別の視点|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
ありがとう派遣業界、おっとり派の彼女に一同、首ったけ。実は“競技かるた”が得意です!
 

こっぺぱんださん(29)


現在は正社員として国際運送業に関わる仕事に従事。

大学生のとき、派遣会社の内勤スタッフに憧れるようになり、内勤アルバイトに応募。
経理で採用され、登録スタッフへの給与支払いなどを担当。だんだんコツをつかんで、社員からも信頼され、「私ってできる人かも?」と思い始める。

その後、就職するにあたり、他の派遣会社の経理職に応募。とんとん拍子で採用される。
輝く未来が待ってると思って入社した先は、経理という大奥、加えて派遣業界の激務、さらには書類仕事が苦手な派遣営業さん、チェックに厳しいスタッフさん、難儀な質問ばかり投げかける支店の事務員さん。。。などなど

おなかいっぱいの思い出を抱え、16ヶ月後、退職。
その後、未知の業種に正社員として就職。
派遣業界で身に付けたピリッと感とスピードで業務をこなすと、なぜか「できる新人」との評価を得る。

ありがとう派遣業界。
感謝しています。
はじめて「同僚」として接する派遣社員さん。
派遣社員受け入れの決定を正社員として目の当たりにする不思議さ。
そんなこんなで、今は育休明け。育児と仕事の両立がんばってます。



■住まい
 千葉県

■趣味・特技
 おっとりしてますが、“競技かるた”ができます。
過去の日記
2012年02月17日
2012年02月14日
2012年02月10日
2012年02月07日
2012年02月03日
2012年01月31日
2012年01月27日
2012年01月24日
2012年01月20日
2012年01月17日
2012年01月13日
2012年01月10日
2011年12月27日
2011年12月20日
2011年12月16日
2011年12月13日
2011年12月09日
2011年12月06日
2011年12月02日
2011年11月29日
2011年11月25日
2011年11月22日
2011年11月18日
2011年11月15日
2011年11月11日
2011年11月08日
2011年11月04日
2011年11月01日
2011年10月28日
2011年10月25日
 
2011年12月13日(火)
別の視点

お昼休み、5人で話すのは、専ら仕事のこと。
私とBさん以外は、請求チームの人だったので、
別の視点からの話を聞くことができました。

請求チームの皆さんは、
様々な締日の、様々な様式の請求書を、
納期厳守で作り続けます。

時には、スタッフさんのタイムシートに
訂正が入ったり、営業サイドから要請が入り、
作り直すことも。

特に大変なのは決算期。

決算期は、多くの顧客企業が、
いつもより早い納期で、請求書を欲しがりますが、
この納期前倒しは、急に言われても対応できません

何せ、何万社もの請求書を、
タイトなスケジュールで作成しているのです。

ですが実際は、
支店からジャンジャン電話がかかってきて、
納期の前倒しを急に依頼されます。

「お客様の請求書が、何時頃先方にFAXされるか教えて!」

という問い合わせも大量。
請求チームは、こうした問い合わせに
対応するだけで精いっぱいになり、
肝心の請求書作成が進みません。

20時を過ぎて支店の営業さんたちが帰った後、
やっと静寂が訪れ、深夜まで請求書を
作成するというわけです。

こう書くと、
請求チームの方が大変なように思えますが、
DさんEさんFさんいわく、

「私たちの受ける電話はビジネスライクだから。」

給与チームが受ける電話は、
スタッフさんからのお金に関する問い合わせなので、
時には感情的な追及を頂くことも。

例えばこんなことがありました。

コールセンターからのとある内線を取った私。
話を聞くと、派遣契約が急に終了になり、
給与の件で聞きたいことがある
というスタッフさんから電話が入っているとのこと。

休業手当は、別の部署が取り扱っているし、
派遣契約終了については、
担当営業抜きに返答できる内容はあまりありません。

電話を受けるのを断ろうとしましたが、
コールセンターから、
「担当部署がどこになるのか微妙な状態だ。
 電話に出てほしい。」
と言われ、とりあえず出てみることに。

話を聞くと、やはりうちの部署で
わかる内容ではありません。
担当営業から電話させると言っても、
「営業が頼りないからそちらにかけてるんだ!」
とのこと。

実は、営業が頼りないから、
という電話は時々来ます。

面識のない営業さんが本当に頼りないのか、
私にはわかる術がありませんが。。。

そんな時は、
「私からも会社に申し伝えます。」
と言ったり、
その営業マンの上司に連絡を取ったりします。

ですがこのスタッフさんは、
支店そのものとコンタクトを取るのを
拒否なさっていました。

せめて休業手当の部署に
電話を代わってもらおうとしても、

「誰と話すかは俺が決める。逃げるのか!」

最後は私の上司が電話を代わってくれましたが、
「担当部署がわからないのは、
 コールセンターの勉強不足。
 部署が微妙とか言ってる人からは、
 電話を受けるな。
 スタッフさんご自身に迷惑がかかる!」
と、後で私も怒られました(泣)

こんなこともあるけれど、
請求チームの3人いわく、

「給与チームがいい!」

給与計算を通じてスキルが身に付くし、
月の半分ずつ仕事が変わることで
リフレッシュにもなるというのです。

とくにDさんは、
売掛を管理する特殊な仕事を担当していて、
他の人と業務の足並みがそろわず、
毎日の終了時間に追われていました。

「残業は苦じゃないから、
 もっと会社にいたい。
 仕事を終わらせて帰りたい。」

うん、私もそうだな。

仕事のペースがつかめないのは、
自分のせいだけではないのかもしれない。
ふとそんな気がしたのでした。