働く意欲だけが空回る日々|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
パワフル全快!ルカが通りまぁぁ〜す!人生もフットサルも七転八起ですが不屈の精神の彼女、本当は2児の母!?
 

ルカさん(29)


大学卒業後、地元の金融機関に勤める。女世界の厳しさを学びつつ窓口を担当。しかし、わずか1年半で寿退社。

結婚後、旦那の両親と片田舎で同居。スローライフがはじまる……。
24、25歳と続けざまに男児を出産。26歳、そろそろ家庭に納まっているのも苦痛に感じ、社会復帰を願う。

運良く教育に携わる仕事に出会い、パートをはじめる。
やがて本格的に働いてみたいと思うようになり、派遣登録。
家計を支えるというより、この頃は自分に投資するためという気持ちが強かった。
美味しいもの食べたいし、お洒落したいし、美容にも興味あるし、まだまだ20代、遅めの青春を謳歌。

28歳、旦那がまさかのリストラ。金の切れ目は縁の切れ目!?
無職でギャンブラーで酒浸りの旦那と離婚。
子ども二人を抱え、実家に出戻り。

濃いですかね?
いやいや、そんなこんなで現在は正社員目指し、派遣社員として働いています。

「自分で決めたことはすべて良かったこと……」。そう思い込んで生きている、楽観的でポジティブな29才。

10年前、想像もしてなかった今を生きていますが、できることを精一杯やるのみ。
「いつもありがとう」
周囲に感謝の気持ちを忘れずに、日々過ごしていきたいなと思っています。


■住まい:神奈川県

■趣味:バレーボール、フットサル、子どもに遊んでもらうこと

■血液型:最初は絶対に『O型』って言われるけど、慣れてくると『やっぱりB型だよね』と言われる隠れB型

■性格:外見が男顔でキツメなのでサバサバしてそうだけど、意外とビビリで変なところを気にする不安ガリータ
過去の日記
2011年10月18日
2011年10月14日
2011年10月11日
2011年10月07日
2011年10月04日
2011年09月30日
2011年09月27日
2011年09月22日
2011年09月20日
2011年09月16日
2011年09月13日
2011年09月09日
2011年09月06日
2011年09月02日
2011年08月30日
2011年08月26日
2011年08月23日
2011年08月09日
2011年08月05日
2011年08月02日
2011年07月29日
2011年07月26日
2011年07月22日
2011年07月19日
2011年07月15日
2011年07月12日
2011年07月08日
2011年07月05日
2011年07月01日
2011年06月28日
 
2011年07月19日(火)
働く意欲だけが空回る日々

職業安定所は、自宅から約40キロ北進。

片道一車線しかない国道を
50分くらいかけて辿り着くわけですが
信号は街の中心部に集中しているため
5キロとか10キロとか、普通にノンストップです。

実家に帰ってきて何がイラついたって
信号が多すぎること!!!

まー・てー・なー・いー(泣)

都会にお住みのみなさんは
ブレーキパッドの消耗が激しいと思われます。

いえ(笑)はい。そんな余談は置いといて
職安に行くのに往復2時間てあんまりですよね。

初回はしぶしぶ登録に行ったのですが
毎回通うとなると、かなり苦痛です。。

ガソリン代が、かかり過ぎて
家でおとなしくしていたほうが経済的ではないかと。
この時代にインターネットが普及しててよかったなと。

就職活動をしようと決めて
またしても譲れない条件を考えてみました。

■ 子どもと過ごす時間
■ 土日休み
■ 扶養内で働く

正直、当時は生活に困っていたわけではありませんでした。
同居してたし(義両親の恩恵が大きかった)
子どもも小さかったし(2歳と0歳)
私のお小遣いがないことを除けば、生活はできていたんです。

それに、子どもたちの面倒は絶対に自分で見たかった。
「意地」ともいうのでしょうか。同居をしていても子どもを
義両親に預けるということに抵抗を感じていたんです。

一言で言えば、子どもを取られたくなかった。

あの頃は子どもが今よりも、もっともっと幼くて
接する時間が長い人に子どもは懐くのだろうと
思っていたのかもしれません。

それに何でしょう?
結局は義親なんで、いくら生活を共にしていても
遠慮が生じていたんです。本当にいい意味だけど
自分の親のようには接せられないという何かがあった。

だから保育園に入れても
送り迎えができる仕事を探そうと思っていました。

ランチ時に4時間くらい働くだけでもいっかーと。
社会復帰にもウォーミングアップがあったほうが
いいに違いない!!!?

(笑)明らかに、自分に甘いだけなんですけどね。

しかし、現実は甘くなかった……。

まず第一に「働ける場所」が少なすぎる!!

これいいじゃん!って思っても、片道1時間以上とか!?
場所で選べば、出た、時給600円台!!!

そして安定志向はまだ健在だったため
結局は役場系の期限付き職員を選び応募。
・・・でも、カラーが合わなかったのか、惨敗。

せっかく保育園の入所は決まったけど
何も進展せぬ日々に焦りが。

それに職安にもよく子連れで行っていたので、

年配の女性相談員さんに

『子どもが小さいのは今だけ。何を焦って働きたがっているの?』
『子育ても家事も立派な仕事だから、自信を持って』
・・・・・・などと、励まされました。

幼い子どもたちと過ごせる貴重な時間。
それがどんなに幸福で素敵なことか頭では分かっていても、

私は働いてみたいんだーーーーーーーー!!!

いつになくわいてくる労働意欲。

働きたくても働けない日々を2カ月ほど
そう悶々と過ごしましたとさ。