つらい介護職の日々!これっていじめ?|派遣・人材派遣の求人・お仕事情報を探すなら【マイナビ派遣】

  • サイトの使い方
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
マイナビ派遣 リニューアルOPEN!
男 31歳 派遣で将来設計! ケアマネージャーを目指すイケメン介護士☆
 

TAKAさん(31)

かねてから福祉業界に興味があり、*ケアマネージャーになろうと大学在学中、手始めにホームヘルパー2級の資格を取得。卒業後、正社員として介護業界に身を投じたものの、人間関係のわずらわしさなど介護本来の仕事とは違うことで悩まされる。

介護職としてステップアップを目指すには、環境があまりよくないことから、 仕事に専念でき、比較的に難関試験でもあるケアマネージャーの勉強ができる環境を求め、派遣を考えるようになる。

介護業界では、派遣社員として仕事をする人は珍しくないことから、 迷わず派遣に転身。派遣社員として働くことで、人間関係に悩まされることが少なくなり、介護を必要とする高齢者など多くの方に接し、スキルや実績を積みながら、ケアマネージャーになることを目指す。その結果はいかに…。

*ケアマネージャー…高齢者をはじめ、介護を必要とする人に、 どういうサービスが必要か、アセスメント(事前調査)して、 ケアプラン(介護計画)をつくる人のこと。
似ている人:狩野英考
趣味:テニス、休日は必ずテニス
特技:耳を動かし、胸の筋肉をぴくぴく動かすこと
将来の目標:ケアマネージャーとして福祉のプロフェッショナルに
仕事をしていて困ること:利用者(介護を受ける人)からのみつぎ物が多いこと
これにはまっています!:ワッフルやケーキをつくること
好きな言葉:一期一会
過去の日記
2008年10月31日
2008年10月28日
2008年10月24日
2008年10月21日
2008年10月17日
2008年10月14日
2008年10月10日
2008年10月7日
2008年10月3日
2008年9月30日
2008年9月26日
2008年9月23日
2008年9月19日
2008年9月16日
2008年9月12日
2008年9月9日
2008年9月5日
2008年9月2日
2008年8月29日
2008年8月26日
2008年8月22日
2008年8月19日
2008年8月8日
2008年8月5日
2008年8月1日
 
2008年8月8日(金)
つらい介護職の日々!これっていじめ?

こんにちは、TAKAです。

実は福祉職に就くまでは、紆余曲折がありました。
大学を卒業していざ就職という時に、
福祉関係とはまったく関係のない普通の企業に就職しました。

ヘルパーの資格も得て福祉職にと考えていたのですが、
周りに踊らされたのか、どっさりと送られてくる就職情報誌を見て、
気になった会社に飛び込んでしまったのです。

しかし、3年ほど頑張って働いたものの、
大学時代に情熱を燃やしていた福祉への夢が再燃して、
あっさりと会社を辞めてしまったのです。

会社を辞めてからは、福祉職に就くため、
専門学校時代のネットワークを使って、
すぐに情報を集めました。

もちろん、目標はケアマネージャーの資格を得ることと、
現場でステップアップをしてスキルを上げてゆくこと。

そういった意思を伝えると、
友人たちからいくつかアドバイスをいただきました。

介護老人保健施設で働く
介護療養病棟のある病院で働く
派遣で、介護サービス事業者に登録する

いろいろ検討した結果、
実際に活躍しているケアマネージャーのいる事業所で
正社員として働くことを決めたのです。

入社後…
まず5年間は修行、奉公のつもりで頑張ることに…。

しかし、再就職してからは、気持ちが萎えることばかり。
福祉の現場で働く男性の多くは、
福祉系の大学や専門学校を卒業していますので、
介護福祉という資格を持っていたのです。

介護福祉といのは、ヘルパーを指導する役割で、
ヘルパーよりも、さらに専門性の高い国家資格なのです。

事業所に就職してから、
入浴介護に、食事介護に、通院介護、掃除に洗濯と
実務に奮闘していると、

女性ヘルパーからは、続けられるの?という目で見られ、
ケアマネージャーからは頼れるのかな?という目で見られ、
介護福祉士からはふん!と目をかけてもらえない日々が 続いていました。

介護福祉士から見れば、ヘルパーなんてまだまだ下っ端
という意識があったようです。

それでも挫折することなく続けることができたのは、
私が介護にあたった高齢者の家族が、
安心して私に任せてくれるようになったからだと思います。

それは、自分の仕事に対し、大きな自信につながりました。

うれしかったですね!

しかし、 高齢者や高齢者の家族に受け入れてもらえるようになった私も、
またまた転機を余儀なくされる事態に追い込まれてしまいました。
その事態というのが…。