またまた派遣会社へ登録に行く|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
がんばれ!がんばれ!お母さん  第二子の出産を、来年に控え、壮絶な派遣経験をいま振り返る
 

akko さん(28)

大学進学の為、東京へ上京。
大学卒業後、保育士として正社員で働くが、1年で退職。
しかし、子供と関われる仕事がしたいと、子供服販売の仕事に興味をもち、その時派遣というスタイルに出会う。

子供服ブランドの会社で派遣社員として働くが、百貨店勤務で様々な勤務地に移動。勤務時間が長く休日も取れず、体調を崩したり、ストレスが溜まる。

この時自分のやりたいこと、自分に出来ること、自分の体力や器量に合った仕事は何なのか、考えさせられる。

次に派遣会社から営業の仕事を進められ、3ヶ月トライ!だが、紹介予定派遣というプレッシャー、ノルマというプレッシャー・・・
ここで、初めて、自分は営業向きではないことに気付かされる。
その後、信託銀行で事務の仕事へと移動。
営業の方のアシスタント事務をやり、初めて仕事に対して前向きになる。
仕事の楽しさ、仲間の大切さなど実感し、自分は表舞台より裏方の方が向いていることに初めて気付く。

その後、結婚、妊娠と、出産2ヶ月前まで派遣で働き、現在は子育て奮闘中の主婦。
出身:神奈川県横浜市
趣味:ネイル、ショッピング、旅行
過去の日記
2011年02月04日
2011年02月01日
2011年01月28日
2011年01月25日
2011年01月21日
2011年01月18日
2011年01月14日
2011年01月11日
2010年12月28日
2010年12月24日
2010年12月21日
2010年12月17日
2010年12月14日
2010年12月10日
2010年12月07日
2010年12月03日
2010年11月30日
2010年11月26日
2010年11月22日
2010年11月19日
2010年11月16日
2010年11月12日
2010年11月09日
2010年11月05日
2010年11月02日
2010年10月29日
2010年10月26日
2010年10月22日
2010年10月19日
2010年10月15日
2010年10月12日
2010年10月08日
2010年10月05日
 
2010年11月26日(金)
またまた派遣会社へ登録に行く

こんにちは。akkoです。

ネットで仕事を探し始めた!
もちろん「マイナビ派遣」ももろ活用させて頂きました(笑)

そこで見つけた営業事務

この時、営業事務って何?普通の事務との違いは、なあに?
とりあえず派遣会社にまた登録に行ってみようっと!
そんな感じで私の転職活動は始まりました(笑)

そりゃこのとき無職ですから。
電話で予約してすぐに翌日に登録に行きました。

そこの派遣会社は前回とは違っていた。

私も学んでますよ。さすがにジーパンでは行きません
とりあえず黒のジャケット羽織って行きました!

そこではスキルチェックやカウンセリング、
お仕事の具体的な紹介・・・など。
真面目な話しが2時間続き、正直緊張しすぎて何を話したのか
全く覚えてない。
前回の登録があまりにお気楽な会話で終わってしまったから、
ただの登録だしぃ〜と舐めてました。

とりあえず
いくつか気になる仕事を紹介して頂き、その日は終了。
WORDEXCELやったのも久しぶり、毎日子供相手にしてたから、
スーツの真面目なお兄さんとの会話はドッと疲れました(笑)
優しかったけど、なんか普段接したことないから、
無駄に緊張したのを覚えています。

でも後日電話で、その時紹介してもらった
営業事務のお仕事の面接が決まりました!と連絡があり、
私のあのPCスキルで本当にいいの?!と半信半疑で面接に
向かうことになりました。

てか「会社」なんて、ドラマの世界なんですけど〜(笑)

保育園も百貨店にもないオフィ〜スの世界。
う〜ん・・・面接だけでも緊張。

そもそもスーツ持ってないんですけど・・・(泣)

「スーツじゃなきゃダメですか?」
なんて恥ずかしい質問を派遣会社にしてみたら、
「オフィスカジュアルで大丈夫ですよ!」との回答が。

-- オフィスカジュアルってなんじゃ?? --
・・・それを教えて欲しいんですがぁ。。

その後は、オフィスカジュアル・・ハイ。もちろん聞きました。
だってオフィスで働いたことないんだもん!!

そんなこんなで私のオフィスデビューが始まるのですが、
このあと人生はじめての経験が立て続けにつづくのでした。

【つづく】