未経験業界|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
ありがとう派遣業界、おっとり派の彼女に一同、首ったけ。実は“競技かるた”が得意です!
 

こっぺぱんださん(29)


現在は正社員として国際運送業に関わる仕事に従事。

大学生のとき、派遣会社の内勤スタッフに憧れるようになり、内勤アルバイトに応募。
経理で採用され、登録スタッフへの給与支払いなどを担当。だんだんコツをつかんで、社員からも信頼され、「私ってできる人かも?」と思い始める。

その後、就職するにあたり、他の派遣会社の経理職に応募。とんとん拍子で採用される。
輝く未来が待ってると思って入社した先は、経理という大奥、加えて派遣業界の激務、さらには書類仕事が苦手な派遣営業さん、チェックに厳しいスタッフさん、難儀な質問ばかり投げかける支店の事務員さん。。。などなど

おなかいっぱいの思い出を抱え、16ヶ月後、退職。
その後、未知の業種に正社員として就職。
派遣業界で身に付けたピリッと感とスピードで業務をこなすと、なぜか「できる新人」との評価を得る。

ありがとう派遣業界。
感謝しています。
はじめて「同僚」として接する派遣社員さん。
派遣社員受け入れの決定を正社員として目の当たりにする不思議さ。
そんなこんなで、今は育休明け。育児と仕事の両立がんばってます。



■住まい
 千葉県

■趣味・特技
 おっとりしてますが、“競技かるた”ができます。
過去の日記
2012年02月17日
2012年02月14日
2012年02月10日
2012年02月07日
2012年02月03日
2012年01月31日
2012年01月27日
2012年01月24日
2012年01月20日
2012年01月17日
2012年01月13日
2012年01月10日
2011年12月27日
2011年12月20日
2011年12月16日
2011年12月13日
2011年12月09日
2011年12月06日
2011年12月02日
2011年11月29日
2011年11月25日
2011年11月22日
2011年11月18日
2011年11月15日
2011年11月11日
2011年11月08日
2011年11月04日
2011年11月01日
2011年10月28日
2011年10月25日
 
2012年01月20日(金)
未経験業界

さて、不採用が続くと、
だんだん自信も失われてきます。
私は、面接でも、はつらつと自分をアピールすることが
できなくなっていってしまいました。

負のスパイラルです。

転職サイト、企業ホームページ、人材紹介会社。
ありとあらゆるところから、
前職と同じ人材派遣業の会社に応募しましたが、
いずれもだめ

中には、前職や、以前のアルバイト先に
関する情報ばかりを面接で質問する会社もあり、
げんなりしたことも。

そんなある日。

登録していた転職サイトに、
私宛のスカウトメールが届きました。

通勤に時間が、かかりそうだったので
はじめはその会社を敬遠していましたが、
二通もメールをもらい、
思い切って応募してみることに。

小さな会社だったので、
すぐに責任者が面接してくれ、
とんとん拍子で採用が決まりました!

国際輸送を手掛ける会社で、
私にとっては未知の業種。

未経験で不安もあったし、
内定までのあまりの順調さに
「大丈夫か?」
と勘繰りましたが、
貯金もだんだんなくなりつつあったので、
入社することにしました。

入社してみて驚いたのは、“暇!”

電話が鳴りやまず、
いつも皆が小走りでオフィスを
行き交っていた前職とは大違い。

たまにしか鳴らない電話、
タバコを吸うため、頻繁に席を立つ社員たち。
こんな会社もあるんだなあ。

そして、私の扱いも前職とは大違い。

教育担当がつき、
きちんとしたプログラムの中で業務を教わった前職。

しかしここでは、私の担当業務すら定かではない暇な日々。

元来じっとしていられない性分の私は、
簿記の教科書を持参し、
空き時間に経理の勉強をすることにしました。

そして、そんな姿が役員の目にとまり、
経理部へ配属されることに。

経理は、
長年勤務している二人の女性の牙城で、
新入社員が入るのは異例のこと。

きっと、業務も恐ろしく難しいにちがいない。
先輩は恐ろしくこわいにちがいない。

でも前職で鍛えられてるもの。

“私、がんばる。”

そう思って、簿記の教科書を片手に、
経理部の扉をたたきました。

はじめの一か月は、
財務担当のやさしい男性が、
別室でマンツーマンで
経理の基礎を教えてくれました。

みんなが忙しく、
質問ひとつするのでも気をつかった前社とはちがい、
この男性はいつものんびりとしていて、
タバコを吸いながらゆったりと質問に答えてくれます。
デスクでタバコを吸うのはどうかと思うけど、
とってもいい先輩です。

そして一ヶ月後。

二人の女性の先輩の待つ部屋へ配属されました。
ドキドキしながら、言われた書類をひたすら作り、
チェックしてもらう毎日。
派遣会社に勤務していたころと同じスピード、
同じ正確性を意識。

前職の教育担当の先輩には、
2回同じことを質問すると怒られたので、
どんなことでも一度で覚えようとがんばりました。

すると、

「え、もうできたの?」

「え、何も間違ってないじゃん」

「え、一度言っただけなのに覚えてるの?」

と、好評。

こんなことで褒められてもいいのだろうか。。。

何はともあれ、
私は新しい会社で順調なスタートを
切ることができました。

新しい会社に入ったことで、
これまでお客様だった「派遣社員」のみなさんと、
今度は同僚として接することになりました。

すると、色々なカルチャーショックがありました。
その話はまた次回に!