好きこそものの上手なれ?|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
橋元屋十兵衛の[憂鬱]ハケンで研究助手、請負でライター。2足のわらじで働く熱い大人!
 

橋元屋十兵衛さん(43)


働きながら夜大学に行っていた。派遣という働き方をその時に初めて体験。仕事は精密機械メーカーの研究助手。

大学卒業を機に宝飾品の商社に入社。
しかし、宝石を扱う割りにおしゃれのセンスが乏しく、2年で退社。

しばらく友人と二人で会社らしきものをやった後、機械製造メーカーに正社員として8年程勤務。
係長にもなったが、新配属となった課長の指示がトンデモで。抜ける頭髪、遅れる納品。だめだ、このままでは禿げ上がってしまう(汗)

以降、様々な仕事を請け負いながら自営業をはじめたのだが、2008年のリーマンショックの影響をもろに受ける。
遅れる入金、無くなる仕事、そして通い始めたハローワーク。

ふと目にした、派遣社員募集の文字。ああ、派遣の仕事って、今どんなのがあるんだろう。

よし、とりあえず、応募だと。

だが。一寸甘かった。思い知りました。

現在は、精密機械メーカーの研究助手に一般派遣で就業中。今後は・・・、ははどうしましょっか?

こんな時代なんだから笑い飛ばしながら生きようぜい!

正直、こんな大人になっちゃだめだ、の見本のようなオヤジだけど、熱いモノは持ってるつもり。

派遣暦:20年前に4年半。現在、8ヶ月目。(6月時点として換算)


■住まい:横浜市在住

■趣味:津軽三味線、読書、バイク。
過去の日記
2011年10月18日
2011年10月14日
2011年10月11日
2011年10月07日
2011年10月04日
2011年09月30日
2011年09月27日
2011年09月22日
2011年09月20日
2011年09月16日
2011年09月13日
2011年09月09日
2011年09月06日
2011年09月02日
2011年08月30日
2011年08月26日
2011年08月23日
2011年08月09日
2011年08月05日
2011年08月02日
2011年07月29日
2011年07月26日
2011年07月22日
2011年07月19日
2011年07月15日
2011年07月12日
2011年07月08日
2011年07月05日
2011年07月01日
2011年06月28日
 
2011年10月07日(金)
好きこそものの上手なれ?

第二回目のブログで
>趣味"だった"バイクレースや模型が関係しているのですが
>それはおいおい、書くことにしましょう。

と書きましたので、ここで触れてみます。

私は、模型工作が好きで、
プラスチックや金属の加工、
組み立ては得意な方でした。

バイクは本体だけでなく、
エンジンもバラして組み立てましたし、
レースで転んで壊れたカウルも
自分で修理・塗装していました。

この辺りの知識が試作の派遣で、
役立った事については書きましたね。

趣味は仕事とは違うので、
時間をかけてどっぷりと浸る事ができ
知らず知らず、知識や技術が溜まるものです。

所詮趣味は趣味だろ?
というご意見の方もいらっしゃると思います。

ええ、プロから見れば、それは間違いありません。
でも、知っているのと知らないのとは
大きな差があると私は思うのです。

判りやすく音楽で例えましょうか。
イベントや新規企画の展示会場の仕事に
加わる機会あったとしましょう。

スーパーで掛かる「おさかな天国」
「あなたにサラダ」のように
場面にぴったりとハマるBGMを
提案する機会が有ったなら。
知っている人と知らない人では
活躍のチャンスが違うとは思えませんか?

たかが趣味です。
けれど、好きな事って"普通の人"には
負けないくらいの知識が
溜まっているもの。

生かす機会があるなら、生かさないと損です。

趣味は趣味、仕事とは関係ないでしょ、
と言われるかもしれません。
なら、やっている仕事が、
好きになったらと考えてみてください。

興味のある部分をどんどん調べて、深めて行くと
知識も経験も、嫌々やるのとは溜まり方が違います。

その溜まった部分を、
誰かが見てくれる可能性は、
いつでもある筈。

この事を特に感じたのは、建築の仕事が無くなり、
バイトや派遣を始めた頃でした。

仕事を探して方々に声を掛けまくっていたら
私の趣味をご存知の人が
月刊誌の10ページ程を書いてみないか、
と、任せてくれたのです。

普通だったら、ありえません。

だって、私より詳しいアマチュアもプロも山ほどいるのです。
じゃあ何故私に話が廻ってきたのか。
丁度良いタイミングで、
丁度良い人材だった。

それだけなんです。

チャンスの女神は、

無理をして捕まえるんじゃありません。

転がり込んで来るのです。

そのために条件を揃えておく事が必要です。

どう揃えるかは人それぞれですが
一つだけ、間違いなく言えるのは
「ご縁」が大切、という事です。