大失態|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
ありがとう派遣業界、おっとり派の彼女に一同、首ったけ。実は“競技かるた”が得意です!
 

こっぺぱんださん(29)


現在は正社員として国際運送業に関わる仕事に従事。

大学生のとき、派遣会社の内勤スタッフに憧れるようになり、内勤アルバイトに応募。
経理で採用され、登録スタッフへの給与支払いなどを担当。だんだんコツをつかんで、社員からも信頼され、「私ってできる人かも?」と思い始める。

その後、就職するにあたり、他の派遣会社の経理職に応募。とんとん拍子で採用される。
輝く未来が待ってると思って入社した先は、経理という大奥、加えて派遣業界の激務、さらには書類仕事が苦手な派遣営業さん、チェックに厳しいスタッフさん、難儀な質問ばかり投げかける支店の事務員さん。。。などなど

おなかいっぱいの思い出を抱え、16ヶ月後、退職。
その後、未知の業種に正社員として就職。
派遣業界で身に付けたピリッと感とスピードで業務をこなすと、なぜか「できる新人」との評価を得る。

ありがとう派遣業界。
感謝しています。
はじめて「同僚」として接する派遣社員さん。
派遣社員受け入れの決定を正社員として目の当たりにする不思議さ。
そんなこんなで、今は育休明け。育児と仕事の両立がんばってます。



■住まい
 千葉県

■趣味・特技
 おっとりしてますが、“競技かるた”ができます。
過去の日記
2012年02月17日
2012年02月14日
2012年02月10日
2012年02月07日
2012年02月03日
2012年01月31日
2012年01月27日
2012年01月24日
2012年01月20日
2012年01月17日
2012年01月13日
2012年01月10日
2011年12月27日
2011年12月20日
2011年12月16日
2011年12月13日
2011年12月09日
2011年12月06日
2011年12月02日
2011年11月29日
2011年11月25日
2011年11月22日
2011年11月18日
2011年11月15日
2011年11月11日
2011年11月08日
2011年11月04日
2011年11月01日
2011年10月28日
2011年10月25日
 
2011年11月25日(金)
大失態

電話は、支店の事務の人からでした。

スタッフさんへ支払う給与から、
食事代を控除したいとのこと。
ただ、この時は対象スタッフさんが多く、
給与計算の締日までに食事代内訳を
うちの部署に送付するのは、無理だという相談でした。

派遣会社の給与センターには、
このような支店からの問い合わせや、
スタッフさんからの問い合わせなど、
さまざまな電話が寄せられます。

仕事に慣れていない中、
色々な電話に出ると“頭もごちゃごちゃ。”
とはいえ、たくさん電話に出なければ、
仕事に慣れる事はできません。
まさにOJT。

この時は、給料日直前の、
本当に“ギリギリの期限”
案内して電話を切りました。

その後、
次々と仕事や電話が押し寄せてきたのもあり、
その件を教育担当の先輩に報告したのは、
給与計算が締めを迎えた朝の事でした。

「では、今日の昼、銀行に給与データを
 送信する前までに、食事代の内訳を
 全員分もらってください。
 もう計算は締めているので、変更申請書も必要です。
 銀行にデータ送信した後の訂正は大変だから、
 それは避けないと。」

いつものようにキビキビ指示をくれる先輩。
もっと後の日を期日として
案内してしまった事実を言う事ができず、
私は先輩の隣で、支店に電話をかけました。

「あの・・・、昼までに食事代金額と
 申請書を人数分頂きたいのですが。」

当然、支店長から折り返し抗議の電話が来ました。

何とか納得してもらい、
さらに先輩が給与チーム全体に
協力を呼び掛けてくれ、
次々と大量に送信されてくる金額内訳と
申請書を処理していきました。

支店も必死。我々も必死。
ですが、全ての申請書が到着したときは、
昼を少し過ぎており、
10名ほどのスタッフさんの給与データが、
訂正されないまま銀行に送られてしまいました。

こうなると、今度は振込訂正の申請書を
支店からもらう必要があります。

「支店に電話して、振込訂正の申請書を
 作成してほしいと言ってください。
 元々、無理な依頼をしてきたのは
 あちらなんでしょ?」

「・・・・・・。
 ・・・。
 私がもっと後の日にちを期限と
 言ってたんです・・・。」

残念そうな表情の教育担当の先輩。

「自分の言葉は、自分の責任だよ。
 自分で電話して、納得してもらって下さい。」

何かトラブルがあれば、
自分の撒いた種であっても、
上司や男性社員が対応を
代わってくれた以前のバイト先とは大違い。

そう、ここは50名ほぼ全員が女性社員。
みんな、オフィスカジュアルに身を包み働く、
戦士たちなのです。

しょんぼりしながら支店に電話をかけ、
支店長に申請書の提出をお願いすると、
「ガチャン」と電話を切られてしまいました。

昼休み、Bさんは支店長の対応に
激怒してくれましたが、
私は最後まで責任を持って
対応する義務を思い知らされたのです。