学童指導員のお仕事|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
パワフル全快!ルカが通りまぁぁ〜す!人生もフットサルも七転八起ですが不屈の精神の彼女、本当は2児の母!?
 

ルカさん(29)


大学卒業後、地元の金融機関に勤める。女世界の厳しさを学びつつ窓口を担当。しかし、わずか1年半で寿退社。

結婚後、旦那の両親と片田舎で同居。スローライフがはじまる……。
24、25歳と続けざまに男児を出産。26歳、そろそろ家庭に納まっているのも苦痛に感じ、社会復帰を願う。

運良く教育に携わる仕事に出会い、パートをはじめる。
やがて本格的に働いてみたいと思うようになり、派遣登録。
家計を支えるというより、この頃は自分に投資するためという気持ちが強かった。
美味しいもの食べたいし、お洒落したいし、美容にも興味あるし、まだまだ20代、遅めの青春を謳歌。

28歳、旦那がまさかのリストラ。金の切れ目は縁の切れ目!?
無職でギャンブラーで酒浸りの旦那と離婚。
子ども二人を抱え、実家に出戻り。

濃いですかね?
いやいや、そんなこんなで現在は正社員目指し、派遣社員として働いています。

「自分で決めたことはすべて良かったこと……」。そう思い込んで生きている、楽観的でポジティブな29才。

10年前、想像もしてなかった今を生きていますが、できることを精一杯やるのみ。
「いつもありがとう」
周囲に感謝の気持ちを忘れずに、日々過ごしていきたいなと思っています。


■住まい:神奈川県

■趣味:バレーボール、フットサル、子どもに遊んでもらうこと

■血液型:最初は絶対に『O型』って言われるけど、慣れてくると『やっぱりB型だよね』と言われる隠れB型

■性格:外見が男顔でキツメなのでサバサバしてそうだけど、意外とビビリで変なところを気にする不安ガリータ
過去の日記
2011年10月18日
2011年10月14日
2011年10月11日
2011年10月07日
2011年10月04日
2011年09月30日
2011年09月27日
2011年09月22日
2011年09月20日
2011年09月16日
2011年09月13日
2011年09月09日
2011年09月06日
2011年09月02日
2011年08月30日
2011年08月26日
2011年08月23日
2011年08月09日
2011年08月05日
2011年08月02日
2011年07月29日
2011年07月26日
2011年07月22日
2011年07月19日
2011年07月15日
2011年07月12日
2011年07月08日
2011年07月05日
2011年07月01日
2011年06月28日
 
2011年07月29日(金)
学童指導員のお仕事

派遣会社に登録しよう!

そう思った日に、
何と、お仕事の話しが入ってきたんです!!

私が暇そうにしていたのを、
きっと人伝えに聞いたのでしょう。
いや、もしかしたら見たのかも。
よく、子どもと散歩してたし・・・。
田舎道で歩いているのは、車を運転できない老人か、
わたしたち親子だけでした。

よく、散歩をしていると、
「ナニシテルノ??」と、ママ友からメールをいただきました。
確かに、車社会過ぎて、謎だったのかも。うん。納得。

それは、さておき、
肝心のお仕事の内容は、
学童保育の学童指導員。

学童をご存知でしょうか?

学童保育(がくどうほいく)とは・・・
  労働などの事情により、昼間保護者が家庭にいない小学生
  の児童に対し、放課後や長期休暇中、保護者に代わって行
  う保育を指すこと。

この、教育に関する資格は何もない私が、
学童指導員のお仕事に勧誘されたのですー♪

これも普段の行いが良いからでしょうか(*^_^*)えへ。

以前、たまたま公園で孫を連れてきていた学童指導員さん
とお話ししたことがあって、
それで覚えてくれていたみたいです。
感動。
濃い顔してて良かった。

学童指導員のお仕事内容を簡単に言うと、
学校が終わった子どもたちと宿題したり、
おやつ食べたり、遊んだり。後は施設の掃除とかです!

学童保育に来ていたのは小学校1〜3年生の8人。
経験はないけれど、
お話を聞いて一番最初に思ったのは、
「楽しそう」という好奇心。

そして不安に感じたのは、
人生経験。。。もとい
子育て経験の少ない私が、
可愛い我が子たちを指導するなんて、
親御さんたちは心配するのではないか。
・・・という思いでした。

でも、もう一人の学童指導員の先生がいること、
学童保育の教室が、公民館の一室に借りられていることもあり、
「どうにかなるかも!!」と、
好奇心が勝り、

お仕事させてもらうことになりました。

また、
学童指導員の話しが来たのと同時期に、
データ入力の内職のお仕事の話も他から入り、
午前は、主に自宅でデータ入力を。
午後は、学童保育。
という仕事のローテーションも出来上がり、
結局は派遣登録は流れたのでした・・・。

当時26歳の私。
勉強のほうは、うまく教える自信はありませんでしたが、
ちょっと体力には自信があり、
鬼ごっことか、探検ごっことか、野球とか、
率先して子ども相手に【ガチ】になっちゃうわけですが、
童心に帰り、一緒に楽しませてもらい、これが仕事でいいのか?
と、自問自答しつつ、
毎日充実した日々を送らせてもらいました。

実際、子どもたちから教わることも多く、
純粋な心に何度涙したことか(泣)
夏はBBQやプール、冬は雪遊びなど、
四季折々の村での楽しみ方を教えてもらいました。

女の子は、マセていて要領が良く、
男の子は、単純で心優しく不器用で、
女の子が強い理由がよーーーく、分かりました(笑)

でも、本当にみんないい子たちで、心癒やされる日々。

家庭もぼちぼち円満で、
仕事では何の不満もなく、
田舎暮らしを最高に楽しんでいた時期。
私の結婚生活において、
ものすごく充実していた時間だったと思います。