エージェントS流海外貧乏旅行|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
仕事してお金を貯め、海外に行く。派遣だから実現できた、理想のライフスタイル。
 

エージェントS さん(30)

4年制の大学に入学し外国語を学ぶ。卒業後、某おもちゃを販売する会社の営業として入社。2年勤務した後退職。

趣味でもあった海外旅行をきっかけに、海外で生活してみたいという気持ちが高まり、ワーキングホリデーでその夢を叶える。帰国後、海外での生活に魅了されて、また違う国に行きたくなりお金をためることを決意。

再就職してもすぐに海外へいくことから、派遣という働き方を選択する。同時にアルバイトもするようになり、派遣とアルバイトの二足のわらじ生活。

1年半以上の時を経て、再び海外へ。その後帰国するも就職を希望していたが、ふらふらしていたという印象が良くなかったのか、なかなか仕事も見つからず、再び派遣会社の門を叩く。
そして、今…。

出身:千葉県
趣味:スキー、ショッピング、
    海外貧乏旅行
特技:知ったか英語。
    言葉が分らなくても、
    誰とでも仲良くなること。
過去の日記
2010年5月28日
2010年5月25日
2010年5月21日
2010年5月18日
2010年5月14日
2010年5月11日
2010年5月7日
2010年4月30日
2010年4月27日
2010年4月23日
2010年4月20日
2010年4月16日
2010年4月13日
2010年4月9日
2010年4月6日
2010年4月2日
2010年3月30日
2010年3月26日
2010年3月23日
2010年3月19日
2010年3月16日
2010年3月12日
2010年3月9日
2010年3月5日
2010年3月2日
2010年2月26日
 
2010年3月12日(金)
エージェントS流海外貧乏旅行

皆さまこんにちは。エージェントSです。
これまで仕事の話が続いたので、
今回は私の趣味である海外旅行について書いてみます。

高校時代から英語や海外生活に憧れていた私は、
海外旅行が大好きです。
国内旅行では味わえない開放感や、異文化に触れる感動は、
他のものに変えることはできません。

大学時代にも数回、海外旅行に行きましたが、
当然のことながら、貧乏旅行であります。
でも、私は貧乏旅行が好きなのです。

ここだけの話、バックパッカーに憧れていた時代もありました。
自分の身ひとつで、どこへでも旅行に行ける自由な雰囲気を、
カッコいいと思っていたのです。

さて、貧乏旅行といっても、
泊まるところも確保してありますし、食事も摂りますので、
それほど大げさなものではありません。

パックツアーで宿泊するような一流ホテルに泊まったり、
ガイドブックに載っているレストランで食事をしたりしない、
というようなレベルの話です。

私は大抵、格安航空券を利用して海外へ出掛けます。
宿泊はユースホステルや、
日本人向けではないツーリスト向けのホテルを利用し、
食事は、地元の方々が利用する路地裏にあるような店が中心です。

貧乏旅行とはいえ、観光地へ足を運ぶこともあれば、
ショッピングをすることだってあります。
でも、日本人に人気のブランドショッピングや、
DFSなどへ出掛けることはありません。

日本人旅行者があまり訪れない場所に出入することで、
そこに住む方々との交流や、新しい発見が生まれることが、
エージェントS流貧乏旅行の醍醐味なのです。

しかし、こうした旅行には危険もあります。
私自身、スリにあったこともありますし、
騙されそうになったことも1度や2度ではありません。
自分では貧乏旅行のつもりでも、現地の人々から見れば、
裕福な日本人旅行者なのです。

さてこれまでアメリカ、カナダ、オーストラリア、
イギリス、タイ、中国…といくつもの国を旅行してきたなかで、
私が最も好きな都市はニューヨークです。

ニューヨークでは、街自体が生きているような感覚を覚えました。
そこを歩く人も建物も看板でさえ、
まさに私の憧れる海外生活そのものだったのです。

就職後、ボーナスを貯めて初めてニューヨークへ行ったのですが
そこで改めて海外生活に目覚めました。

次回は、この衝撃体験について書きたいと思います。