THE営業マン|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
がんばれ!がんばれ!お母さん  第二子の出産を、来年に控え、壮絶な派遣経験をいま振り返る
 

akko さん(28)

大学進学の為、東京へ上京。
大学卒業後、保育士として正社員で働くが、1年で退職。
しかし、子供と関われる仕事がしたいと、子供服販売の仕事に興味をもち、その時派遣というスタイルに出会う。

子供服ブランドの会社で派遣社員として働くが、百貨店勤務で様々な勤務地に移動。勤務時間が長く休日も取れず、体調を崩したり、ストレスが溜まる。

この時自分のやりたいこと、自分に出来ること、自分の体力や器量に合った仕事は何なのか、考えさせられる。

次に派遣会社から営業の仕事を進められ、3ヶ月トライ!だが、紹介予定派遣というプレッシャー、ノルマというプレッシャー・・・
ここで、初めて、自分は営業向きではないことに気付かされる。
その後、信託銀行で事務の仕事へと移動。
営業の方のアシスタント事務をやり、初めて仕事に対して前向きになる。
仕事の楽しさ、仲間の大切さなど実感し、自分は表舞台より裏方の方が向いていることに初めて気付く。

その後、結婚、妊娠と、出産2ヶ月前まで派遣で働き、現在は子育て奮闘中の主婦。
出身:神奈川県横浜市
趣味:ネイル、ショッピング、旅行
過去の日記
2011年02月04日
2011年02月01日
2011年01月28日
2011年01月25日
2011年01月21日
2011年01月18日
2011年01月14日
2011年01月11日
2010年12月28日
2010年12月24日
2010年12月21日
2010年12月17日
2010年12月14日
2010年12月10日
2010年12月07日
2010年12月03日
2010年11月30日
2010年11月26日
2010年11月22日
2010年11月19日
2010年11月16日
2010年11月12日
2010年11月09日
2010年11月05日
2010年11月02日
2010年10月29日
2010年10月26日
2010年10月22日
2010年10月19日
2010年10月15日
2010年10月12日
2010年10月08日
2010年10月05日
 
2011年01月14日(金)
ザ・営業

こんにちは。akkoです。
さて、メシウマ状態で続いたこの会社ですが(笑)

ああ、何といっていいのやら・・(ドキドキ)
アタシはドラマで見るような光景を目の当たりにするのでした
そうそれは、はじめて「ザ・営業」という人たちを見たのです。

毎日走り回り、上司には怒られ、夜は接待、週末はゴルフ…と。
こんな絵に描いたような生活を送っている人たちが
やはりいたのですね。本当に接待ゴルフとかあるんだね〜(笑)

飲み屋の予約取ったり、
接待ゴルフの予約やら招待状を作ったり…
「秘書みたいだ〜」とアタシは勝手にテンション上がってました。
こういうお仕事も悪くないな〜と。
営業の人は大変ですやね・・・(涙)

というか、ここの人たちは毎日お酒を飲んでましたぜい(泣)
サラリーマンたるもの、付き合いは大切なんだと改めて実感しました。

部署やチームで飲みに行く時は、
必ずアタシを呼んでくれたし。

派遣さんの歓迎会やら送別会もバッチリやってくれるし(キリッ)
何かと理由をつけては飲み会ばっか(笑)大学生かと!
もちろんそういうのが嫌いな派遣さんもいたり、
主婦やってて来れない人もいたけど、
なんだかんだ毎週のように呼ばれたさ。

はじめはそれが面倒くさいなぁ〜と思っていたのに
だんだんとそこから仲良くなり、
チームの一員になれたようで嬉しかったぞ。本心はね(乙女)

当たり前のように必要としてくれるから、
だんだんと個人的な話までするようになり・・
実は今でもその時のチームの人たちとは連絡をとる仲です。

私の結婚式にも来てくれたり、
出産のお祝い贈ってくれたり。
勤務期間は2年もなかったのに、とても良い出会いだったなぁ〜っと。

ある日は、みんなでサッカー見に行こう!となり、
そのころ私は結婚していたので、夫婦で呼んでくれたり。
妊娠したときも、みんなが喜んでくれた。ありがたし。

そうなんだ。必要とされることで、
やりがいを感じて自分から率先して動けるようになった

そこからもっとがんばろうと思えたし、
みんなの役にたちたかった。素直に現在、そう思うの。

妊娠8ヶ月ギリギリまで働けたのも、
この環境が好きだったからなんだと思います。

【つづく】