改善|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
ありがとう派遣業界、おっとり派の彼女に一同、首ったけ。実は“競技かるた”が得意です!
 

こっぺぱんださん(29)


現在は正社員として国際運送業に関わる仕事に従事。

大学生のとき、派遣会社の内勤スタッフに憧れるようになり、内勤アルバイトに応募。
経理で採用され、登録スタッフへの給与支払いなどを担当。だんだんコツをつかんで、社員からも信頼され、「私ってできる人かも?」と思い始める。

その後、就職するにあたり、他の派遣会社の経理職に応募。とんとん拍子で採用される。
輝く未来が待ってると思って入社した先は、経理という大奥、加えて派遣業界の激務、さらには書類仕事が苦手な派遣営業さん、チェックに厳しいスタッフさん、難儀な質問ばかり投げかける支店の事務員さん。。。などなど

おなかいっぱいの思い出を抱え、16ヶ月後、退職。
その後、未知の業種に正社員として就職。
派遣業界で身に付けたピリッと感とスピードで業務をこなすと、なぜか「できる新人」との評価を得る。

ありがとう派遣業界。
感謝しています。
はじめて「同僚」として接する派遣社員さん。
派遣社員受け入れの決定を正社員として目の当たりにする不思議さ。
そんなこんなで、今は育休明け。育児と仕事の両立がんばってます。



■住まい
 千葉県

■趣味・特技
 おっとりしてますが、“競技かるた”ができます。
過去の日記
2012年02月17日
2012年02月14日
2012年02月10日
2012年02月07日
2012年02月03日
2012年01月31日
2012年01月27日
2012年01月24日
2012年01月20日
2012年01月17日
2012年01月13日
2012年01月10日
2011年12月27日
2011年12月20日
2011年12月16日
2011年12月13日
2011年12月09日
2011年12月06日
2011年12月02日
2011年11月29日
2011年11月25日
2011年11月22日
2011年11月18日
2011年11月15日
2011年11月11日
2011年11月08日
2011年11月04日
2011年11月01日
2011年10月28日
2011年10月25日
 
2011年12月27日(火)
改善

さて、それからしばらくして、
賞与の支給期がやってきました。

うちの部署でも、
日ごろの業務についての評価表を受け取り、
賞与額について説明を受ける面談が持たれました。

こういった面談は、これまでもあったのですが、
この時、うちの部署では、
長年責任者を務た人が退職し、
新しい責任者が誕生したりと、
色々新しい試みがなされている最中でした。

そうした中、面談も形式ばった感じではなく、
リラックスした雰囲気で行われました。

上司「考え直して、
   もっと長く勤める気はありませんか?」
私 「いえ。ありがとうございます。」
上司「こっぺぱんださんは、
   仕事のどんな点にやりにくさを
   感じましたか?
   うちの部署がもっとどうであれば
   続けられると思いますか?」

こういう面談では、
つい優等生発言を頑張ってしまう私。
でも、もう辞めるんだ
正直な気持ちを言ってみよう

私 「やはり、請求書作成期間は、
   全員で退社時刻を統一するのは
   無理があると感じます。」 上司「でも、それでやり遂げている
   人たちもいるじゃありませんか。
   こっぺぱんださんは何人かで
   いつもお昼を食べていて、
   仲がいいでしょう?
   皆がどうやっているか、
   聞いてみたことはあるのですか?」

心の声“聞きましたとも。
    みんなの返答はこうだったのです。”

私 「皆、朝ものすごく早く来たり、
   お昼を食べないでやっている
   と言ってました。」

言葉を失う上司たち

これは寝耳に水だったようです。
自分たちのマネジメントが、
業務を効率化して退社時間を
そろえるというやり方が、
こんなしわ寄せを生んでいる
とは思わなかったのでしょう。

「対応を検討します。」

と言ってくれた上司たち。

でも、それは形式的な言葉だろうと、
私は思っていました。

ところが、次の請求書作成期間から、
「各自が終了時刻を決めて良い」
事になったのです。

これは全員に好評でした。

チェック担当者など、
皆の中で一番最後に帰るような立場の人は
少し困ったようですが、
一般の社員は大喜び。
これ以来、1年以上契約を延長して
働く社員が増えたのは事実です。
私もこれなら続けられるかも。。。

でも、

私にはもう新しいスタート
待っていたのです。

それからしばらくして、
私は彼と婚約しました。

指輪を買ってくれ、
来年から一緒に住む約束をした私たち。

私はそれをお昼のメンバーに報告。
みんな喜んでくれました。

中には、
「自分に春が来ないから、
 人の春でもあったまる。」

という切ない意見もありましたが(笑)

実は、私たち5人は、
いつも一緒にお昼を食べているものの、
プライベートで会ったことは
ありませんでした。

ですが、

一緒に飲もう!
という話が持ち上がったのです。
とはいえ、忙しいうちの部署。
定時で帰ってアフター6なんていう日は
めったにありません。

ですが、

月に2日、給与計算の最終日だけは、
コンピューターシステムの関係で、
定時に帰宅することになっていました。
チャンスはその日しかない!
飲み会はその日にセッティングされました。

そして、業務終了後。
クーポン雑誌を握りしめ、
女5人、夜の街へ繰り出したのです。