人生ルーティーンワークとイレギュラーの繰り返し|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
アラフォー派遣の王女さま。外見、内面のギャップあり。夢追い人の情熱冷めない挑戦記
 

レンさん(40)


専門学校を卒業後は社員として船舶関連の企業に入社するも、甲板から落ちてしまい負傷。
その後通院するも会社へ復帰することなく派遣の道に入りました。

船舶会社で身に着けたブライドタッチを引っ提げて不動産、商社、大手インフラ、特殊法人・・・と渡り歩いてEXCEL、WORDPOWER POINTはかなりの腕前に、社内レイアウトも任されるようになり、VISIOなどのドローソフトも扱い、社内のテクサポもやりました。
現在ではおもに経理事務です。
その延長線上で社長秘書的なこともしばしば・・・

また派遣の登録するきっかけとして、「即戦力」となる資格が欲しくて、某一流大学の通信課程で勉強して、そろそろ卒業というところまでこぎつけました。
働き方という点では夢を叶えるという強みを派遣は持っているというか

目標を持った人なら「派遣」という生き方は間違っていないと思うのです。

そんな派遣を生き抜く私は、休日は自分のために時間をたっぷり使います。

将来を見据えたという働き方ではなく、「目標」や「夢」の為に自分の時間を有効に使う目的で派遣を選択したのに、プロという見方をされるので、最後まで手を抜くこともできないのが現状で、予定していない残業を断われないことも多々あります。

私の夢は、大学を卒業予定ですので、その大学の教職課程で教員免許を取得後は、学校の先生をやろうと考えています。
それまで、まだまだ派遣は続けていこうと思っています。



■特徴
ロングヘアで、美容命の40年を経ているので、まず派遣先でも出先でも自分と同じような年齢の方でも私が年下とみられるようで、「ため口」をきかれるのですが年齢を明かすといきなり「敬語」を使われるのが常です。
過去の日記
2012年02月17日
2012年02月14日
2012年02月10日
2012年02月07日
2012年02月03日
2012年01月31日
2012年01月27日
2012年01月24日
2012年01月20日
2012年01月17日
2012年01月13日
2012年01月10日
2011年12月27日
2011年12月20日
2011年12月16日
2011年12月13日
2011年12月09日
2011年12月06日
2011年12月02日
2011年11月29日
2011年11月25日
2011年11月22日
2011年11月18日
2011年11月15日
2011年11月11日
2011年11月08日
2011年11月04日
2011年11月01日
2011年10月28日
2011年10月25日
 
2011年10月28日(金)
人生ルーティーンワークとイレギュラーの繰り返し

こんにちは、レンです。

今週はそろそろ期末の処理と合わせて
5、10日(ごとうび)の末締めの処理がメインで
手を抜くと怖ーいルーティーンをこなした上に
書類作成と入力処理の日々でした。

私、現在のお仕事はある業界の経理部門で
沢山の同じような非正規雇用の方々とお仕事
をしています。

以前の大手企業と違って中小企業で社風が
はっきりしていますので、年中行事もしばし強制参加です。
たとえば消防訓練や、納会、忘年会・・・などなどです。

私のとっては、この会社での行事
(特に飲みニケーション?はとっても重荷になっています。)
そのことについては、のちのちお話しをしていきますね。

さて、派遣の登録について
誰でも最初はどうすればいいのか
どうやってお仕事をするのか
だれに相談すればいいのかわからないものです。

私自身も、手さぐりである日突然
その世界に飛び込んだわけです。

かれこれ15年は経つと思いますが、
今でもその最初の登録のことを覚えています。

派遣登録した先は、有名な大手の派遣会社。

そして紹介された先は、大手ゼネコンでした。

スーツを着てカチカチに緊張した私は
「皆さんの前でご挨拶して」
と言われて、
「よろしくお願いいたします!」
としかいえなかったのを覚えています。

もちろんその企業では、
派遣社員はとても多くて
みなさんとてもあか抜けていて
 (そういう風に見えるんですよね)
もう周囲はベテランばっかりに見えたわけです。

しかし時給は、初心者といっても
きちんと一人前の金額を
いただいているので即戦力にならないと。。。
というプレッシャーが凄かったと思います。
 (当時は未経験1500円スタートでした)

最初は、部内で直属の上司と呼ばれている方に
仕事の流れややり方を聞いて、
自分の場所を与えられて社内の説明を受けて・・・
とまず新入社員と同じ扱いを受けるわけです。

電話の出方(機械のマニュアルという意味で)や
他部署や部内の説明などある程度説明を
うけたらさっそくお仕事です。

最初は「派遣さん」と呼ばれていました。

周りをみると名前を覚えてもらっている人はごく少ない
限られた本当に長期の方ばかりで
「派遣さん」と呼ばれると数人がサッっと振り返るような
環境だったので、自然と同じ境遇の方々とは
仲良くなれる職場でした。

私自身は、派遣を通じて感じたのですが、

自分を救ったのは、
「笑顔」

「前向きで、はきはきした対応」
それにつきました。

ある程度わからないことも、
"もじもじ"していては
教えてもらえないですし、
双方がまだ人となりを知らない場合は、
「笑顔」が解決してくれるものだ
と「派遣」を通じて学びました。

あと派遣という職業柄、ある程度の年数を経ると
満期を迎えるもので、その度に新しい職場、新しい仕事
と一気に環境も変化し、それを受け入れていかねばなりません。

そういう時は、自分の勘ばかりを
頼っていてもダメな時はダメです。

ですから私は必ずノートを作って
作業を把握するようにしています。

特に、今は経理という仕事がら、
カレンダーの何日から何日は、
この会社の請求書を作る。
など忘れてはいけないことは
カレンダーと自分のノートに書きこみ
毎日確認するようにしています。

派遣という立場だからといって、
社員より簡単な仕事をしているかというと
そうではないですし、ある意味、時給に見合った仕事を
任されているので重要な仕事を任されてもいますし
ミスも許されないわけです。

あと、私は、極力残業をしたくないので
効率を図るという意味で、
引き継ぎ時には、完全に把握できるように
ノートを作って、理解を深めて、
実作業ごとにインデックスをつくり
見出しで、すぐにわかるように
自分のマニュアルを作成しています。

時々、
「メモなんかとらないでちゃんと聞いて」
とか怒る人もいるので、
「メモしていいですか?」
と聞いた方がいいで。

それは企業ごとに、今でも持っているので
振り返って読んでみたりして、
もしまたこの企業で働いたら活かせるかな・・・
などと思ってもいます。

初めての派遣先のことは、
たくさん書きたいことがあるので、
長くなってしまいそうですが、
とにかく良い職場だったので、
そこを基準にしてほかの企業を
比べてしまうこともしばしです。

現在の職場は・・・ご時世でしょうか
とても不安がいっぱいです。
経理というのは、
他の企業さんの経営状況が
目に見えるように
わかる部署ではあるのです。

取引先の萎縮や統廃合、
いろいろと景気が影響する影が押し寄せ
それが数字に表れるものですね。

おそらく私自身のフィールドワークと
夢の実現が近づいたら、そのような不安は払拭できる!
と心に強くもっています。
信じる力が強くなければ、
また「生活」に押し流されてしまいそうです。

「継続は力なり。」
私はいつもそう思って、
「夢は諦めなければ叶う」
のだと思っています。

お話がちょっと横道にそれたりして
長くなってしまいまして申し訳ありません。
読んでいただいてありがとうございます。