個人情報漏洩の危機?|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
男 31歳 派遣で将来設計! ケアマネージャーを目指すイケメン介護士☆
 

TAKAさん(31)

かねてから福祉業界に興味があり、*ケアマネージャーになろうと大学在学中、手始めにホームヘルパー2級の資格を取得。卒業後、正社員として介護業界に身を投じたものの、人間関係のわずらわしさなど介護本来の仕事とは違うことで悩まされる。

介護職としてステップアップを目指すには、環境があまりよくないことから、 仕事に専念でき、比較的に難関試験でもあるケアマネージャーの勉強ができる環境を求め、派遣を考えるようになる。

介護業界では、派遣社員として仕事をする人は珍しくないことから、 迷わず派遣に転身。派遣社員として働くことで、人間関係に悩まされることが少なくなり、介護を必要とする高齢者など多くの方に接し、スキルや実績を積みながら、ケアマネージャーになることを目指す。その結果はいかに…。

*ケアマネージャー…高齢者をはじめ、介護を必要とする人に、 どういうサービスが必要か、アセスメント(事前調査)して、 ケアプラン(介護計画)をつくる人のこと。
似ている人:狩野英考
趣味:テニス、休日は必ずテニス
特技:耳を動かし、胸の筋肉をぴくぴく動かすこと
将来の目標:ケアマネージャーとして福祉のプロフェッショナルに
仕事をしていて困ること:利用者(介護を受ける人)からのみつぎ物が多いこと
これにはまっています!:ワッフルやケーキをつくること
好きな言葉:一期一会
過去の日記
2008年10月31日
2008年10月28日
2008年10月24日
2008年10月21日
2008年10月17日
2008年10月14日
2008年10月10日
2008年10月7日
2008年10月3日
2008年9月30日
2008年9月26日
2008年9月23日
2008年9月19日
2008年9月16日
2008年9月12日
2008年9月9日
2008年9月5日
2008年9月2日
2008年8月29日
2008年8月26日
2008年8月22日
2008年8月19日
2008年8月8日
2008年8月5日
2008年8月1日
 
2008年8月29日(金)
個人情報漏洩の危機?

派遣によって介護のスキルがどんどん磨かれ、
充実した日々を送っていました。

以前に悩まされた人間関係に関しても何の問題もなく、
高齢者に対して仕事に打ち込むことができるようになりました。

仕事をする中で、あるとき面白い高齢者の担当になりました。
70歳過ぎの男性の方です。

定年になる前は、
会社の上級管理職を務めていたほどのしっかりとした人です。

管理職を長く務めていたからなのか、
コミュニケーション能力に長けているのか、
情報を仕入れるのがすごく早いのです。

その情報収集能力の高さで、
実は困ったことになっていたのです・・・。

その高齢者Aさんは、
介護をしている間によく話しかけてくれます。

TAKAくん、悩んでいる事ない?
会社は楽しい?

と相手が話しやすい雰囲気をつくります。

休みは何しているの?
会社の人とは仲良くしているね?

と何かしら面白い話がないか探りを入れてくるわけです。

その術中にはまったら、もうAさんのもの。

相談相手となって次から次へと、
身の内話をしなければならなくなります。
Aさんの尋問(?)は、それは見事です。

それは、知らないうちに全てをさらけ出してしまうという具合。

そこで問題となったのは、そうしたことが重なって、
私が派遣されていた事業所職員の個人情報
誰よりもAさんが掴んでいたということです。

その事業所の管理者やサービス提供責任者よりも、
詳しく情報が分かっていたという異常な事態だったようです。

私はその事業所の人間関係などには当然、
疎かったので巻き込まれる事はありませんでした。

誰と誰が付き合っているといった話から、
飼っているペットの名前、
変わったところでは遺産相続のトラブルに見舞われている人の話も
Aさんは掴んでいたというのです。

当然、事業所は事態の改善を図ったようです。
全職員に対して研修を実施して、
他人の情報を漏らさない事を徹底したりと・・・。

私も派遣ではありますが、誓約書を書かされました。
これが、職員の情報ではなく、
他の高齢者の話がもれているということになったら大変。

Aさんとも事業所は話し合いの場を持ったらしく、
何らかの解決策ができたようです。

その後、私はまたAさんのサービスに出かけたのですが、

TAKAくん、あの人の話は知っているね?

相変わらずでした・・・。