初出勤・・・|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
“森girlの社会人デビューは派遣で−無理をせず、マイペースな彼女がたどり着いた先は地元の公的機関
 

ぼんやりーぬ さん(25)

特にこれといった夢もなく、受験勉強も最後までやる気が起こることなく、家計を考えた結果、家からぎりぎり通学可能圏内の地方国立大学に進学。往復3時間超の新幹線通学は、ぎりぎりセーフではなく完全にアウトで完璧に体調を崩す。大学生活4年間体調を崩したまま送り、卒論をなんとか提出して進路未決定のまま無事卒業。

卒論を書き上げるだけで精一杯で就職活動を一切していなかったので見事プー太郎になってしまい、どうしたもんかと考えた結果、家で仕事ができる行政書士っていいじゃんという安易な考えのもと行政書士の資格試験を独学で開始。マーク式試験は割と手応えを感じたが、記述式試験を思いのほかやらかしてしまっていたため見事に不合格。

1年間タダ飯くらって生活していたので、一日でも早く働かなければとあせって、派遣=時給高い=即働けるという安易な考えのもと派遣会社に登録に行き、紆余曲折は多少あったものの紹介してもらった1社目の会社に派遣されることが見事決定。

出身:宮城県
趣味:映画鑑賞、手芸(ニードルフェルト)、ミニチュア作り、読書、旅行、音楽鑑賞(ライブ) 愛犬ショコラと戯れること
過去の日記
2010年9月17日
2010年9月14日
2010年9月10日
2010年9月7日
2010年9月3日
2010年8月31日
2010年8月27日
2010年8月24日
2010年8月20日
2010年8月17日
2010年8月06日
2010年8月03日
2010年7月30日
2010年7月27日
2010年7月23日
2010年7月20日
2010年7月16日
2010年7月13日
2010年7月9日
2010年7月6日
2010年7月2日
2010年6月29日
2010年6月25日
2010年6月22日
2010年6月18日
2010年6月15日
 
2010年07月02日(金)
初出勤・・・

こんにちは!ぼんやりーぬです。
前回幕が開いたかに思えた派遣ライフ。
実はまだ開いていませんでした。
もう1回面談あるんだって・・・もう1回やるのかい!

営業さんと二人で気合いを入れつつ、
面談ルームの扉をあけてみればあら、びっくり。
相手が2人から4人に増えてる!
え〜、これまた聞いてないよ〜。

まあ2回目だし、慣れたもんじゃい、って
志望動機と自己PRをすらすらっと述べてキリッときめ顔したら、
担当者その1:「で、いつから来れるの?」
ぼんやり〜ぬ:「えっ、いつからでも来れますけど」
担当者その1:「じゃあ、4月1日から来て」
と、とんとん拍子に決まり、はぁ〜と一息ついて、
張り詰めた緊張感がほぐれつつあったとき
担当者その1:「担当者その2は君の大学の先輩だから」。
あっ、ちなみに
(廊下を通りすぎようとする男性を捕まえ)
「彼も君の先輩だから」。

え〜、またしてもこんな偶然ありですか。
わたしの出身大学、とてもとても辺鄙な場所にあって、
メジャーじゃないんですけど。
わたしの学力がもろばれじゃないですか・・・。
その後ひとり増え、課12人中4人、
3分の1が同じ大学。ありえない・・・。

オフィスカジュアルで出勤してくださいねと営業さんに言われ、
4月1日までに服を買わなければと街に急ぎました。
オフィスカジュアル、なんだ、それ。
CanCamに載ってるような服?
いや、ありえない。ってか絶対似合わない。
こんなときは無難に母親に選んでもらいましょう。
高校も私服だったので、制服に憧れていましたが、
働く時も制服が良いですね。
洋服代かかるの、こってり忘れてました。

4月1日、初出勤。ついに、出勤です!
この日は人事異動で、どこの課もごたごたしていたので、
どさくさにまぎれて1つの課ずつきちんと挨拶回り。
これが社会に出ることなのね〜って
ひとりで勝手に感動してました。

挨拶回りが終わって自分の席に戻り、ふ〜っと
一息ついてみたけど、やることないのね、やること。
新しいシステムが導入されるから、
なにも教えてあげられないとのこと。
とっほほ〜い。これから何すればいいんじゃい。

終業時間になるまで、勤務する前に渡されたパンフレットと
ずっとにらめっこしておりました。
次の日も、課の先輩が休んだので、それこそどうしようもなく
穴が開くほどパンフレットを見ておりました。
おう、悲しい。いつ思い出しても悲しいわい。

こんな幕開けでした。これから先どうなるのでしょう。