カルチャーショック|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
ありがとう派遣業界、おっとり派の彼女に一同、首ったけ。実は“競技かるた”が得意です!
 

こっぺぱんださん(29)


現在は正社員として国際運送業に関わる仕事に従事。

大学生のとき、派遣会社の内勤スタッフに憧れるようになり、内勤アルバイトに応募。
経理で採用され、登録スタッフへの給与支払いなどを担当。だんだんコツをつかんで、社員からも信頼され、「私ってできる人かも?」と思い始める。

その後、就職するにあたり、他の派遣会社の経理職に応募。とんとん拍子で採用される。
輝く未来が待ってると思って入社した先は、経理という大奥、加えて派遣業界の激務、さらには書類仕事が苦手な派遣営業さん、チェックに厳しいスタッフさん、難儀な質問ばかり投げかける支店の事務員さん。。。などなど

おなかいっぱいの思い出を抱え、16ヶ月後、退職。
その後、未知の業種に正社員として就職。
派遣業界で身に付けたピリッと感とスピードで業務をこなすと、なぜか「できる新人」との評価を得る。

ありがとう派遣業界。
感謝しています。
はじめて「同僚」として接する派遣社員さん。
派遣社員受け入れの決定を正社員として目の当たりにする不思議さ。
そんなこんなで、今は育休明け。育児と仕事の両立がんばってます。



■住まい
 千葉県

■趣味・特技
 おっとりしてますが、“競技かるた”ができます。
過去の日記
2012年02月17日
2012年02月14日
2012年02月10日
2012年02月07日
2012年02月03日
2012年01月31日
2012年01月27日
2012年01月24日
2012年01月20日
2012年01月17日
2012年01月13日
2012年01月10日
2011年12月27日
2011年12月20日
2011年12月16日
2011年12月13日
2011年12月09日
2011年12月06日
2011年12月02日
2011年11月29日
2011年11月25日
2011年11月22日
2011年11月18日
2011年11月15日
2011年11月11日
2011年11月08日
2011年11月04日
2011年11月01日
2011年10月28日
2011年10月25日
 
2012年01月24日(火)
カルチャーショック

さて、派遣事業ではない業種の会社に、
初めて勤めた私。

すると、派遣に関することで
様々なカルチャーショックを受けました。

まずは、派遣契約について。

ある派遣社員さんに、
当初予定していたよりも、たくさんの仕事を
お任せしようという話になった時のこと。

その派遣社員さんは、
はじめに聞いた業務量を超えてしまうことに
戸惑いを感じ、悩んでいました。

それについて、他の社員たちが、
その方にはいっそ辞めていただいて、
他の派遣スタッフさんに来て頂いた方が、
本人にとっても、会社にとっても
いいのではないか

と話していたのです。

これは、派遣会社側から見ると、
とんでもないお話です。

当初と違うお仕事をお願いしたいときは、
派遣会社にも連絡していただいて、
改めて契約書を交わしたり、
時給の話をしたりしないといけません。

また、その結果ミスマッチとなり、
スタッフさんが辞める場合には、
休業手当の問題も生じます。

そういうことは、あまり派遣先の社員は
知らないんだなあと感じました。

また、派遣社員さんが電話に出ない!
と文句を言っている人もいましたが、
まず、電話応対が契約事項に入っているか
確認しないといけませんよね。

また、うちの会社では、
派遣社員さんの働きぶりがよかったら、
正社員にならないかと勧誘していました。
これも、派遣会社としては、
事前に話してもらいたい事です。

あとは、派遣会社に払っている料金の何割が、
本人に渡っているのかと
聞かれることも多くあります。
これは、単純に何割というのはわかりません。
派遣料金の決定では、
基本的にまずスタッフさんの時給が決められ、
それに、派遣会社側の費用を上乗せして
請求金額が決まるケースが多いのではないかと思います。

スタッフさんの時給は、法定賃金や、
地域相場、他社との競合を考慮して決められるので、
企業への請求料金とは、基本的に別のものなのです。

派遣先企業は、派遣社員の雇い入れにあたっては、
採用活動をすることもなく、
電話一本で必要な人材を紹介してもらえ、
採用後は、給与計算などの労務をすることもないので、
社内コストが大幅に削減できます。

派遣料金には、こういった「メリット料金」
含まれており、スタッフさんの労働への対価と
いうだけではないのです。

さて、そんなこんなで、
経理部に配属されて数カ月が経ちました。

そしてある日突然、
会社に知らない人がやってきました
聞けば、うちの経理課長は、
もうすぐ退職する予定で、
この方が新しい課長候補だというのです。

また、私のすぐ上の主任も辞める予定に
なっていていて、経理は、私とこの方の
二人体制になるというのです。
ひえー。

それからは、怒涛の引き継ぎの日々。

私は主任の業務を引き継ぐのですが、
主任はあまりしゃべる方ではないので、
自分からどんどん仕事を
奪いにいかないといけません。

そして、そんな私にさらなる困難が。
なんと、新しい経理課長候補は、
あまり経理に詳しくないことが発覚。

あちらは、「聞いていた仕事より難しい」と感じ、
こちらは、「聞いていたスキルに届かない人だ」と思う。

完全なミスマッチです。
派遣業界だったら、担当者が怒られちゃいます。
うちの部署はどうなるのでしょう。

次回に続きます。