転職の夢と現実|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
Web業界のハケン女子奮闘記 尊敬できる、上司と仲間に出会い、ただいま人生のHPを更新中!
 

neco さん(31)

大学卒業後、営業として某飲料メーカーに入社。
4年間営業を続けたが、事務へのキャリアチェンジを決意、退職。

某web系の会社に派遣社員として入社するも、地元にいる母親が大きな病気にかかり、やむなく退職。

母の体調が回復し、再び東京へ戻り、当時の彼と結婚。

その後も派遣社員として、web系の会社で営業事務web広告、サイト更新などの仕事に携わりつつスキルアップを図る一方、プライベートでは様々な事情で離婚。 このままではひとりで生きていけない!と、派遣社員から正社員を目指し、スキルを積んできたweb業界での転職を決意。

しかし、ようやく希望する会社に入社したが、社内の陰湿な雰囲気に耐えきれず、体調を崩し、わずか2ヶ月で退職…。
再び、前の会社に出戻り派遣社員としてリハビリを兼ねて勤務。

しかし、当時一大ブーム?となった派遣切りが自分の身にも降りかかり、わずか半年で退職。

再び転職活動をするも、厳しい雇用状況でなかなか決まらず、心身ともに疲れ果てた中、運良く現在の会社に派遣社員として入社。

尊敬できる上司と仲間に恵まれ、今まで身につけたスキルを余すことなく発揮できるという素晴らしい職場環境で、ようやく手に入れた平和な毎日を噛みしめている。
出身:新潟県
趣味:音楽(Rock)、iPhone、ジョギング、大衆居酒屋めぐり
過去の日記
2010年9月17日
2010年9月14日
2010年9月10日
2010年9月7日
2010年9月3日
2010年8月31日
2010年8月27日
2010年8月24日
2010年8月20日
2010年8月17日
2010年8月06日
2010年8月03日
2010年7月30日
2010年7月27日
2010年7月23日
2010年7月20日
2010年7月16日
2010年7月13日
2010年7月9日
2010年7月6日
2010年7月2日
2010年6月29日
2010年6月25日
2010年6月22日
2010年6月18日
2010年6月15日
 
2010年07月30日(金)
転職の夢と現実

みなさま、こんにちは。necoです。

さて、今回は話を元に戻して、
転職後の新しい職場でのお話をしたいと思います。
まあ、あまり話したくはありませんが…(苦笑)

新しい職場への期待と希望に満ち溢れ、
胸を踊らせながらの初出社。

女性ばかりの部署ということでちょっと心配もありましたが、
面接のときに話をした自分の上司になる女性も、
話のわかる気さくな方という印象だったので、
きっとうまくやっていけるだろうな、と思っていました。

しかし、現実は違いました
紹介された一緒に同じ仕事をやっていく同僚の女性は
とにかく暗い。
私よりも半年前に入社したその人は、
最初から「私はもう辞めますので…」
「その仕事は私はわかりませんので…」のような
セリフを発しており、いったいこの人に何が?と
思っていましたが、徐々に元凶が明らかに。

私たちのはある女性の引継ぎということで入ったのですが、
その女性がとにかくひどい。
仕事をまともに教えない、聞くと自分で調べろという、
調べてわからずに失敗するとなんで聞かないんだと言う、
仕事を教えたんだから貢物をしろ、
上司や大型案件を持った営業さんにはいい顔、

美人で若い営業さんはボロクソ、
とにかく営業さんの間でも評判は最低。

しかし、それをみんな黙認
誰ひとりとして助け舟を出してくれる人はいませんでした。

唯一頼れると信じていたはずの上司も、
その女性にはいい顔をし、
聞こえるか聞こえないかの大きさの声で、
私たちの陰口をボソボソと一緒になって言っていました。

暗い同僚の女性に話を聞くと、
今までも何人もその女性のせいで体調を崩したり
社長に当り散らしたりして辞めた人がいるとのこと。
私たちも、毎日毎日繰り返される社内での陰湿な
イジメにすっかり体調を崩してしまい、
精神的にかなり参っていました。

これはもう自分がいる場所じゃない

そう感じて、退職を決意しました。
社会で働く上でそんなことはよくあることだ、
そんなのは甘えだ、と思う方も多くいらっしゃると思います。
しかし、私の中で仕事の重要度は、
いくら給料が良くてもストレスを抱えたまま
日々過ごすことよりも、最低限の生活レベルでも、
ストレスなく楽しく仕事をできることじゃないか、
と感じたのです。