職場での脅威|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
男 31歳 派遣で将来設計! ケアマネージャーを目指すイケメン介護士☆
 

TAKAさん(31)

かねてから福祉業界に興味があり、*ケアマネージャーになろうと大学在学中、手始めにホームヘルパー2級の資格を取得。卒業後、正社員として介護業界に身を投じたものの、人間関係のわずらわしさなど介護本来の仕事とは違うことで悩まされる。

介護職としてステップアップを目指すには、環境があまりよくないことから、 仕事に専念でき、比較的に難関試験でもあるケアマネージャーの勉強ができる環境を求め、派遣を考えるようになる。

介護業界では、派遣社員として仕事をする人は珍しくないことから、 迷わず派遣に転身。派遣社員として働くことで、人間関係に悩まされることが少なくなり、介護を必要とする高齢者など多くの方に接し、スキルや実績を積みながら、ケアマネージャーになることを目指す。その結果はいかに…。

*ケアマネージャー…高齢者をはじめ、介護を必要とする人に、 どういうサービスが必要か、アセスメント(事前調査)して、 ケアプラン(介護計画)をつくる人のこと。
似ている人:狩野英考
趣味:テニス、休日は必ずテニス
特技:耳を動かし、胸の筋肉をぴくぴく動かすこと
将来の目標:ケアマネージャーとして福祉のプロフェッショナルに
仕事をしていて困ること:利用者(介護を受ける人)からのみつぎ物が多いこと
これにはまっています!:ワッフルやケーキをつくること
好きな言葉:一期一会
過去の日記
2008年10月31日
2008年10月28日
2008年10月24日
2008年10月21日
2008年10月17日
2008年10月14日
2008年10月10日
2008年10月7日
2008年10月3日
2008年9月30日
2008年9月26日
2008年9月23日
2008年9月19日
2008年9月16日
2008年9月12日
2008年9月9日
2008年9月5日
2008年9月2日
2008年8月29日
2008年8月26日
2008年8月22日
2008年8月19日
2008年8月8日
2008年8月5日
2008年8月1日
 
2008年8月19日(火)
職場での脅威

こんにちは、TAKAです。

正社員で頑張っていた私に、
退職を決断しないといけないような出来事が起きてしまいました…。

福祉の現場では、女性がとても多く活躍しています。
というのも、生活援助サービスで掃除や
洗濯といった家事があったり、
介護を必要とする女性の高齢者が、
身の回りの世話をお願いするのに、
女性のヘルパーを指定することが多いためです。

そこで、多くの女性に囲まれて
新人の私が働いているわけですが…

女性に囲まれて羨ましい!
なんてそういう類の話にはなりません。

私の職場の場合、女性が3人以上集まると派閥ができるのです。
大ボス、中ボス、その下に属する大勢という具合です。

私の職場では、2つの派閥があるのですが、
その大ボス同士の仲が悪いのです。

八方美人の私は、
どちらのグループとも仲良くしようと努めていたのですが、

甘かったようです。

女性が多い職場ですから、
特定の女性と親しくならないように気をつけていました。

同世代の女性が3〜4人いて(この頃私はまだ20代でした)、
30歳代の女性が7人くらいという構成。
そこに男性が3〜4人くらいです。

そんな職場でしたので、女性との噂には気を配っていました。
また、その頃付き合っていた女性がいたので、
職場の女性と付き合うなんて考えてもいませんでした。

しかし!

落とし穴は意外なところに待っていたのです。

その職場で働きだして1年くらいが経った時、
相談にのって欲しいとある同僚女性からお願いされ、
食事しながら話を聞いてあげたのです。

相談というのは、
仕事を辞めたいというような内容だったのですが…。

誰に見られているか分からないですね。
相談にのっただけなのに、
変な噂が瞬く間に職場で広まったのです。

特定の人に取り入るということをしていなかったのが
となったのか、私が相談できる人は周りにいませんでした。

嫉妬やねたみ?の格好のとなったようで、
ひとり疎外感に耐えながら仕事を続けていく毎日と化したのです。

それでもしばらくは頑張っていたのですが、
女たらしというような目で見られているような気がして、
精神的にも参ってしまい…。

その後、退職することを決意し、次なる道を考えていたときに、
派遣というワークスタイルが思い浮かんだのです。

沢山の女性の中で、働く男性の皆さんも
(いろんな意味で)気をつけてください!