決断のとき|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
ありがとう派遣業界、おっとり派の彼女に一同、首ったけ。実は“競技かるた”が得意です!
 

こっぺぱんださん(29)


現在は正社員として国際運送業に関わる仕事に従事。

大学生のとき、派遣会社の内勤スタッフに憧れるようになり、内勤アルバイトに応募。
経理で採用され、登録スタッフへの給与支払いなどを担当。だんだんコツをつかんで、社員からも信頼され、「私ってできる人かも?」と思い始める。

その後、就職するにあたり、他の派遣会社の経理職に応募。とんとん拍子で採用される。
輝く未来が待ってると思って入社した先は、経理という大奥、加えて派遣業界の激務、さらには書類仕事が苦手な派遣営業さん、チェックに厳しいスタッフさん、難儀な質問ばかり投げかける支店の事務員さん。。。などなど

おなかいっぱいの思い出を抱え、16ヶ月後、退職。
その後、未知の業種に正社員として就職。
派遣業界で身に付けたピリッと感とスピードで業務をこなすと、なぜか「できる新人」との評価を得る。

ありがとう派遣業界。
感謝しています。
はじめて「同僚」として接する派遣社員さん。
派遣社員受け入れの決定を正社員として目の当たりにする不思議さ。
そんなこんなで、今は育休明け。育児と仕事の両立がんばってます。



■住まい
 千葉県

■趣味・特技
 おっとりしてますが、“競技かるた”ができます。
過去の日記
2012年02月17日
2012年02月14日
2012年02月10日
2012年02月07日
2012年02月03日
2012年01月31日
2012年01月27日
2012年01月24日
2012年01月20日
2012年01月17日
2012年01月13日
2012年01月10日
2011年12月27日
2011年12月20日
2011年12月16日
2011年12月13日
2011年12月09日
2011年12月06日
2011年12月02日
2011年11月29日
2011年11月25日
2011年11月22日
2011年11月18日
2011年11月15日
2011年11月11日
2011年11月08日
2011年11月04日
2011年11月01日
2011年10月28日
2011年10月25日
 
2011年12月20日(火)
決断のとき

来年の勤務をどうするのか迷っていた私。
そんな時、ちょっとへこむ出来事が起こりました。

請求書の発送業務が、ひと段落したあとは、
請求書の作成記録をつけることになっていたのですが、
その記録つけは、みんなが平等な量になるように、
コンピューターで割り出して振り分けられます。

特に決算期は、請求書の作り方が、
イレギュラーになる顧客が多いため、
つけるべき作成記録も膨大な量に。

この時も決算期でした。
いつものように、振り分けられた請求書の山が、
自分の机に置かれます。

ん? なんじゃこりゃー!

この時の山はすごかった。

ほかの人と比べると、頭一つ分多かった

やり始めたら、案外楽な顧客ばかりなのかもしれない。
と思っていましたが、そんなことはありませんでした。

私は、記録付けのために日数を費やすことに。。。

ある日、上司から朝礼で、
進捗を各自報告するように言われ、
最初からたくさんあったので、
まだ終わりそうにないと言ったところ、

「みんな同じ量なんだから!」

と怒られてしまいました。

そんなことないよう。
絶対、初めから多かったよう

これ以来、なんだか辞める方向に
気持ちが傾きがちだった私。

それでも、たまに達成感を感じられることがあると、
もうちょっと頑張ってみようかと思ったり。

もし来年も働くのであれば、
少なくとも1年は頑張りたい。

でもそうすると、
彼との離れ離れの生活が
その分延びてしまいます。
そうしてまで続けるかどうか。
一方、契約を終えれば、
彼の住む場所で、新しい仕事を
探す道もあります。

そんなある日、
職場ではめったにない飲み会があり、
上司の話を聞く機会がありました。

一次会では、なんだか気をつかって
打ち解けませんでしたが、
二次会で行ったバーでは、
女性ばかりでリラックスした雰囲気に。

そこで、女性の上司がこんな事を言ったのです。

「みんな、女に仕事を辞めろって言うの。
 結婚するとき、出産するとき、
 子育てするとき、夫が転勤するとき、
 親の面倒を見ることになったとき。

 でもね。

 私、自分が面接して
 選んだあなたたちのことはこう思ってる。

 うちの女は辞めないわよって。
 “職場はここじゃなくてもいい。
  この会社を出たっていい。
  ただ、働くことをやめない。
  うちの女はやめないでほしい”

そして、契約更新の面接の日がやってきました。

私が上司に伝えた言葉は、

「来年のお話は、
 辞退させていただきたい。」

というもの。

いっぱい考えて決めました。

上司からは慰留され、
一週間後に、もう一度ヒアリングの
チャンスをもらえましたが、
そこでもやはり、来年の話は辞退しました。

すると、上司から、

「半年更新してみない」

と言われたのです。

たしかに、ここで辞めるのは、
なんだか中途半端です。
半年なら頑張れそう。
彼の人事異動の時期とも重なるし、
半年後に辞めればちょうどいいかも。
そう思い、半年更新することにしたのです。