燃え尽き症候群|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
アラフォー派遣の王女さま。外見、内面のギャップあり。夢追い人の情熱冷めない挑戦記
 

レンさん(40)


専門学校を卒業後は社員として船舶関連の企業に入社するも、甲板から落ちてしまい負傷。
その後通院するも会社へ復帰することなく派遣の道に入りました。

船舶会社で身に着けたブライドタッチを引っ提げて不動産、商社、大手インフラ、特殊法人・・・と渡り歩いてEXCEL、WORDPOWER POINTはかなりの腕前に、社内レイアウトも任されるようになり、VISIOなどのドローソフトも扱い、社内のテクサポもやりました。
現在ではおもに経理事務です。
その延長線上で社長秘書的なこともしばしば・・・

また派遣の登録するきっかけとして、「即戦力」となる資格が欲しくて、某一流大学の通信課程で勉強して、そろそろ卒業というところまでこぎつけました。
働き方という点では夢を叶えるという強みを派遣は持っているというか

目標を持った人なら「派遣」という生き方は間違っていないと思うのです。

そんな派遣を生き抜く私は、休日は自分のために時間をたっぷり使います。

将来を見据えたという働き方ではなく、「目標」や「夢」の為に自分の時間を有効に使う目的で派遣を選択したのに、プロという見方をされるので、最後まで手を抜くこともできないのが現状で、予定していない残業を断われないことも多々あります。

私の夢は、大学を卒業予定ですので、その大学の教職課程で教員免許を取得後は、学校の先生をやろうと考えています。
それまで、まだまだ派遣は続けていこうと思っています。



■特徴
ロングヘアで、美容命の40年を経ているので、まず派遣先でも出先でも自分と同じような年齢の方でも私が年下とみられるようで、「ため口」をきかれるのですが年齢を明かすといきなり「敬語」を使われるのが常です。
過去の日記
2012年02月17日
2012年02月14日
2012年02月10日
2012年02月07日
2012年02月03日
2012年01月31日
2012年01月27日
2012年01月24日
2012年01月20日
2012年01月17日
2012年01月13日
2012年01月10日
2011年12月27日
2011年12月20日
2011年12月16日
2011年12月13日
2011年12月09日
2011年12月06日
2011年12月02日
2011年11月29日
2011年11月25日
2011年11月22日
2011年11月18日
2011年11月15日
2011年11月11日
2011年11月08日
2011年11月04日
2011年11月01日
2011年10月28日
2011年10月25日
 
2012年02月07日(火)
燃え尽き症候群

こんにちは、レンです。

大学の卒業試験は、確かな手ごたえと
試問試験の立ち会った教授からは
「よく答えられたね」
というお墨付きをいただいて、
緊張の中終わることができました。

これで終わりではなく、今も教職の手続きを
とっているのですが、
あまりにも長かった学生生活がこれで終わるのか・・・
と思うと言葉にできない達成感とともに

これから、何をやっていけばいいのか。

ふと、空虚な自分に気が付いてしまったのも事実です。

「こ、これは。もしや燃え尽き症候群?

あまりにも、大きな達成感はあっけなく消え
こころの中に生まれた何もない感じ・・・

これではいけないと、はっきりと感じ
次なる目標に向かって、
実務的に動き出すことにしました。

図書館通いが、これで終わるわけではないと
心に言い聞かせて、試験終了後には
本屋で立ち読みをして、
魂の入っていそうな本を手当たり次第
立ち読みして、店員さんの前で読み漁りました。

次のステップは決まっている。

自分にそう言い聞かせて家路についたのでした。

私の卒論は、大学の所蔵となりましたので
誰でも読むことができます。
卒論指導の先生からは、
「後輩に受け継いでくださいね」
と言っていただけた。

卒論の内容は、学校の子どもの人権について
書いたもので、子どもが、
なぜ“いじめ” に巻き込まれてしまうのか
を題材にしたもので、
実は、これは大人社会でも起きている
現象なのだという研究です。

一応、法学部の学生なので、
リーガルマインドで書いたのです。
しかし実際には読みやすく
“いじめ”についての考え方が
少しは変わるのではないかと自負しています。

仕事をしながらの作業だったので

身の上にあったことを書きたい気持ちもありましたが
客観的な立場を貫いて書いたつもりです。

このブログを読まれている人は、
ぜひ社会では“いじめ”に加担しない
「傍観者」にならない努力をしてみてください。

見て見ぬふりや、保身で行う嫌がらせは
“いじめ”でしかないです。

本当は、皆すばらしいのはわかっていますが
社会で集団になるとどうしても
身の置き所にこまってしまって、
“いじめ”を発生させやすくしてしまうのが 人間の弱さです。

“いじめ”をやる人は、強い人間ではなく、
弱くて集団で依存しているということです。

“いじめ”を行うということは、
その人のストレス発散でしかなく、
相手に非がなくても行われる行いなのです。

お互いに、すがすがしく気持ちを表現しながら
仕事ができる。それが大人です!