派遣女子、生活費裏事情|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
アラフォー派遣の王女さま。外見、内面のギャップあり。夢追い人の情熱冷めない挑戦記
 

レンさん(40)


専門学校を卒業後は社員として船舶関連の企業に入社するも、甲板から落ちてしまい負傷。
その後通院するも会社へ復帰することなく派遣の道に入りました。

船舶会社で身に着けたブライドタッチを引っ提げて不動産、商社、大手インフラ、特殊法人・・・と渡り歩いてEXCEL、WORDPOWER POINTはかなりの腕前に、社内レイアウトも任されるようになり、VISIOなどのドローソフトも扱い、社内のテクサポもやりました。
現在ではおもに経理事務です。
その延長線上で社長秘書的なこともしばしば・・・

また派遣の登録するきっかけとして、「即戦力」となる資格が欲しくて、某一流大学の通信課程で勉強して、そろそろ卒業というところまでこぎつけました。
働き方という点では夢を叶えるという強みを派遣は持っているというか

目標を持った人なら「派遣」という生き方は間違っていないと思うのです。

そんな派遣を生き抜く私は、休日は自分のために時間をたっぷり使います。

将来を見据えたという働き方ではなく、「目標」や「夢」の為に自分の時間を有効に使う目的で派遣を選択したのに、プロという見方をされるので、最後まで手を抜くこともできないのが現状で、予定していない残業を断われないことも多々あります。

私の夢は、大学を卒業予定ですので、その大学の教職課程で教員免許を取得後は、学校の先生をやろうと考えています。
それまで、まだまだ派遣は続けていこうと思っています。



■特徴
ロングヘアで、美容命の40年を経ているので、まず派遣先でも出先でも自分と同じような年齢の方でも私が年下とみられるようで、「ため口」をきかれるのですが年齢を明かすといきなり「敬語」を使われるのが常です。
過去の日記
2012年02月17日
2012年02月14日
2012年02月10日
2012年02月07日
2012年02月03日
2012年01月31日
2012年01月27日
2012年01月24日
2012年01月20日
2012年01月17日
2012年01月13日
2012年01月10日
2011年12月27日
2011年12月20日
2011年12月16日
2011年12月13日
2011年12月09日
2011年12月06日
2011年12月02日
2011年11月29日
2011年11月25日
2011年11月22日
2011年11月18日
2011年11月15日
2011年11月11日
2011年11月08日
2011年11月04日
2011年11月01日
2011年10月28日
2011年10月25日
 
2011年11月15日(火)
派遣女子、生活費裏事情

こんにちは、レンです。

派遣暮らしも長くなると生活のやりくりは、
もはや
「生活費一万円生活!!!」
に近いものがあります。

ではどのような生活費の節約ができるか、
自分のできている
範囲でご披露したいと思います。

まず、家賃ですが、私が新卒の時に
入社した会社の上司が、
「家賃は、給料の1/3を超えてはならない!」 と教えてくださいました。

ので、その教えは相変わらず守っております。

しかしながら、派遣というものは、
不安定になりがちなので、収入が増えようと減ろうと
私は10年以上変わらず
家賃は1/4上限を目標としてやっております。

あと光熱費のことですが、当たり前のことばかりで
寒ければ、湯たんぽ。
その湯たんぽの水は、
朝になったら、植木のお水にしたり、
暑ければウチワです。
なるべくなるべく電気ONを
しないように生活をしています。

お鍋などは一度熱をいれれば、
あとは余熱で煮詰まるような
ものを利用したり、
作り置きをして、
あとは冷凍をして
自然解凍で食べられるように
準備しておくとか。

例えば、
パスタを茹でる・・・なんてのは
一分グラグラと沸騰したお湯でパスタを茹でたら、
あとは火をけして蓋をしめておくと、
余熱で表示時間のちょっと多めで、 パスタは美味しく茹でられている・・・・
というようなケチです。

あと、雑費とか食費とか保険料などは封筒に分けて、
必要に応じて、そこから使うようにして、 あとは銀行に置いておく。
余剰を計算して定期にしておくなど
まめに預け入れをして記帳して
管理するようにしています。

私の目標は、お金を貯めることではないので
運転資金は、仕事と仕事の見つかるまでの
インターバルに使うなどして、
あわてて仕事を探したりせず、
じっくりと良い職場さがしの為に
そのインターバルをあえて
楽しむことなどにあてています。

それほどギスギスしない程度の
預貯金があればいいと思っているので、
あまりお金を貯めこんではいません。

あと学費がかかっていますので
その分の皺寄せがあるかと思いますが、
案外、通信制の大学は安くて、
しかも奨学金制度もありますので、
それなどを利用して負担を軽くする方法も
利用したりしています。

もうじき卒業ですから、今は卒論の追い込みで
夜更かししています。
しかし暖房器具など使わないようにしようと
湯たんぽを抱えての夜なべをしています。

ですから生活はとっても原始的です!!!!

本日は、会社で仲の良い20代後半の
社員の女の子から
「結婚資金っていったい幾らいるのか」
というお題でお話しが盛り上がり、
ひたすら話し合った結果、
「人それぞれ」という
結論にいたりしました。

もうじき苦手な忘年会のシーズンがやってきますね。