アイ・アム・ア図書館司書|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
渚のシンドバッドの歌真似が得意なアイツ、 実は昨夏、マンション買っちゃいました。きっと君も泣く!約15年のローン返済計画
 

魔女っ子ツノダさん(31)


生まれは四国・徳島県。
流行りの“うどん県”ではありませんがやはりうどんは主食!
でも私はベジタリアン。

ロクに故郷の事も知らないままに上京したのは18歳のとき。目的は大学への進学でした。

キャンパスライフを満喫する事を夢見ていたが・・
冷静に物事を見てしまう性格故か、あえなく馴染めずリア充生活脱落。
大学生活に疑問を抱いてアルバイトに精を出す毎日(苦笑)

中でも3年間勤めた個人経営のイタリア料理店は、キッチン&ホールを担当し続け高校生のお客さんからラブレターを何通貰ったことかって(エヘン)過去の栄光になっています(泣)
決して美人ではないが、仮面を気にいってくれる人が多かったようだ。
果たして素直に喜んでいいものでしょうか??

さて、新卒で入った会社は某大手証券会社。ですが、バリバリの上下関係、昭和気質の社風が合わずに約2年で退職(でも同期では長く続いた方!みたいな)。

しばし、スポット派遣でフード系やミーハーではなかったのですが、ジャニーズのイベントの手伝いビラ配りなどで生計を立てながら、以前から憧れていた大手マスコミ会社のOA事務長期派遣スタート!

でも、憧れとは裏腹な環境で半年で終了(トホホ・・)

それから御縁があってWEBメディアを扱っている会社で、3年ほど勤めて、現在は食品会社で営業サポートに従事しています。

「運命って不思議だね〜」って唄ってしまいそうなテンション。

若いときは「とにかく有名企業!大手以外ありえない!」みたいな、我侭な私の仕事観もだいぶ変わってきたと感じる今日この頃です。

− 昔と今で、仕事観って変わってきていませんか? −

私が今回、読者の皆さんに問うていきたいのはそういうこと。
なんとなく回数を重ねる毎に核心に迫れればなと考えています。

モットーは[気楽に。]
気楽過ぎると言われる事もありますが(笑)
只今、ローン早期返済を目指して気楽に頑張り中!
応援よろしくお願いします。



■住まい
せんべいが有名な埼玉県草加市

■出没スポット
草加市の行きつけのバー

■似ている芸能人
多部ちゃん

■特技
何でも指さしてしまう癖があります。
※親しい人にはよく注意されます。。
魔女だけに魔法をかけている、とか。。
同じ癖がある人は是非やめましょう(苦笑)

■趣味
民族系の衣装が好き。
高級ウィスキーをストックするのが趣味。

過去の日記
2012年07月31日
2012年07月27日
2012年07月24日
2012年07月20日
2012年07月17日
2012年07月13日
2012年07月10日
2012年07月06日
2012年07月03日
2012年06月29日
2012年06月26日
2012年06月22日
2012年06月19日
2012年06月15日
2012年06月12日
2012年06月08日
2012年06月05日
2012年06月01日
2012年05月29日
2012年05月25日
2012年05月22日
2012年05月18日
2012年05月15日
2012年05月11日
2012年05月08日
2012年04月24日
2012年04月20日
2012年04月17日
2012年04月13日
2012年04月10日
2012年04月06日
2012年04月03日
2012年03月30日
2012年03月27日
2012年03月23日
2012年03月19日
2012年03月16日
2012年03月13日
2012年03月09日
2012年03月06日
2012年03月02日
2012年02月28日
2012年02月24日
2012年02月21日
 
2012年03月09日(金)
アイ・アム・ア図書館司書

大学で教職過程は、フェードアウトしたのですが
図書館司書の資格は取得した私。

そこに何故だか目を付けた広報部の部長は
会社の書庫があるから整理して!
っていう謎の業務を押し付けてきました。

メディア会社だからか何故だか、
その会社には図書館があったのですが、
取材や研究で参考にした雑誌系、社内報、広報誌など
分類できていないものに関しては、
書庫に置きっ放しにしているとの事でした。

書庫の鍵は、例の女将が管理しているとの事で
部長から
「Hさん(女将の名前)書庫の鍵を
 ツノダさんに渡して!」
と言われるとシャキっと女将は
キーを渡して私を書庫に案内してくれました。

書庫は会社の地下3階にありました。
ひゃーなんだか迷路みたいなビルディングだな。
とたまに、散策しておりましたが
女将は
「こんな汚いところ、早くズラカリたいわ」
と早くデスクに戻って、ソリティア業務に戻りたい様子。。。

「じゃあ、あとはよろしくね」

急々と彼女は書庫を後にして
完全密室、空気も淀んだ空間でしたが、
何だか日中の仕事盛りの時間帯に
こうして自分のペースで作業を進められる事が
私にとってとても嬉しかったです。

図書館司書の資格を持っている、といっても
実際の業務経験を得ているわけでもなく
整理整頓、データベース構築
優れているわけではないのですが、私は。。。

無言のアピールできる要素があって良かった
とほんわり思い耽りました。

さて、実際の書庫の作業は、というと。

とりあえず、山のように積まれている書物、
印刷物を整理整頓を兼ねて
「どこに何があるか?」
とサクッと検索できるようにしようと考えました。

各棚、各段に対して「A-1/B−2」など
判別し易い名称を付けて
書物名、簡略、著者、発行年月日など
検索できるようにしようと思い
MS-Accessでひたすら入力する事にしました。
ノートPC持参で。 打つべし!打つべし!ペンペペンペン。

作業を進めていくとですが
「これ絶対レアだろ?」
っていうちとボロい冊子を見つけたり
ゴシック系の情報を売りにしている
アンダーグラウンド雑誌を手にとってみたりと
発見あり、涙あり、へぇ〜ありで
迅速に作業は進みませんでした。

現在思うと「簡略」という項目を作ったのが難儀で
逐一、内容をサラっと読んで理解しないといけませんでした。
でも、検索するには欠かせないと思ったので、
仕方ないのですがね。

書庫の作業中は気分的に
また馬鹿笑いしている自分を
見られたくなかったので鍵を閉めていた自分。

しかし、この書庫の閉錠が
あの女将の不信感を募らせる事になろうとは・・・
この時の私は知る由もありませんでした。。トホホ

【次回へつづく】