学校支援コーディネーターの仕事|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
パワフル全快!ルカが通りまぁぁ〜す!人生もフットサルも七転八起ですが不屈の精神の彼女、本当は2児の母!?
 

ルカさん(29)


大学卒業後、地元の金融機関に勤める。女世界の厳しさを学びつつ窓口を担当。しかし、わずか1年半で寿退社。

結婚後、旦那の両親と片田舎で同居。スローライフがはじまる……。
24、25歳と続けざまに男児を出産。26歳、そろそろ家庭に納まっているのも苦痛に感じ、社会復帰を願う。

運良く教育に携わる仕事に出会い、パートをはじめる。
やがて本格的に働いてみたいと思うようになり、派遣登録。
家計を支えるというより、この頃は自分に投資するためという気持ちが強かった。
美味しいもの食べたいし、お洒落したいし、美容にも興味あるし、まだまだ20代、遅めの青春を謳歌。

28歳、旦那がまさかのリストラ。金の切れ目は縁の切れ目!?
無職でギャンブラーで酒浸りの旦那と離婚。
子ども二人を抱え、実家に出戻り。

濃いですかね?
いやいや、そんなこんなで現在は正社員目指し、派遣社員として働いています。

「自分で決めたことはすべて良かったこと……」。そう思い込んで生きている、楽観的でポジティブな29才。

10年前、想像もしてなかった今を生きていますが、できることを精一杯やるのみ。
「いつもありがとう」
周囲に感謝の気持ちを忘れずに、日々過ごしていきたいなと思っています。


■住まい:神奈川県

■趣味:バレーボール、フットサル、子どもに遊んでもらうこと

■血液型:最初は絶対に『O型』って言われるけど、慣れてくると『やっぱりB型だよね』と言われる隠れB型

■性格:外見が男顔でキツメなのでサバサバしてそうだけど、意外とビビリで変なところを気にする不安ガリータ
過去の日記
2011年10月18日
2011年10月14日
2011年10月11日
2011年10月07日
2011年10月04日
2011年09月30日
2011年09月27日
2011年09月22日
2011年09月20日
2011年09月16日
2011年09月13日
2011年09月09日
2011年09月06日
2011年09月02日
2011年08月30日
2011年08月26日
2011年08月23日
2011年08月09日
2011年08月05日
2011年08月02日
2011年07月29日
2011年07月26日
2011年07月22日
2011年07月19日
2011年07月15日
2011年07月12日
2011年07月08日
2011年07月05日
2011年07月01日
2011年06月28日
 
2011年08月23日(火)
学校支援コーディネーターの仕事

市の契約職員としてはじまった”学校支援コーディネーター”

仕事先は、児童数が100人にも満たない小さな小学校でした。
学校支援コーディネーターとして小学校に出入りするようになり、
学生時代は嫌いだった職員室に自分専用の机が用意されることに。

生徒でも保護者でも先生でもないのに、
自分の机が用意されるって嬉しいですね (^^)v

そう毎日コーディネートイベントが、あるわけでもないため、
地域の手を必要としないことも多く、
普段は算数の授業で、使用する立体的な箱を作ったり、
行事の写真を整理し、アルバム制作や廊下に掲示したり、
先生が出張でどうしようもなく手が足りないときに、
授業の補助に入ったりといった仕事をさせてもらいました。

それにちゃっかり給食をいただけたりして、
またしても得な仕事に就いちゃったなぁ・・・
と、浮かれているルカでありました。

そんな私に初めて与えられた
学校支援コーディネーターらしき仕事は、
なんと、
「さつまいもの苗植え」

小学校1、2年生の畑でさつまいもを苗から育てる
という授業のお手伝いだったんですが、
農業経験ゼロ、もとい、
朝顔でさえも枯らしてしてしまう植物音痴なあたしには、
かなり高いハードルです。

とりあえずマニュアル通りに、
さつまいもの苗植えができるであろう地域の方に電話をし、
概要を説明し、ご協力をお願いするんですが、
相手からしてみれば、よそ者の私の存在に不信感。

「あなたは誰?」
「どこの人?」
「何で小学校で働いているの?」
などなど、先方は疑問でいっぱい。

その度に上司の名前を出してみたり、
どこどこの嫁ですと個人情報を開示してみたりと、
電話一本入れるのにも苦労しました。

とは言え、
こういう積み重ねが、
ルカという名と顔を覚えてもらい、
この村で住んで行くための人脈が、
構築されていくのだ

と考えると、案外、出会いの多いこの仕事は、
楽しいとも思えてきました。

事前にボランティアの方と打ち合わせを重ね、
授業ですぐに苗植ができるところまでスタンバリました!!
そして当日。
ルカの支援コーディネーターとしての初仕事がやって参りました。

声をかけた以上のボランティアの方が来てくださり、
子どもたちと和気あいあい、
滞りなく植え付けが終わるかと思いきや・・・・・・・

やっちまいました。

肥料を用意するのを・・・

言うまでもなく、秋の収穫では、
それはそれは細くカモシカの足のような
小さなさつまいもたちがコロコロ出てきたのです。

子どもたちよ、ごめんよっっ。

作物を作るには、肥料がいる。
また一つ、大人になったルカでした。