突然ですがA・・・|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
“森girlの社会人デビューは派遣で−無理をせず、マイペースな彼女がたどり着いた先は地元の公的機関
 

ぼんやりーぬ さん(25)

特にこれといった夢もなく、受験勉強も最後までやる気が起こることなく、家計を考えた結果、家からぎりぎり通学可能圏内の地方国立大学に進学。往復3時間超の新幹線通学は、ぎりぎりセーフではなく完全にアウトで完璧に体調を崩す。大学生活4年間体調を崩したまま送り、卒論をなんとか提出して進路未決定のまま無事卒業。

卒論を書き上げるだけで精一杯で就職活動を一切していなかったので見事プー太郎になってしまい、どうしたもんかと考えた結果、家で仕事ができる行政書士っていいじゃんという安易な考えのもと行政書士の資格試験を独学で開始。マーク式試験は割と手応えを感じたが、記述式試験を思いのほかやらかしてしまっていたため見事に不合格。

1年間タダ飯くらって生活していたので、一日でも早く働かなければとあせって、派遣=時給高い=即働けるという安易な考えのもと派遣会社に登録に行き、紆余曲折は多少あったものの紹介してもらった1社目の会社に派遣されることが見事決定。

出身:宮城県
趣味:映画鑑賞、手芸(ニードルフェルト)、ミニチュア作り、読書、旅行、音楽鑑賞(ライブ) 愛犬ショコラと戯れること
過去の日記
2010年9月17日
2010年9月14日
2010年9月10日
2010年9月7日
2010年9月3日
2010年8月31日
2010年8月27日
2010年8月24日
2010年8月20日
2010年8月17日
2010年8月06日
2010年8月03日
2010年7月30日
2010年7月27日
2010年7月23日
2010年7月20日
2010年7月16日
2010年7月13日
2010年7月9日
2010年7月6日
2010年7月2日
2010年6月29日
2010年6月25日
2010年6月22日
2010年6月18日
2010年6月15日
 
2010年09月14日(火)
突然ですがA・・・

こんにちは!ぼんやりーぬです。

よく離婚は結婚より大変といわれていますが、
退職もおなじような感じだと勝手に自分は思いました。

派遣先に就職した際にももちろん苦労はありましたが、
退職とは比べものにならないような気が・・・。
まあ、自分が悪いっちゃ悪いんですが・・・。

採用通知の電話がきた際、まっさきに上司に相談しました
(母親の次に知らせました)上司は手放すのは惜しいけど、
頑張ってほしいと応援してくれました。
すぐに、上司と円満退社するにはどのような形に
持ってくのがベストかと頭をひねらせました。

上司との相談の結果、
派遣会社との主な連絡窓口は総務なので、
突然派遣会社から連絡がいくのはよろしくないので
まず総務に知らせて心積もりをしてもらって、
次にわたしが派遣会社の営業さんに連絡して、
派遣会社から総務に連絡がいく形が最良だという
結論にいたりました。

このときは、結構精神的に大変なものでした。
(いろいろとありましたので)
後任の人もあれよあれよという間に決まり、
まずいと思ったのが引き継ぎです。

正直、8月という中途半端な時期に辞めるとは
全く考えてもいなかったので引き継ぎ書が全くない。
わたしが入ったときは引き継ぎ書が一切なかったんです
口頭で教えてもらう形でした。

これはまずいでしょという形で急遽引継ぎ書作り開始。
文書で人に教えることが非常に大変なことを身をもって経験。
通常業務の合間にひたすら引継ぎ書引継ぎ書引継ぎ書・・・。
引継ぎが半日しかないので、ほとんど直接引継ぐことができず、
きっと引継ぎ書は重要な役割を果たしてくれるはず・・・。

突然の退職劇は、本当に慌しいものでした
そして、ここを辞めるんだという実感が
本当に最後まで感じられませんでした。

本当にいい職場で働かせていただきました。
本当にいい経験になりました。

この場を借りてお礼を述べさせていただきます。

本当にありがとうございました。