派遣添乗員として、いつまでも|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
“いつまでも、外国文化触れていたい”通訳エスコートに恋をした神戸人の東京ライフ--
 

白うさぎ さん(33)

これまでに貿易事務化粧品販売などを経て、旅行業界で約6年活躍。派遣添乗員として国内各地をお客様とツアーで回ったり、某イタリアクルーズ船に日本人コーディネーターとして乗船したり、日本に来る外国人を空港や駅で出迎えエスコートしたり、各地で開催される国際イベントの運営、受付、誘導などなど・・・ いずれもどこか“外国と接点がある”仕事でキャリア形成を継続中。

そんな日常の傍らで、国家試験通訳ガイド取得を目指し勉強中。今よりもっとグローバルに働きたいと思い、住み慣れた神戸から上京。旅行専門派遣・一般派遣会社に多数登録・就労。国際交流を深めつつ、都心生活を満喫し充実した日々を送っている。

一方、ひそかな目標は“ホノルルマラソン出場”。今年こそはと、月に一度、皇居の周りを走る練習会に参加中。将来は、海の音を聞きながらゆったりと過ごす生活にも憧れる。


出身:兵庫県
趣味:旅行、料理、アロマテラピー、アウトドア、キャンプ、水泳、乗馬

過去の日記
2009年11月27日
2009年11月24日
2009年11月20日
2009年11月17日
2009年11月13日
2009年11月10日
2009年11月6日
2009年11月3日
2009年10月30日
2009年10月27日
2009年10月23日
2009年10月20日
2009年10月16日
2009年10月13日
2009年10月9日
2009年10月6日
2009年10月2日
2009年9月29日
2009年9月25日
2009年9月18日
2009年9月15日
2009年9月11日
2009年9月8日
2009年9月4日
2009年9月1日
2009年8月28日
2009年8月25日
2009年8月21日
2009年8月18日
 
2009年11月27日(金)
派遣添乗員として、いつまでも

皆さまこんちは。
これまで、登録型派遣社員として携わった
様々な業務をご紹介してきました
リアルお仕事ブログも、いよいよ今回で最後。
これまでの業務経験は
どれも登録型派遣社員としてやってきたからこそ
経験できたということに間違いはありません。

もし正社員でずっと同じ会社で働いてきていたら
このブログで紹介させていただいたような、
私が経験してきた、多種多様な大型仕事は
できなかったことでしょう。
社会勉強の為に、
いろいろな業種や企業で働きたい!
経験を積みたい!
という方ならばなおさら、
派遣社員という形態は
お勧めできるような気がします。

一方で、特に私が身を置く業界は
限りなくフリーランスに近いと言えます。
リクエストをいただくか、
自分で仕事を取ってくる以外は、
ひたすら仕事依頼が来るのを待つしかないからです。

実際、大抵の通訳ガイドは、
英会話講師などと兼業しているのが現状のようです。
保険や年金も全て自己負担。
でも仕事内容はとても面白く、
飽きることはありませんが・・・

つまり、収入の安定を重視するのか、
通訳ガイドや派遣添乗員という仕事の
やりがいや面白さを重視するのかの、
選択の問題なのだと思います。

実は最近、いつかは通訳ガイドとして
デビューすることを目標の一つとしつつも、
安定した生活の為に、
一般派遣OLとして働くことにしました。

しばらくは資金を貯めて、将来のアイデアを
考えながら生活していこうと思っています。
あと、通勤は約1時間の自転車通勤を始めました!
おかげでスポーツクラブに行く必要はありません(笑)

こんな私の日々は、大きな満足感で満ち溢れています。
それは、英会話レッスンで出会う
仲間たちとの充実した時間や、
国際パーティーで出会った外国人、
英語を勉強している日本人など、
多くの素晴らし人々との多くの出会いが、
ここ、東京であった為かもしれません。
お金では決して買うことのできない
私にとっての掛け替えのない経験であり財産です。

このような日々を思うとなおさら、
この仕事をしていて本当に良かったと思うのです。

過日、ある旅行の添乗の仕事で、
旅の終わりに、お客様から感謝のメッセージが書かれた
葉書をいただきました。
こうした、心あたたまる触れ合いがあるからこそ、
私はこの仕事を続けており、
これからも続けていくのだと思います。

いつか皆さまの旅に、
私がガイドとしてご同行できれば、
それこそ素敵な出会いだと思います。

そんな日が訪れることを夢みて・・・
いままでどうもありがとうございました。