夢は学校の先生|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
アラフォー派遣の王女さま。外見、内面のギャップあり。夢追い人の情熱冷めない挑戦記
 

レンさん(40)


専門学校を卒業後は社員として船舶関連の企業に入社するも、甲板から落ちてしまい負傷。
その後通院するも会社へ復帰することなく派遣の道に入りました。

船舶会社で身に着けたブライドタッチを引っ提げて不動産、商社、大手インフラ、特殊法人・・・と渡り歩いてEXCEL、WORDPOWER POINTはかなりの腕前に、社内レイアウトも任されるようになり、VISIOなどのドローソフトも扱い、社内のテクサポもやりました。
現在ではおもに経理事務です。
その延長線上で社長秘書的なこともしばしば・・・

また派遣の登録するきっかけとして、「即戦力」となる資格が欲しくて、某一流大学の通信課程で勉強して、そろそろ卒業というところまでこぎつけました。
働き方という点では夢を叶えるという強みを派遣は持っているというか

目標を持った人なら「派遣」という生き方は間違っていないと思うのです。

そんな派遣を生き抜く私は、休日は自分のために時間をたっぷり使います。

将来を見据えたという働き方ではなく、「目標」や「夢」の為に自分の時間を有効に使う目的で派遣を選択したのに、プロという見方をされるので、最後まで手を抜くこともできないのが現状で、予定していない残業を断われないことも多々あります。

私の夢は、大学を卒業予定ですので、その大学の教職課程で教員免許を取得後は、学校の先生をやろうと考えています。
それまで、まだまだ派遣は続けていこうと思っています。



■特徴
ロングヘアで、美容命の40年を経ているので、まず派遣先でも出先でも自分と同じような年齢の方でも私が年下とみられるようで、「ため口」をきかれるのですが年齢を明かすといきなり「敬語」を使われるのが常です。
過去の日記
2012年02月17日
2012年02月14日
2012年02月10日
2012年02月07日
2012年02月03日
2012年01月31日
2012年01月27日
2012年01月24日
2012年01月20日
2012年01月17日
2012年01月13日
2012年01月10日
2011年12月27日
2011年12月20日
2011年12月16日
2011年12月13日
2011年12月09日
2011年12月06日
2011年12月02日
2011年11月29日
2011年11月25日
2011年11月22日
2011年11月18日
2011年11月15日
2011年11月11日
2011年11月08日
2011年11月04日
2011年11月01日
2011年10月28日
2011年10月25日
 
2011年10月25日(火)
夢は学校の先生

はじめまして。
自称派遣の女王ことレンと申します。

といいましても、単に派遣でのお仕事が長いというだけで、
どこの派遣先でもやはり初出勤はとても緊張してしまいます。

つくづく感じますが、
派遣先の特徴といいますか、
社風にはいつも
驚かされてしまうのが本音です。

このブログでは、そういった派遣での出来事や、
派遣で培ったノウハウや、処世術、
また、なぜ派遣という働き方を選んだのか
徐々に綴っていきたいと考えております。

総じて、読者の方に少しでも
派遣という働き方をメリット
考えていただけたらと思います。

まず、私は一番最初新卒で入社した会社では
正社員として働いていました。

社員でいる間は社員のメリットといいますか
見いだせなかったといいますか。
新卒の初任給手取り13万(基本給ベース)で
都内でしたから地道に残業をしたりして、
稼ぐしかありませんでした。

年に二回のボーナスを入れても
年収は300万やっと超えるかというラインで、
財形と定期の積み立てを差し引くと
かなり切り詰めた生活をしていました。

それに私は夢がありましたから、
事務職のまま安穏と一生を過ごすと
思っていませんでした。

このまま残業を毎日繰り返して、
自分の時間がどんどん無くなっていくことに
非常に疑問を感じました。

一つの事件が勃発したのは、
会社の出向先で、ある調査を依頼され、
港へ行ったとき、(船舶関連企業に入社したもので)
足を骨折してしまう業務中の事故(労災)
にあったのです。

会社は、中小企業でしたから
私の変わりにその事務職を片す人もなく
通院をしながら会社へ通いました。

労災のメリットを一つも生かすことなく
治療と通勤を余技なくされ
「生活ための労働」について
ますます疑問を持ちました。

それで結局完治したのちに「夢の実現」
強く意識し辞職に至ったのです。

生活の糧を失って夢を追いかけ
無計画、無鉄砲になるほど愚かではないので
選択肢の一つである「派遣」という道に進みました。

「派遣」登録には数社におよび、
自分のできる範囲の中で最大限
職場で能力を発揮することで、
自分の時間も有効に使えるという
メリットを利用したいと考えたのです。

夢は学校の先生になりたいのです。

私は語学の専門学校卒業後、
入社したので短大や大学の修士を持っていません。
ですから、まず、
大学を卒業し、それと同時に教職課程を
履修しなければならないのです。
これは長い道程でした。

いまでは夢の実現まであと少しというとこです。

夢の実現のための道程も、
派遣で生活という生き方もすべて
順風満帆とはいかないもので
「山あり谷あり」を経験しました・・・・

振り返ればその経験すべてが、 「ありがたい」と感じるほど
年だけはとってしまったようですが。

このような私のブログを読んでいただけると嬉しいです。