四苦八苦|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
ありがとう派遣業界、おっとり派の彼女に一同、首ったけ。実は“競技かるた”が得意です!
 

こっぺぱんださん(29)


現在は正社員として国際運送業に関わる仕事に従事。

大学生のとき、派遣会社の内勤スタッフに憧れるようになり、内勤アルバイトに応募。
経理で採用され、登録スタッフへの給与支払いなどを担当。だんだんコツをつかんで、社員からも信頼され、「私ってできる人かも?」と思い始める。

その後、就職するにあたり、他の派遣会社の経理職に応募。とんとん拍子で採用される。
輝く未来が待ってると思って入社した先は、経理という大奥、加えて派遣業界の激務、さらには書類仕事が苦手な派遣営業さん、チェックに厳しいスタッフさん、難儀な質問ばかり投げかける支店の事務員さん。。。などなど

おなかいっぱいの思い出を抱え、16ヶ月後、退職。
その後、未知の業種に正社員として就職。
派遣業界で身に付けたピリッと感とスピードで業務をこなすと、なぜか「できる新人」との評価を得る。

ありがとう派遣業界。
感謝しています。
はじめて「同僚」として接する派遣社員さん。
派遣社員受け入れの決定を正社員として目の当たりにする不思議さ。
そんなこんなで、今は育休明け。育児と仕事の両立がんばってます。



■住まい
 千葉県

■趣味・特技
 おっとりしてますが、“競技かるた”ができます。
過去の日記
2012年02月17日
2012年02月14日
2012年02月10日
2012年02月07日
2012年02月03日
2012年01月31日
2012年01月27日
2012年01月24日
2012年01月20日
2012年01月17日
2012年01月13日
2012年01月10日
2011年12月27日
2011年12月20日
2011年12月16日
2011年12月13日
2011年12月09日
2011年12月06日
2011年12月02日
2011年11月29日
2011年11月25日
2011年11月22日
2011年11月18日
2011年11月15日
2011年11月11日
2011年11月08日
2011年11月04日
2011年11月01日
2011年10月28日
2011年10月25日
 
2011年11月22日(火)
四苦八苦

ある日、
私の仕事の進捗を細かく
把握してくれていた教育担当の先輩が、
数日休むことになりました。
その間、一人で請求書作成をすることになったのですが、
他の先輩から、源泉徴収票発行をするように
声をかけられたのです。

まだ仕事の優先順位がよく分からなかった私は、
自分が担当している請求書よりも、
その時言われた源泉発行を優先してやったのですが、
その結果、請求書発送が遅れ、
お客様から
「まだ届かないのですが。」
と、お問い合わせを頂いてしまったのです。

「最高の事務サービス」 をモットーとしているうちの部署。

先方から指摘を受けるのはとんでもないことです。
私は担当の営業さんに平謝り。

これ以来、請求書作成には
ちょっぴり苦手意識がついてしまいました。

またある時は、
スタッフさんの給与振り込みに関して、
金額を訂正するとかしないとか、
情報が錯綜したケースがあったのですが、
最終的に上司や先輩によく確認しないまま、
担当部署に振込依頼をかけてしまったことも。

これによって、
私は、新人の中でも一段と仕事を任せられない人、
周りに確認せず、勝手に処理してしまう人
というイメージになってしまった模様。
デキるスーパーアルバイトの日々はどこへやら。
今やたくさん注意され、毎日怒られ、四苦八苦の日々です。

私の失敗は、教育担当の先輩の指導不足
ということになるので、
先輩にも申し訳ない気持ちでいっぱい。

教育担当の先輩は、
ほんわかしているけれど向上心の強い人で、
2度同じ事を質問すると
「前も言ったでしょ!」
と指摘されます。

事務のプロに囲まれ、
厳しい世界であっぷあっぷ。

そんな中、息抜きはやっぱり昼休み。
入社年の近い数名で、
コンビニ弁当を食べながらわいわいがやがや。
メンバーは、
引っ込み思案で仕事もゆっくりなAさん。
デキる新人Bさん。
教育担当の先輩とそりが合わず、
いつも文句ばかり言っているCさんなど。
みんなで、前日の午後と、
その日の午前にあった仕事上の出来事を話すのが日課。
同じように壁にぶつかっている仲間の言葉を聞くと、
とても癒されました。

AさんとCさんはやがて辞めてしまい、
何となく、私はBさんと毎日ごはんを
食べるようになりました。

そんなある日、たまたま一本の電話を取りました。
「あの、スタッフさんの給与振込に関して、
 金額訂正を行いたいのですが。」

これがこのあとあんな大変な事になろうとは、
この時は知りませんでした。