カルチャーショック 時給650円の壁|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
パワフル全快!ルカが通りまぁぁ〜す!人生もフットサルも七転八起ですが不屈の精神の彼女、本当は2児の母!?
 

ルカさん(29)


大学卒業後、地元の金融機関に勤める。女世界の厳しさを学びつつ窓口を担当。しかし、わずか1年半で寿退社。

結婚後、旦那の両親と片田舎で同居。スローライフがはじまる……。
24、25歳と続けざまに男児を出産。26歳、そろそろ家庭に納まっているのも苦痛に感じ、社会復帰を願う。

運良く教育に携わる仕事に出会い、パートをはじめる。
やがて本格的に働いてみたいと思うようになり、派遣登録。
家計を支えるというより、この頃は自分に投資するためという気持ちが強かった。
美味しいもの食べたいし、お洒落したいし、美容にも興味あるし、まだまだ20代、遅めの青春を謳歌。

28歳、旦那がまさかのリストラ。金の切れ目は縁の切れ目!?
無職でギャンブラーで酒浸りの旦那と離婚。
子ども二人を抱え、実家に出戻り。

濃いですかね?
いやいや、そんなこんなで現在は正社員目指し、派遣社員として働いています。

「自分で決めたことはすべて良かったこと……」。そう思い込んで生きている、楽観的でポジティブな29才。

10年前、想像もしてなかった今を生きていますが、できることを精一杯やるのみ。
「いつもありがとう」
周囲に感謝の気持ちを忘れずに、日々過ごしていきたいなと思っています。


■住まい:神奈川県

■趣味:バレーボール、フットサル、子どもに遊んでもらうこと

■血液型:最初は絶対に『O型』って言われるけど、慣れてくると『やっぱりB型だよね』と言われる隠れB型

■性格:外見が男顔でキツメなのでサバサバしてそうだけど、意外とビビリで変なところを気にする不安ガリータ
過去の日記
2011年10月18日
2011年10月14日
2011年10月11日
2011年10月07日
2011年10月04日
2011年09月30日
2011年09月27日
2011年09月22日
2011年09月20日
2011年09月16日
2011年09月13日
2011年09月09日
2011年09月06日
2011年09月02日
2011年08月30日
2011年08月26日
2011年08月23日
2011年08月09日
2011年08月05日
2011年08月02日
2011年07月29日
2011年07月26日
2011年07月22日
2011年07月19日
2011年07月15日
2011年07月12日
2011年07月08日
2011年07月05日
2011年07月01日
2011年06月28日
 
2011年07月12日(火)
カルチャーショック 時給650円の壁

先日、同級生の友人の結婚式に行って参りました。
同じテーブルを囲むのは、もちろん同級生たち。
適齢期ど真ん中ですから既婚者、未婚者半々といったところでしょうか。

そうした中、キャリアウーマンの独身友人が、
高砂に座る新婚夫婦を見て一言。

『あそこに座ったが最後だよね。理想と現実の境目って言うのかな。
 後は現実しか待ち受けてないし。私はまだ座りたくないな』

と、強がる風でもなく言っていた。

結婚したら夢を見るなと言う。
いや、夢ばかり見ていられないという一般論?

独身なのに悟ってて、やりおるな。

えー、そこまで悟り切れなかった23の夏
大好きな地元・神奈川を離れ、
だーーーーーーーれも知らない、
東北の片田舎、住所に「大字」がついちゃう村に私は嫁ぎました

何がすごいって、
小学校時代に過ごした林間学校より遥か田舎な村。

下水道はこの先も通る予定がなく、
水は山水や井戸水。
見渡す限り、山、山、山。
鹿やきつね、タヌキ、イタチなど、
自然界に生息する生き物と共存する日々。

そして仕事を辞めた私は毎日暇でした。
旦那は、仕事でいないし、夜勤業だったし、
通勤、「片道一時間」だからと言い訳し、
帰宅せず夜勤明けにパチンコ行っちゃうような旦那様で……。
彼の両親と結婚したかのような新婚生活。
彼のためではなく、
義両親のために作ったことのないご飯を作っていたのです。

作る方もしんどかったですが、
食べるほうも、さぞかししんどかったでしょう。

あまりにもやることがなく、
村に唯一あるお店、ロー○ンでアルバイトでもしようかと。

思ったら、
時給650円。
え、えーーーーーーーー!!!!!!

学生時代から、時給1000円以上じゃないと
バイトしないと決めていた私。
いや、確かに私の能力では、見合った数字かもしれません。
でも、高校生でも800円はもらっているのでは。。。

カルチャーショック
ここでは働けない。

結婚し、現実に向き合うことを覚えました。
その結果、可愛い我が子でも出来れば、
旦那も改心するのではないか。
働くことも、もう少し先延ばしにすればいいのではないか。
この時点でまったくもって見れてない現実と将来。

でも、何事もやってみなければ分からないおバカガールは、
二人の可愛い王子に恵まれるのでした。

お察しの通り、現実は何一つ変わらず、
変わったのは、旦那という子どもが、
既に一人いたということに気づいてしまったこと。

次号は、家庭に入って見つけた働く意義について、
語りたいと思います。