良い職場、離れがたし|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
アラフォー派遣の王女さま。外見、内面のギャップあり。夢追い人の情熱冷めない挑戦記
 

レンさん(40)


専門学校を卒業後は社員として船舶関連の企業に入社するも、甲板から落ちてしまい負傷。
その後通院するも会社へ復帰することなく派遣の道に入りました。

船舶会社で身に着けたブライドタッチを引っ提げて不動産、商社、大手インフラ、特殊法人・・・と渡り歩いてEXCEL、WORDPOWER POINTはかなりの腕前に、社内レイアウトも任されるようになり、VISIOなどのドローソフトも扱い、社内のテクサポもやりました。
現在ではおもに経理事務です。
その延長線上で社長秘書的なこともしばしば・・・

また派遣の登録するきっかけとして、「即戦力」となる資格が欲しくて、某一流大学の通信課程で勉強して、そろそろ卒業というところまでこぎつけました。
働き方という点では夢を叶えるという強みを派遣は持っているというか

目標を持った人なら「派遣」という生き方は間違っていないと思うのです。

そんな派遣を生き抜く私は、休日は自分のために時間をたっぷり使います。

将来を見据えたという働き方ではなく、「目標」や「夢」の為に自分の時間を有効に使う目的で派遣を選択したのに、プロという見方をされるので、最後まで手を抜くこともできないのが現状で、予定していない残業を断われないことも多々あります。

私の夢は、大学を卒業予定ですので、その大学の教職課程で教員免許を取得後は、学校の先生をやろうと考えています。
それまで、まだまだ派遣は続けていこうと思っています。



■特徴
ロングヘアで、美容命の40年を経ているので、まず派遣先でも出先でも自分と同じような年齢の方でも私が年下とみられるようで、「ため口」をきかれるのですが年齢を明かすといきなり「敬語」を使われるのが常です。
過去の日記
2012年02月17日
2012年02月14日
2012年02月10日
2012年02月07日
2012年02月03日
2012年01月31日
2012年01月27日
2012年01月24日
2012年01月20日
2012年01月17日
2012年01月13日
2012年01月10日
2011年12月27日
2011年12月20日
2011年12月16日
2011年12月13日
2011年12月09日
2011年12月06日
2011年12月02日
2011年11月29日
2011年11月25日
2011年11月22日
2011年11月18日
2011年11月15日
2011年11月11日
2011年11月08日
2011年11月04日
2011年11月01日
2011年10月28日
2011年10月25日
 
2011年11月11日(金)
良い職場、離れがたし

こんにちは、レンです。

派遣も長く続けていると、
良い職場、悪い職場と振り返ると
様々ありました。

私の場合 派遣先が「良い」と感じたいくつかの例をあげますと

1.休憩場所がちゃんとある。

2.契約上の仕事を社内の方が把握してくれている。

3.人間関係がスムーズ

とこんな感じです。
居心地の良い派遣先を離れる際は、本当に断腸の想いです。

「また、戻ってくるんでしょ?」
なんて優しい言葉をいただいたり

たぶん何かのついでだと思いますが、
送別会をしてくれたり
個人的に品物をいただいたり・・・と

日々、お給料をいただいてプロ意識をもって
働いているわけですが、そうした仕事の姿勢を
わかっていただいて、信頼関係が築き上げられる
と職場は本当に居心地の良いものになってきます。

つくづく「こんな職場なら社員で働きたいな・・・」
思う瞬間なのです。

夢を諦めるのか、その職場に残るために努力するのか
派遣という道を選んだ意味を問いただす瞬間が
度々起きるわけです。

たとえば、満期を迎えて、
「紹介予定派遣制度というものが」
という説明をしていただいたこともありますが、
丁寧にこちらの意向をお伝えして、
「ご縁がありましたらまたお声掛けください」
と申し上げる瞬間は、
なんとも心に深く滲むものがあります。

もちろんこのような良いお話は、
そうそうあるものではありません。

単発も多くこなしておりますと、
小さな一軒家のような場所で、
営まれているところでの庶務などは、
ゴミだし、お茶出しは当たり前で、
社員の方の用のマンション(社宅?)を借りてきたりと
様々なも経験していますし、

女性の社員が、ひとりもいない場所で
派遣だった時は、毎日トイレ掃除もさせていただきましたよ。

しかし、今考えると、そうした場所の方が
私の人生には必要といえば必要!!!

居心地が良くて、夢を放り投げてしまったら
と考えると、環境の良い場所で働かせていただけた
という経験もありがたく、
そして、
なんとも味わいたくない廃墟のような場所での
お仕事であろうと、
自分の「夢」を諦めてはいけないための
経験なのだとつくづく感じる今日この頃なのです。

今の職場はそういう意味では、
すべて包括したような場所です。

本日は月末の処理が一段落し、期末に向けての準備と
ルーティンをこなして、
3時のおやつに営業の方からいただいた甘味を
女性達で仲良く切り分けいただきました。

こういう瞬間が至福のひとときですね。