派遣だって辛いよ・・・残業なし、とは努力の賜物|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
アラフォー派遣の王女さま。外見、内面のギャップあり。夢追い人の情熱冷めない挑戦記
 

レンさん(40)


専門学校を卒業後は社員として船舶関連の企業に入社するも、甲板から落ちてしまい負傷。
その後通院するも会社へ復帰することなく派遣の道に入りました。

船舶会社で身に着けたブライドタッチを引っ提げて不動産、商社、大手インフラ、特殊法人・・・と渡り歩いてEXCEL、WORDPOWER POINTはかなりの腕前に、社内レイアウトも任されるようになり、VISIOなどのドローソフトも扱い、社内のテクサポもやりました。
現在ではおもに経理事務です。
その延長線上で社長秘書的なこともしばしば・・・

また派遣の登録するきっかけとして、「即戦力」となる資格が欲しくて、某一流大学の通信課程で勉強して、そろそろ卒業というところまでこぎつけました。
働き方という点では夢を叶えるという強みを派遣は持っているというか

目標を持った人なら「派遣」という生き方は間違っていないと思うのです。

そんな派遣を生き抜く私は、休日は自分のために時間をたっぷり使います。

将来を見据えたという働き方ではなく、「目標」や「夢」の為に自分の時間を有効に使う目的で派遣を選択したのに、プロという見方をされるので、最後まで手を抜くこともできないのが現状で、予定していない残業を断われないことも多々あります。

私の夢は、大学を卒業予定ですので、その大学の教職課程で教員免許を取得後は、学校の先生をやろうと考えています。
それまで、まだまだ派遣は続けていこうと思っています。



■特徴
ロングヘアで、美容命の40年を経ているので、まず派遣先でも出先でも自分と同じような年齢の方でも私が年下とみられるようで、「ため口」をきかれるのですが年齢を明かすといきなり「敬語」を使われるのが常です。
過去の日記
2012年02月17日
2012年02月14日
2012年02月10日
2012年02月07日
2012年02月03日
2012年01月31日
2012年01月27日
2012年01月24日
2012年01月20日
2012年01月17日
2012年01月13日
2012年01月10日
2011年12月27日
2011年12月20日
2011年12月16日
2011年12月13日
2011年12月09日
2011年12月06日
2011年12月02日
2011年11月29日
2011年11月25日
2011年11月22日
2011年11月18日
2011年11月15日
2011年11月11日
2011年11月08日
2011年11月04日
2011年11月01日
2011年10月28日
2011年10月25日
 
2011年11月01日(火)
派遣だって辛いよ・・・残業なし、とは努力の賜物

こんにちは、レンです。

今週は、月末の処理が立て込んでいる上に
大学へ夜間通っている関係上バタバタしています。

こういう時は、
派遣だから残業を切り上げて
退社できるんだろう・・・

と思われるでしょうが大間違いです。

やはり、処理が終わらなければ、
その日は帰れないのです。
私は、週末に学校の予定を立てているので
月末の週末というのは、
どうしても、業務が煩雑な上に
多忙を極めてしまいます。

社員の方と我々の作業は、完全に縦割りなもので、
引き継いで帰るということは、
できないシステムになっています。
社員の方は、社員の方でやらねばならないことがありますので
私たちは同僚(同じ立場の派遣同士で)補い合う必要が
あるのでコミュニケーション能力というのがとても肝心と
なってきます。

お互いに理解をしあって残業ができる時は、
その方に成り代わって処理を進めたり、
あるいは自分の事情を説明して定時に、
退社できるよう話を通しておかねばなりません。

最初のうち、職場に慣れるまでに、
同僚の関係性がうまくいっていないと
こういうことが可能かどうかという問題なのですが

私の意見をいいますと・・・

実は、
人となりを知れば知るほど
事務的な事は、頼みにくいこともあり、
親しさとは、仕事の頼みやすさと比例しないのだ。

と感じることもしばしなのです。

たとえば同じような業務をしている同僚に
「今日は学校でどうしても定時にあがりたいから
 この処理をお願いしたい」
と頼むとしましょう。

相手の立場たとえば、お子さんが小さいとか
家庭の事情を知っているとすると
自分の都合だけを通していいのかしら・・・
というジレンマが生まれるのです。

もちろん残業というのは、立場がら上司に許可を
得ないとさせてもらえないことも多く、
根回しも必要です。

月末、月初という繁忙期は、暗黙のルールで残業ですが
ルーティーンが残業だと威圧的な空気もあり、
派遣という立場が社員の方のように
自分の裁量で仕事ができるかは、
本当に難しく、つねに直属の上司と相談、連絡が
必要となってきます。

メリットとしては派遣ですから、
普通の時給よりも25%多くいただいて、
仕事ができるので稼げる!につきます。

しかし残業が多くなると評価が下がってしまう。
という不思議な現象が起きます。

私たちは限られた時間内で
より正確さと、速度を求められた環境で、
業務を進めなければならないというプレッシャーの中で
自由を勝ち取っているといえるのです。

ですから。より安定を求める方は、正社員を・・・

そして、私に限らず夢や自分の時間の確保を求める方
派遣という働き方を・・・

と選択肢を選ぶ方は周囲には多いようですね。

知っている方は、お金がたまると海外に数か月滞在して
お金がなくなると戻ってきて仕事。という方もいます。