社会への第一歩。は掃除から・・・|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
パワフル全快!ルカが通りまぁぁ〜す!人生もフットサルも七転八起ですが不屈の精神の彼女、本当は2児の母!?
 

ルカさん(29)


大学卒業後、地元の金融機関に勤める。女世界の厳しさを学びつつ窓口を担当。しかし、わずか1年半で寿退社。

結婚後、旦那の両親と片田舎で同居。スローライフがはじまる……。
24、25歳と続けざまに男児を出産。26歳、そろそろ家庭に納まっているのも苦痛に感じ、社会復帰を願う。

運良く教育に携わる仕事に出会い、パートをはじめる。
やがて本格的に働いてみたいと思うようになり、派遣登録。
家計を支えるというより、この頃は自分に投資するためという気持ちが強かった。
美味しいもの食べたいし、お洒落したいし、美容にも興味あるし、まだまだ20代、遅めの青春を謳歌。

28歳、旦那がまさかのリストラ。金の切れ目は縁の切れ目!?
無職でギャンブラーで酒浸りの旦那と離婚。
子ども二人を抱え、実家に出戻り。

濃いですかね?
いやいや、そんなこんなで現在は正社員目指し、派遣社員として働いています。

「自分で決めたことはすべて良かったこと……」。そう思い込んで生きている、楽観的でポジティブな29才。

10年前、想像もしてなかった今を生きていますが、できることを精一杯やるのみ。
「いつもありがとう」
周囲に感謝の気持ちを忘れずに、日々過ごしていきたいなと思っています。


■住まい:神奈川県

■趣味:バレーボール、フットサル、子どもに遊んでもらうこと

■血液型:最初は絶対に『O型』って言われるけど、慣れてくると『やっぱりB型だよね』と言われる隠れB型

■性格:外見が男顔でキツメなのでサバサバしてそうだけど、意外とビビリで変なところを気にする不安ガリータ
過去の日記
2011年10月18日
2011年10月14日
2011年10月11日
2011年10月07日
2011年10月04日
2011年09月30日
2011年09月27日
2011年09月22日
2011年09月20日
2011年09月16日
2011年09月13日
2011年09月09日
2011年09月06日
2011年09月02日
2011年08月30日
2011年08月26日
2011年08月23日
2011年08月09日
2011年08月05日
2011年08月02日
2011年07月29日
2011年07月26日
2011年07月22日
2011年07月19日
2011年07月15日
2011年07月12日
2011年07月08日
2011年07月05日
2011年07月01日
2011年06月28日
 
2011年07月05日(火)
社会への第一歩。は掃除から・・・

雨の日が続く中、晴れ間が広がると、
何となく気分も明るくなりますね。

先日、子どもたちを保育園に送っているとき、
青空を見上げた息子が、
 息子2『見て、お空が青くてきれいだね!』
と。
するとすかさず
 息子1『誰が掃除してくれたんだろうね?』
という返答が……。

こんなちょっとしたことで、
母、ほっこりした気持ちになります。
いつもありがとう(*^_^*)

それでは気を取り直して、
およそ8年前にタイムスリップしたいと思います。

名残惜しい大学生活を後にし、
新入社員として入社した金融機関。
同期入社は75人。
本店含む43店舗にそれぞれが配属されました。

私が配属されたのはA支店。
20人ほどの小さい支店だったんですが、
築40年のおんぼろ支店。
GK(ゴーキー)との共存生活でございました。

民間企業とは言え地元金融機関。
昭和な匂いがプンプンで、
私の直属の上司にあたる40歳の女性上司も、
社内では、5人目の女性管理職となったばかりのお方でした。

同性は同性に厳しい。
知ってはいたのですが、厳しい・・・。

そして、なぜか、その支店には古くからの伝統があり、
通常8時30分〜17時の就業時間のうち、
新人は7時出勤。
そして一時間以上掃除し、お茶をいれ、
上司や先輩方の来社を待ちます。
  (同期の話だと、他の支店にはそんな風習はなかったらしい)

ちなみに、業務内容は、数年上の先輩とそう変わりません。
でも、就業前一時間から(16時〜)、またしても掃除。

お掃除のおばさんを雇っているのに、
毎日2時間以上、掃除に明け暮れていました。

そして、それらのすべてを先輩ではなく、
40歳の女性上司が見てくれました。
時に姑のように、そして小姑のように目を光らせ、
チェックが入っていたわけですが、
今思うと、本当にありがたいことです。

ただ、なぜ? 新人だけが掃除をやるのか。
私には全然理解できませんでした。

みんなの支店なら、みんなで綺麗にすればいい。
そういう気持ちが、この人たちにはないのか、
そんな風にずっと思っていたんです。

なので一年後、新人仕事をやり終え後輩が入ってきたときに、
その疑問を会議で直談判!!

女性上司には
『新人が掃除する意味は、あと20年働けばわかる。』
と、諭されました。

でも何か納得できなくて、結局、
『じゃあ、私は今年も新人ちゃんと掃除します!!』
という、しなくてもいい宣言をし、
2年目に突入するのでした・・・。

掃除と新人。
分かるような、分からないような、ちょっと分かってきたような。

でも、その後どの職場へ行っても、
探しても探しても仕事が見つからない時は、
掃除をするようにしています。

お給料をもらっているからには暇なく働く。
それが基本姿勢なのかな。

"イヤなことも仕事のうち"
社会に出て一番最初に学んだことでした。