離婚を決めたとき|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
パワフル全快!ルカが通りまぁぁ〜す!人生もフットサルも七転八起ですが不屈の精神の彼女、本当は2児の母!?
 

ルカさん(29)


大学卒業後、地元の金融機関に勤める。女世界の厳しさを学びつつ窓口を担当。しかし、わずか1年半で寿退社。

結婚後、旦那の両親と片田舎で同居。スローライフがはじまる……。
24、25歳と続けざまに男児を出産。26歳、そろそろ家庭に納まっているのも苦痛に感じ、社会復帰を願う。

運良く教育に携わる仕事に出会い、パートをはじめる。
やがて本格的に働いてみたいと思うようになり、派遣登録。
家計を支えるというより、この頃は自分に投資するためという気持ちが強かった。
美味しいもの食べたいし、お洒落したいし、美容にも興味あるし、まだまだ20代、遅めの青春を謳歌。

28歳、旦那がまさかのリストラ。金の切れ目は縁の切れ目!?
無職でギャンブラーで酒浸りの旦那と離婚。
子ども二人を抱え、実家に出戻り。

濃いですかね?
いやいや、そんなこんなで現在は正社員目指し、派遣社員として働いています。

「自分で決めたことはすべて良かったこと……」。そう思い込んで生きている、楽観的でポジティブな29才。

10年前、想像もしてなかった今を生きていますが、できることを精一杯やるのみ。
「いつもありがとう」
周囲に感謝の気持ちを忘れずに、日々過ごしていきたいなと思っています。


■住まい:神奈川県

■趣味:バレーボール、フットサル、子どもに遊んでもらうこと

■血液型:最初は絶対に『O型』って言われるけど、慣れてくると『やっぱりB型だよね』と言われる隠れB型

■性格:外見が男顔でキツメなのでサバサバしてそうだけど、意外とビビリで変なところを気にする不安ガリータ
過去の日記
2011年10月18日
2011年10月14日
2011年10月11日
2011年10月07日
2011年10月04日
2011年09月30日
2011年09月27日
2011年09月22日
2011年09月20日
2011年09月16日
2011年09月13日
2011年09月09日
2011年09月06日
2011年09月02日
2011年08月30日
2011年08月26日
2011年08月23日
2011年08月09日
2011年08月05日
2011年08月02日
2011年07月29日
2011年07月26日
2011年07月22日
2011年07月19日
2011年07月15日
2011年07月12日
2011年07月08日
2011年07月05日
2011年07月01日
2011年06月28日
 
2011年09月06日(火)
離婚を決めたとき

「ルカが離婚するって言うなら、俺はもう働かない。
 でも、離婚しないって言うなら、就職活動してもいい」

という台詞は、その後3ヵ月ほど続きました。

移り行く季節とともに、
子どものこと、仕事のこと、将来のことを考えて、
学校支援コーディネーターの契約期間だけは
頑張ろうと決めました。

その間に状況が変わるかもしれないし、
心境も変わるかもしれない。
そんな風に、問題を先延ばしにしていたのかもしれません。

本当は、二児の親として、
もっと夫婦で子どものために
向き合わなければいけなかった問題だと思います。

けれど、話すことはいつも、
「ルカは俺のことが好きじゃない」
「俺はこんなに頑張っているのに」
と、自分のことしか考えられない元旦那。

「もう二人で話し合っても、
 折衷案が見つからないから、
 お義兄さんとか、私の両親に間に入ってもらって、
 一回ちゃんと話そうよ」
と提案。

家族会議が開かれた結果、
子どもたちのことを考えて
ひとまず、別居が決まりました。

満場一致で、別居に至るだけの理由が、
本当はあったわけですが、
もう、その時には、旦那から離れることしか
頭にはないくらい追い込まれ、
心身共にやつれ悲愴感が漂っていました。

幸い私の実家には、
両親しか住んでいなかったこと、
父も仕事をしていたこともある、
別居環境としても恵まれていたと思います。

こんな形で地元に戻ってくるとは
思いませんでしたが、
一歩前に進んだ以上、
引き返す気持ちはありませんでした。

まずは、保育園探しと職探し。
そこからだと思い行動を開始しました。