上下関係、昭和気質の社風が合わずに約2年で退職(でも同期では長く続いた方!みたいな)。

しばし、スポット派遣でフード系やミーハーではなかったのですが、ジャニーズのイベントの手伝いビラ配りなどで生計を立てながら、以前から憧れていた大手マスコミ会社のOA事務長期派遣スタート!

でも、憧れとは裏腹な環境で半年で終了(トホホ・・)

それから御縁があってWEBメディアを扱っている会社で、3年ほど勤めて、現在は食品会社で営業サポートに従事しています。

「運命って不思議だね〜」って唄ってしまいそうなテンション。

若いときは「とにかく有名企業!大手以外ありえない!」みたいな、我侭な私の仕事観もだいぶ変わってきたと感じる今日この頃です。

− 昔と今で、仕事観って変わってきていませんか? −

私が今回、読者の皆さんに問うていきたいのはそういうこと。
なんとなく回数を重ねる毎に核心に迫れればなと考えています。

モットーは[気楽に。]
気楽過ぎると言われる事もありますが(笑)
只今、ローン早期返済を目指して気楽に頑張り中!
応援よろしくお願いします。



■住まい
せんべいが有名な埼玉県草加市

■出没スポット
草加市の行きつけのバー

■似ている芸能人
多部ちゃん

■特技
何でも指さしてしまう癖があります。
※親しい人にはよく注意されます。。
魔女だけに魔法をかけている、とか。。
同じ癖がある人は是非やめましょう(苦笑)

■趣味
民族系の衣装が好き。
高級ウィスキーをストックするのが趣味。

過去の日記
2012年07月31日
2012年07月27日
2012年07月24日
2012年07月20日
2012年07月17日
2012年07月13日
2012年07月10日
2012年07月06日
2012年07月03日
2012年06月29日
2012年06月26日
2012年06月22日
2012年06月19日
2012年06月15日
2012年06月12日
2012年06月08日
2012年06月05日
2012年06月01日
2012年05月29日
2012年05月25日
2012年05月22日
2012年05月18日
2012年05月15日
2012年05月11日
2012年05月08日
2012年04月24日
2012年04月20日
2012年04月17日
2012年04月13日
2012年04月10日
2012年04月06日
2012年04月03日
2012年03月30日
2012年03月27日
2012年03月23日
2012年03月19日
2012年03月16日
2012年03月13日
2012年03月09日
2012年03月06日
2012年03月02日
2012年02月28日
2012年02月24日
2012年02月21日
 
2012年05月25日(金)
映画監督

ただならぬ池袋北口オーラを感じ取ってしまい
どうなることかと冷や冷やしていた私でしたが

意外や意外、シノダ氏は芸術肌だった事が判明した。

大学生時代は映画サークルに所属していて
将来は“映画監督になりたかった”との事。

なんだか入学するのも難しいそうな学科であるが
やはり彼は映画の話になると、その分野の話にとても精通していた。

「これだけは見とけ!」
という黒沢明映画を勧めてくれたり、
あの作品の舞台裏話などよく知っていた。

お酒が入ると、よくシノダ氏に映画の話を
振ったものだった。

「私に騙されなさい!」とは言っていなかったが、
彼は、まるで「お×ぎ」であった。
しかし、同性ではなく、異性が好きとの事でした。
安心安心。

宴席でのシノダ氏の映画トークは、
ためになる話として、確固たる地位を築きつつあったが、
いつかの仕事上がりの宴席時に
シノダさんは「好きな人がいる」と酒に酔ったのか
周りに言い放った。

聞くところによると
相手は大学の映画サークルで
知り合った学年下の女の子。

余裕で2浪したシノダさんにとっては
歳が5つ離れているとの事。

彼女は、明瞭活発な性格故か、友だちも多く人気者で
映画サークルでは。彼女をヒロインに
短編ムービーを撮る機会が多かった。

当時、脚本はシノダさんが書いていたとの事。

シノダさんが30歳中盤だったので
好きな彼女は年齢でいうと30歳手前くらいでしょうか。

大学卒業後、女の子は留学でカナダへ行って
語学力を身に付けて帰国して
現在は、外資系の消費財メーカーで働いているらしい。

企画・マーケティング職で活躍しているとの事ですが・・・

「実は何度も“付き合ってほしい”と言っている」
顔を赤らめたシノダさんは、胸の内をカミングアウトした。

「あー辛いわー」
「もう10年くらいになるなー。片思い辛いわー」

「駄目なのは分かっていても、
 惚れてしまっている自分の気持ちに嘘は付けない。
 何度も忘れようとしたさ!
 けど駄目なんだ。
 違った女の子を好きになれるかと考えている矢先、
 自分があの娘に惚れてしまっている事を
 再認識してしまう・・・云々」

・・・・・・・・・・・・・・などと、色々とお話してくれました。

「惚れたキッカケは何だったんですか?」
質問を投げかけてみた。するとね

「脚本でラブストーリーを演出する作品があったんだ。
 それで学生ながら、まあ作品なので、ヒロインと男子が
 キスをするシーンがあって・・・俺」

そこまで話すと、突然にシノダ氏は言いあぐんだ。

かすかに目には涙が浮かんでいる。。。

これは不味い雰囲気になったのではないかい?
と、私は固唾を飲んだ。

ないかい?と来る時を待っていると
シノダさんはやっとの思いで言葉を発したようだった。

「仕方ない事だと分かっていたけれど、その時確信したんだ。
 “止めてくれー”って心のなかで何度も叫んだ。
 でも脚本書いているのは自分なんだけどね。
 身が引き剥がされる思いだった。
 この気持ちをどうにかせなあかん!
 と思って次の日に告白したんだ
 “好きで堪らないっす”って」

答えはNG。

それから何度も告白を試みたシノダ氏だったが・・・

「シノダさんは良い人だと思っているけれど
 恋愛対象としては見れない」

といったある意味辛い断り理由が
返ってくるとの事でした。

その日の場の雰囲気は異常だったのか、ある人は
「もう止めた方がいいって。次に進まなきゃ!」
と当然の言葉を投げかけてくる人もいれば

「なんとか相手を振り向かせたいな。
 何か良い方法はないか?」
と対処方法を模索する人もいた。

結果、翌日か翌週にシノダさんが
その好きな相手のために撮りためた一部のショートムービーを
会社の業務終了後に皆で観よう!
という何とも謎めいた成行になりました。

野次馬心って恐い・・・(汗)

さてさて、どういった形になるか、乞うご期待!

【次回へつづく】