送別会|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
ありがとう派遣業界、おっとり派の彼女に一同、首ったけ。実は“競技かるた”が得意です!
 

こっぺぱんださん(29)


現在は正社員として国際運送業に関わる仕事に従事。

大学生のとき、派遣会社の内勤スタッフに憧れるようになり、内勤アルバイトに応募。
経理で採用され、登録スタッフへの給与支払いなどを担当。だんだんコツをつかんで、社員からも信頼され、「私ってできる人かも?」と思い始める。

その後、就職するにあたり、他の派遣会社の経理職に応募。とんとん拍子で採用される。
輝く未来が待ってると思って入社した先は、経理という大奥、加えて派遣業界の激務、さらには書類仕事が苦手な派遣営業さん、チェックに厳しいスタッフさん、難儀な質問ばかり投げかける支店の事務員さん。。。などなど

おなかいっぱいの思い出を抱え、16ヶ月後、退職。
その後、未知の業種に正社員として就職。
派遣業界で身に付けたピリッと感とスピードで業務をこなすと、なぜか「できる新人」との評価を得る。

ありがとう派遣業界。
感謝しています。
はじめて「同僚」として接する派遣社員さん。
派遣社員受け入れの決定を正社員として目の当たりにする不思議さ。
そんなこんなで、今は育休明け。育児と仕事の両立がんばってます。



■住まい
 千葉県

■趣味・特技
 おっとりしてますが、“競技かるた”ができます。
過去の日記
2012年02月17日
2012年02月14日
2012年02月10日
2012年02月07日
2012年02月03日
2012年01月31日
2012年01月27日
2012年01月24日
2012年01月20日
2012年01月17日
2012年01月13日
2012年01月10日
2011年12月27日
2011年12月20日
2011年12月16日
2011年12月13日
2011年12月09日
2011年12月06日
2011年12月02日
2011年11月29日
2011年11月25日
2011年11月22日
2011年11月18日
2011年11月15日
2011年11月11日
2011年11月08日
2011年11月04日
2011年11月01日
2011年10月28日
2011年10月25日
 
2012年01月17日(火)
送別会

さて、最終出勤日は金曜日だったので、
続く土日は会社を辞めた実感はありませんでした。

初めて実感がわいたのは、
日曜日の夜にテレビを見ていた時のこと。

そのときの番組は、女子アナ二人が離島を訪れ、
自分たちで占い師を見つけて話を聞くというもの。
二人に与えられた時間は二日間。
二日後には東京に戻って、
朝のニュース番組に出なければならないのです。

ところが、

占い師の所在について
何の手がかりも掴めないまま
丸一日が過ぎてしまいました。

どうするんだろう。。。
明日までに見つからなかったら。。。

私は追いつめられた気持ちで
番組に見入っていました。
その時、ふと気付いたのです。

この人たちが翌日までに
占い師を見つけようが見つけまいが、
私には関係ないんだ。
私は明日休みなんだ。

ていうか、

しばらくずっと休みなんだ。

この時、肩の力がスーッと抜けて、
自分がこれまでの毎日、
いかに張りつめていたかがわかったのです(笑)

さて、それから一週間後、
私の送別会と、
私が辞めた後入った社員の歓迎会
を兼ねた飲み会をチームの皆が開いてくれました。

そこで、私の仕事の一部を引き継いだ同僚から、
こっそり言われたのです。

「こっぺぱんださんが担当していた請求書、
 すごく分量が多くないですか?
 自分でやってみてびっくりしたんですけど。」

やっぱりそうだったんだ。

他の人がやっても大変なんだ。
私が力不足だったわけじゃないんだ。

よかったあ。

「どうやって終わらせていたんですか?」
と聞かれ、

家に持って帰っていたとはさすがに言えず、

「朝すごく早く来りとか、
 給与計算処理に参加しないで、
 担当の請求書をやったりとか。。。」

と、お茶を濁しました。
実際そのとおりだったのだし。

送別会終了後、
私は元上司二人に誘われて
コーヒーを飲みに行きました。

目玉が飛び出るほど高いコーヒーショップ。

自力で行くことは今でもできません。
席についてホッと一息ついたところで、
上司から言われました。

「みんなが働きやすい環境を作るのが
 私たち管理職の仕事だから、
 こっぺぱんださんには
 申し訳ないと思っているの。
 私たちの力不足で、
 辞めることになったんじゃないかって。」

“部下が辞めるのは上司の責任”

そんな考え方には、
これまで触れたことがなかったので、
私はとても驚きました。

「最後に話せてよかったよ。元気でね。」

最後のお別れをしてもらい、家に帰りました。

それからの一か月は、
思いっきりゆっくり過ごしました。
彼は、運転免許を取るなど、
建設的な事をしてはどうかと勧めてくれましたが、
私はとにかく休みたかった。
毎日のんびりと過ごしました。

そして完全にリフレッシュしたころ、
彼の次年度の勤務地が決まりました。
二人で住む家を探して、
あわただしく引っ越し。

それから、私の再就職活動が本格的に始まりました。

前職の時、トントン拍子に内定をもらえたので、
経験のある派遣業界で探せば、
またすぐに職が決まるものと思っていた私。
さっそく、様々な求人を探して応募しました。

思った通り、どの会社からも、
面接の連絡をもらうことができました。
ですが、問題はその先。

どの会社でも、
一次面接を通過することができなかったのです。

“一体なぜ?”

難航する私の再就職活動。

次回へ続きます!