派遣添乗員のリアルレポート☆|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
“いつまでも、外国文化触れていたい”通訳エスコートに恋をした神戸人の東京ライフ--
 

白うさぎ さん(33)

これまでに貿易事務化粧品販売などを経て、旅行業界で約6年活躍。派遣添乗員として国内各地をお客様とツアーで回ったり、某イタリアクルーズ船に日本人コーディネーターとして乗船したり、日本に来る外国人を空港や駅で出迎えエスコートしたり、各地で開催される国際イベントの運営、受付、誘導などなど・・・ いずれもどこか“外国と接点がある”仕事でキャリア形成を継続中。

そんな日常の傍らで、国家試験通訳ガイド取得を目指し勉強中。今よりもっとグローバルに働きたいと思い、住み慣れた神戸から上京。旅行専門派遣・一般派遣会社に多数登録・就労。国際交流を深めつつ、都心生活を満喫し充実した日々を送っている。

一方、ひそかな目標は“ホノルルマラソン出場”。今年こそはと、月に一度、皇居の周りを走る練習会に参加中。将来は、海の音を聞きながらゆったりと過ごす生活にも憧れる。


出身:兵庫県
趣味:旅行、料理、アロマテラピー、アウトドア、キャンプ、水泳、乗馬

過去の日記
2009年11月27日
2009年11月24日
2009年11月20日
2009年11月17日
2009年11月13日
2009年11月10日
2009年11月6日
2009年11月3日
2009年10月30日
2009年10月27日
2009年10月23日
2009年10月20日
2009年10月16日
2009年10月13日
2009年10月9日
2009年10月6日
2009年10月2日
2009年9月29日
2009年9月25日
2009年9月18日
2009年9月15日
2009年9月11日
2009年9月8日
2009年9月4日
2009年9月1日
2009年8月28日
2009年8月25日
2009年8月21日
2009年8月18日
 
2009年8月28日(金)
派遣添乗員のリアルレポート☆

皆さまこんにちは。

さて通訳ガイドを目指す私ですが、
今回はその現場がどのようなものなのかを
少し詳しくお話したいと思います。

通訳ガイドや添乗員は、
派遣社員といいながら、
実は、登録型派遣のため個人事業主と言えましょう。

その旅行添乗員の待遇をお伝えすると・・・

実は、添乗員の80%ほどが
添乗専門の派遣会社に登録している派遣添乗員だそうです。
業界用語では“プロ添”と言われます。当時私も、月20日ほど、
様々な旅行会社のツアー添乗をしていました。
ヴェテランの先輩になれば、年300日も、
海外のどこかを毎日添乗しているということになります。

「いろいろな国に行けて、
 美味しいごはんも食べることができていいわねー」
「世界各国にいけるから語学も上達して
外国人との恋もありそう〜」

なんて言われることもありますが、
実は、この華やかそうに見える世界、お給料は日給月給。
働いた日数分しか出ません。
各派遣会社、旅行会社により若干の誤差はありますが、
国内添乗で約7000〜9000円。
海外添乗で約9000〜11000円が平均的な日当です。

また、業務の中には、ツアー前後の打ち合わせ、帰国後の精算。
ツアーとツアーの間に各エージェントに行き、
ツアー内容の確認または報告、
添乗準備金の返却・精算などがあります。
打ち合わせ・精算にも500円〜1000円+交通費と、
出て行くお金がある場合も・・・

ともすれば、添乗員は“3K仕事”といえるかもしれません。

●早朝から深夜までお客様に呼ばれたら
行かねばならず、体力的にキツイ。
●ツアー参加のお客様の安全を守り
楽しくツアーに参加していただくのが添乗員の仕事。
また、先日も山登り中に遭難したツアーもありました。
ハイキング、秘境ツアーなどで
いつ危険な目に遭遇するかわかりません。
●最後に、給料安い。でも、つらくたって、
ツアーが成功してお客様が楽しい思い出を胸に帰国して下されば、
それほど嬉しいことはありません・・・・・
でも、薄給が原因で生活が成り立たたず、
やめていく同僚はたくさんいました。

でも、やっぱり魅力なところもあります。
ハードでも、確かにいろいろな国にいけます。
今日はドイツ。帰国後は1日あけてハワイ。
そのあと、飛騨高山2泊3日、
こんなスケジュールのときもあります。

あと、ツアー中のご飯は、添乗員はほとんど無料だと思います。
国内ではお客様とは別に、
添乗員・ドライバー用の食事になることが多いですが、
中には、お客様とまったく同じ食事内容の時もあります。

基本的に、旅行食なので毎日が御馳走!☆
さしみ、天ぷら、ステーキ、鍋などなど、
油断していると太ってしまうかもしれませんね(笑)
ツアーによってはバス車内昼食で、お弁当の時もあります。
基本的にはスケジュールに追われて忙しいので、
早く食べなければならず、早弁技が身につきますね。

さて、余談かもしれませんが、ツアー中の“恋”について。
特に禁止といったしばりはないと思います。が・・・
海外ツアーで、
“ドライバーさんが毎日のように誘ってきて困る!”
といった話はよく聞きます。
有難迷惑と感じている添乗員も、いるようです(笑)〜