twitterのお話|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
Web業界のハケン女子奮闘記 尊敬できる、上司と仲間に出会い、ただいま人生のHPを更新中!
 

neco さん(31)

大学卒業後、営業として某飲料メーカーに入社。
4年間営業を続けたが、事務へのキャリアチェンジを決意、退職。

某web系の会社に派遣社員として入社するも、地元にいる母親が大きな病気にかかり、やむなく退職。

母の体調が回復し、再び東京へ戻り、当時の彼と結婚。

その後も派遣社員として、web系の会社で営業事務web広告、サイト更新などの仕事に携わりつつスキルアップを図る一方、プライベートでは様々な事情で離婚。 このままではひとりで生きていけない!と、派遣社員から正社員を目指し、スキルを積んできたweb業界での転職を決意。

しかし、ようやく希望する会社に入社したが、社内の陰湿な雰囲気に耐えきれず、体調を崩し、わずか2ヶ月で退職…。
再び、前の会社に出戻り派遣社員としてリハビリを兼ねて勤務。

しかし、当時一大ブーム?となった派遣切りが自分の身にも降りかかり、わずか半年で退職。

再び転職活動をするも、厳しい雇用状況でなかなか決まらず、心身ともに疲れ果てた中、運良く現在の会社に派遣社員として入社。

尊敬できる上司と仲間に恵まれ、今まで身につけたスキルを余すことなく発揮できるという素晴らしい職場環境で、ようやく手に入れた平和な毎日を噛みしめている。
出身:新潟県
趣味:音楽(Rock)、iPhone、ジョギング、大衆居酒屋めぐり
過去の日記
2010年9月17日
2010年9月14日
2010年9月10日
2010年9月7日
2010年9月3日
2010年8月31日
2010年8月27日
2010年8月24日
2010年8月20日
2010年8月17日
2010年8月06日
2010年8月03日
2010年7月30日
2010年7月27日
2010年7月23日
2010年7月20日
2010年7月16日
2010年7月13日
2010年7月9日
2010年7月6日
2010年7月2日
2010年6月29日
2010年6月25日
2010年6月22日
2010年6月18日
2010年6月15日
 
2010年06月29日(火)
twitterのお話

みなさま、こんにちは。necoです。
時系列で職歴を振り返ってばかりだと
ちょっとウンザリ…ということで、
たまには別のお話をしたいと思います。

今の職場では仕事柄、最新のwebトレンドに
敏感であること
が求められます。
もともとそういうものへの関心は高い方で、
自分でもホームページを作ってみたり、
SNSのmixiはオープン当時から、
そして今ブームのtwitterも毎日つぶやき続けて早一年。
特にtwitterの存在は今の自分にとってほんとに
大きな影響を与えていることを実感してます。

そこで今回はtwitterのおもしろさ、
自分にとってどんな影響があったかをお話したいと思います。
簡単に説明をすると、twitterとは140文字以内で
ツイート(投稿)ことができるミニブログのようなもの。

最初はひとりでどうでもいいことをつぶやいていましたが、
もっと楽しむにはどうしたらいいんだろうと思って、
twitterの楽しみ方をリサーチしたところ、
とにかく最初は少しでも興味を持った人を片っ端から
最低でも100人はフォローしろ、という記事があり、
その通りに、自分と同じような趣味の人を片っ端からフォロー。
すると、フォロワーも自然と増えてきて、
自分のどうでもいいツイートに対して
返信をもらえるようになりました。

そうなってくると、気づけばいつもリアルタイムで
誰かとつながるっていう状況が成立し、
いつもひとりじゃない気がして、
寂しいと感じることが少なくなりました。

リアルタイムの発言が流れてくるので、
もちろん情報の速さも魅力ですが、
なにより、たくさんの人をフォローすることにより、
その人たちの、頑張ってる姿や、悩んでる姿、
喜んでいる姿なんかがごちゃまぜに
タイムライン上に現れてくることで、自分もがんばらなきゃとか、
辛いのは自分だけじゃないんだなって思えたりすることが、
とても大きな収穫
になっている気がします。

ジョギングしようか迷ってる時なんかは、
「よし、走ってくる!」と言うと、
「いってらっしゃい!」って返してくれる人が
いるだけでがんばろうという気持ちになれるし、
自分への戒めにもなったりもします。

また、twitterを使っていることで、
今の仕事でも新プロジェクトに貢献できました。
特にweb業界は日々新しいサービスが生まれているので、
何でもやってみるもんだなーと改めて実感しました。