ご縁 その2|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
橋元屋十兵衛の[憂鬱]ハケンで研究助手、請負でライター。2足のわらじで働く熱い大人!
 

橋元屋十兵衛さん(43)


働きながら夜大学に行っていた。派遣という働き方をその時に初めて体験。仕事は精密機械メーカーの研究助手。

大学卒業を機に宝飾品の商社に入社。
しかし、宝石を扱う割りにおしゃれのセンスが乏しく、2年で退社。

しばらく友人と二人で会社らしきものをやった後、機械製造メーカーに正社員として8年程勤務。
係長にもなったが、新配属となった課長の指示がトンデモで。抜ける頭髪、遅れる納品。だめだ、このままでは禿げ上がってしまう(汗)

以降、様々な仕事を請け負いながら自営業をはじめたのだが、2008年のリーマンショックの影響をもろに受ける。
遅れる入金、無くなる仕事、そして通い始めたハローワーク。

ふと目にした、派遣社員募集の文字。ああ、派遣の仕事って、今どんなのがあるんだろう。

よし、とりあえず、応募だと。

だが。一寸甘かった。思い知りました。

現在は、精密機械メーカーの研究助手に一般派遣で就業中。今後は・・・、ははどうしましょっか?

こんな時代なんだから笑い飛ばしながら生きようぜい!

正直、こんな大人になっちゃだめだ、の見本のようなオヤジだけど、熱いモノは持ってるつもり。

派遣暦:20年前に4年半。現在、8ヶ月目。(6月時点として換算)


■住まい:横浜市在住

■趣味:津軽三味線、読書、バイク。
過去の日記
2011年10月18日
2011年10月14日
2011年10月11日
2011年10月07日
2011年10月04日
2011年09月30日
2011年09月27日
2011年09月22日
2011年09月20日
2011年09月16日
2011年09月13日
2011年09月09日
2011年09月06日
2011年09月02日
2011年08月30日
2011年08月26日
2011年08月23日
2011年08月09日
2011年08月05日
2011年08月02日
2011年07月29日
2011年07月26日
2011年07月22日
2011年07月19日
2011年07月15日
2011年07月12日
2011年07月08日
2011年07月05日
2011年07月01日
2011年06月28日
 
2011年10月14日(火)
ご縁 その2

派遣をやっていて、様々な方とのご縁もありました。

バイオリンなどの楽器修理をしているが
仕事が減ったので派遣をしに来た
という人にも出会いましたし、
ゲームなどで声優やっているんだけど、
それだけでは収入が少ないので派遣社員をやっている、
という人もいました。

その縁を使おう、そんな事は考えません。
ご縁があった時に生きてきます。多分。

一番最初(つまり20年前)に派遣社員をした大手メーカーでは
担当だった課長さんにも部長さんにも
「ウチに就職活動するなら推薦状を書いてあげる」
と言われました。

あの時書いてもらって就職活動していたら今の自分は多分いません。
たまに勿体無いことしたかなぁと回想しますけど(苦笑)

派遣会社の営業所長さんと仲良くなったと以前書きましたが、
その所長さんは、私が派遣期間を更新をせずに辞めると話をした際

「ウチでコーディネーターをやってみないか?」
と提案してくださいました。

ただ、私は営業に苦手意識があるのと、
やることが決まっていたのでお断りしたんですけどね。

そう、実は、長期契約の研究助手のお仕事を
9月末で辞める事に決めていたのです。

ご縁でライターの仕事を貰ったわけですが、
仕事が増え始めて不具合も増え始めました。

昼間の取材なんて出来ないし、電話連絡も仕事中は不可能。
とても両立できなくなってきていたのです。

このブログを書き始めた時は、こんな事になるとは
全く思いもしなかったんですよ?
まさに、「ははは、どうしましょっか」
この歳で派遣を続けて、
少ない原稿料を副収入にして

この先どうなるんだろう?
そう思っていたのは間違いなかったです。

高齢の派遣スタッフが一緒に働いていると言っても
物凄いスキルを持つ人ばかり
自分はそんな風になれるんだろうか。
勉強しなきゃ、と、不安は一杯でした。

ただ、「縁」だけは常日頃から大事にしてきましたし
色々と作ってきました。

そのご縁が、派遣社員という生き方でも
良い方向に働いてくれましたし
派遣社員とは違う道もあるんだよ、進んでみるかい、と
後押しもしてくれた、そう思います。